注目のスタートアップ

セキュリティ診断サービスやWebエンジニア向けセキュリティ学習プラットフォーム「KENRO」提供の「Flatt Security」が2億円調達

company

2021年10月18日、株式会社Flatt Securityは、総額約2億円の資金調達を実施したことを発表しました。

システムに情報漏洩やデータの改竄につながるような脆弱性がないかを調査する「セキュリティ診断」や、Webエンジニアのためのセキュアコーディング学習プラットフォーム「KENRO(ケンロー)」を提供しています。

「KENRO」は、実際にWebアプリを攻撃して学ぶ“ハッキング演習”と、コードを書いて脆弱性を修正する“堅牢化演習”をつうじて、開発現場ですぐに活かせるセキュリティ知識を学ぶことができるオンライン学習プラットフォームです。

今回の資金は、海外市場を念頭においたプロダクトの立ち上げの加速に充当されます。

Webアプリとは、Webブラウザ上で動くアプリケーションのことを指します。

Googleが提供するスプレッドシートなどはわかりやすい例でしょう。また、ECサイトなどのカート機能などもWebアプリであるといえます。

Webアプリと対比されるものとしては、PCやスマートフォンにダウンロード・インストールするネイティブアプリがあります。

しかしネイティブアプリは開発・更新にコストがかかることから、そこまで複雑でないアプリならばWebアプリで十分であるという考えが広まってきています。

また、Googleが発表した、PWA(プログレッシブウェブアプリ)という、Webアプリでもネイティブアプリのような使用感を与えることができる技術も注目されており、PWAを実装したことで成功したサービスもいくつも登場しています。

このようにWebアプリはいたるところで利用されており、デジタル時代では重要なもののひとつです。

しかし、Webアプリはセキュリティの問題と無縁ではいられません。

サイバー攻撃は年々増加しており、2020年には警察庁が確認したサイバー攻撃は1日平均で6,506件にものぼりました。

情報漏洩は企業に損害を与えるだけでなく、個人情報が漏洩した場合は賠償責任を負います。そのためセキュリティ対策はしっかりとしなくてはなりません。

Webアプリでは不具合や開発時の些細なミスが脆弱性となり、攻撃されてしまうことがあります。

そのため定期的なセキュリティ診断を行うのですが、脆弱性があると判断される割合が多いため、そもそも開発時点でセキュリティのことを意識した安全なWebアプリを開発する、セキュアコーディングが重要となってきています。

しかし多くのWebエンジニアはセキュアコーディングを学ぶ機会がなかったことが多いため、セキュアコーディングの学習プラットフォームのニーズが高まっています。

適切なセキュリティの構築ができず顧客や社会に損害を与えてしまうと大きな損失となるため、セキュリティ対策はコストと捉えるのではなく、事業活動・成長に必須のものと位置づけ、投資と捉えることが重要だと経済産業省は示しています。「冊子版創業手帳」では、ICTの専門家にインタビューを行い、創業期に実施できるセキュリティ対策について詳しく伺っています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ Flatt Security KNERO Web エンジニア ケンロー セキュア・コーディング セキュリティ プラットフォーム 学習 株式会社 脆弱性 診断 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

IoT用小型ボードとプラットフォームの「obniz」シリーズ展開の「obniz」が2.1億円調達
2021年3月3日、株式会社obnizは、総額約2億1,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 あらゆるものをIoT化できるボード「obniz Board」や、「obniz Board」を…
新興国向けの小口融資事業など展開の「五常・アンド・カンパニー」が70.7億円調達
2020年12月17日、五常・アンド・カンパニー株式会社は、総額70億7,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 2020年10月末時点でインド・カンボジア・スリランカ・ミャンマーに置くグ…
新卒就職活動支援サービス「キャリアの実」 新規利用で新卒採用手数料が50%offになるキャンペーンが開始
2020年10月1日、株式会社ライト通信は、グループ会社である株式会社C3が提供する「キャリアの実」においてキャンペーンを開始することを発表しました。 キャンペーン内容は、「キャリアの実」を新規利用す…
ブロックチェーン・ネットワーク開発の「ToposWare」が7.5億円調達
2021年1月12日、株式会社ToposWareは、総額7億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、株式会社ミロク情報サービスです。 高度な情報セキュリティを必要とする行政機…
社会的インパクト投資・ソーシャル・レンディング・サービス運営の「クラウドクレジット」が資金調達へ
2020年12月16日、クラウドクレジット株式会社は、資金調達を実施することを発表しました。 引受先は、インベストメントLab株式会社で、払込は2021年初を予定しています。 クラウドクレジットは、貸…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ