クラウド会計ソフトの「弥生」が個人事業主向け市場で5年連続シェアNo.1に


2020年5月29日、弥生株式会社は、個人事業主のクラウド会計ソフト市場におけるシェアNo.1を獲得したことを発表しました。

これは、株式会社MM総研が2020年5月19日に発表した「クラウド会計ソフトの利用状況調査(2020年4月末)」の調査結果によるものです。

弥生が提供する「やよいの青色申告 オンライン / やよいの白色申告 オンライン」は、2014年から個人事業主向けのクラウド会計ソフトとして提供されています。

MM総研が2016年から開始した同調査において、毎年過半以上のシェアを維持しており、今回の調査で5年連続でシェアNo.1を獲得したことになります。

また、個人事業主向けのクラウド会計ソフトの利用状況については、2016年3月時点では9.2%でしたが、年々増加を続け、2020年4月時点では21.3%となっています。

弥生は、今後の政府による行政手続きのデジタル化の推進や、リモートワークの普及など、事業者のデジタル環境の変化を考え、バックオフィス業務の環境変化に合わせた製品・サービスを提供していくとしています。

個人事業主や起業して間もない方でも、事業の運営には帳簿をつける必要があります。もちろんあまり難しくない白色申告もありますが、やはりお得な青色申告を選ぶ方のほうが多いでしょう。

しかし経理業務の経験がなければ帳簿付けは難しいでしょうし、事業運営をしながら勉強すると時間をもったいなく感じてしまうことでしょう。

会計ソフトは知識のない方でも帳簿をつけられますし、また手書きよりもミスが減るというメリットがあります。また、クラウド型の場合は、スマートフォンやタブレットから利用できることや、口座と連携することで効率的に仕訳できること、バージョンアップの手間がないこと、PCが故障したり引っ越しをしてもデータを移行する必要がないなどのメリットがあります。

「やよいの青色申告 オンライン」活用例はこちら
会計知識ゼロから確定申告に挑戦 セカンド・プランニング代表の「やよいの青色申告 オンライン」活用例
こちらのカテゴリをご覧になっている方へおすすめしたい創業手帳冊子

シリーズ発行累計150万部を突破した「冊子版創業手帳」では、起業後に便利な会計ソフトや業務効率を上げてくれるサービスやツールを厳選して紹介しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ トレンド
関連タグ クラウド会計ソフト やよいの白色申告 オンライン やよいの青色申告 オンライン 弥生 株式会社 調査

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

トレンドの創業手帳ニュース

大久保の視点

【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
スタートアップと投資家向け教育・研修サービス「ケップルアカデミー」β版がリリース
2019年8月5日、株式会社ケップルは、「ケップルアカデミー(KEPPLE ACADEMY)」を開設し、同日から受講生の募集を開始したこと発表しました。 「…
(2019/8/7)
ニュース・アプリ運営の「スマートニュース」が米国事業の加速のために31億円調達
2019年8月5日、スマートニュース株式会社は、総額31億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、日本郵政キャピタルなどです。 スマートフォン…
(2019/8/7)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集

マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ