「アプリコット・ベンチャーズ」が創業準備中/創業期の起業家向けの無料オフィス支援プログラム「FLAP」第9期の募集を開始

2020年6月1日、株式会社アプリコット・ベンチャーズは、「FLAP」の第9期の募集を開始したこと発表しました。

「FLAP」は、創業準備中/創業期の起業家向けの無料オフィス支援プログラムです。

採択企業には、6カ月感の無料オフィスを支援するほか、先輩起業家や、専門家、アプリコット・ベンチャーズのメンバーによるメンタリングなどによる支援も行います。

オフィスは以下のとおり。
・Plug and Play Shibuya powered by 東急不動産
・ビジネスエアポート東京
・GUILD SHIBUYA

入居期間:2020年7月1日〜2020年12月31日(第9期)

応募条件
・会社を設立して6ヶ月以内、または6ヶ月以内に会社設立を予定している
・IT関連のスタートアップである
・「FLAP」コミュニティに積極的に関わって頂けること

オフィスはただ仕事をする場所として利用するだけのものではありません。必要な人材を確保する場合や、営業・マーケティングにおいてはオフィスの立地が重要となります。

シェア・オフィスやコワーキング・スペースは、ビジネスとして良い場所に立地していながら、固定費のコスト・ダウンも図ることができます。

また、シェア・オフィスなどでは経営支援を行っている場所もあります。「冊子版創業手帳」では、創業期にシェア・オフィスやコワーキング・スペースをおすすめする理由や、創業期のオフィスの選び方について詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 公募
関連タグ FLAP アプリコット・ベンチャーズ オフィス スタートアップ プログラム メンタリング 創業 支援 株式会社 無料
詳細はこちら

アプリコット・ベンチャーズ、創業準備中/創業期の起業家向けの無料オフィス支援プログラム「FLAP」第9期を募集開始

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

公募のピックアップニュース

大久保の視点

スタートアップと投資家向け教育・研修サービス「ケップルアカデミー」β版がリリース
2019年8月5日、株式会社ケップルは、「ケップルアカデミー(KEPPLE ACADEMY)」を開設し、同日から受講生の募集を開始したこと発表しました。 「…
(2019/8/7)
ニュース・アプリ運営の「スマートニュース」が米国事業の加速のために31億円調達
2019年8月5日、スマートニュース株式会社は、総額31億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、日本郵政キャピタルなどです。 スマートフォン…
(2019/8/7)
クラウド出張手配・管理サービス運営の「AIトラベル」が2億円調達
2019年8月5日、株式会社AIトラベルは、総額2億円の資金調達を実施したことを発表しました。 次世代クラウド出張手配・管理サービス「AI Travel」を…
(2019/8/7)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新のピックアップニュース

創業時に役立つサービス特集

マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ