モバイルバッテリーシェアリング「ChargeSPOT」運営の「INFORICH」が59億円調達

company

2021年11月18日、株式会社INFORICHは、総額59億円の資金調達を実施したことを発表しました。

モバイルバッテリーシェアリング「ChargeSPOT(チャージスポット)」を運営しています。

対応アプリでバッテリースタンドのQRコードをスキャンすることでモバイルバッテリーを借りられ、借りたスタンドだけでなく別のスタンドに返却することもできるモバイルバッテリーシェアリングサービスです。

専用アプリがなくても利用できるよう、キャッシュレス決済アプリとのミニプログラム連携を行っています。

2021年11月現在、日本に約30,000台、台湾に約4,300台、香港に約3,000台、タイに約1,000台設置しています。

今回の資金は、設置台数の拡大に充当されます。

誰しも、外出先でスマートフォンの充電がなくなってしまった、もしくはなくなってしまいそうになったという経験をしたことがあるでしょう。

もはやスマートフォンは生活に欠かせないものとなっており、例えばQRコード決済をメインに利用している人は、スマートフォンの電源がつかなければ非常に困ったことになってしまいます。

外出先でスマートフォンを多用する人はモバイルバッテリーを携帯しているでしょう。

しかしモバイルバッテリーを持っていない場合、以前までは充電が切れてしまうとコンビニで安価なモバイルバッテリーを買うか、コンセントのあるカフェやファストフード店を利用するという手段くらいしかありませんでした。

近年、モバイルバッテリーシェアリングサービスの普及により、コンビニ・駅・空港などで気軽に借りられるようになり、不意の充電切れに襲われても問題のない環境になってきています。

スマートフォンのハードウェアスペックの向上や、ソフトウェアの最適化により、日々バッテリーの持続時間は伸びていますが、リチウムイオン電池を使用していることには変わらず、スマートフォンは使い続ければいつか充電が切れてしまうものです。

そのため、リチウムイオン電池を大幅に超える新たな充電池が登場しない限り、モバイルバッテリーシェアリングサービスは我々のスマートフォン生活を支えてくれるでしょう。

「ChargeSPOT」のようなビジネスは、単純に設置箇所が多くなることが利便性につながります。そのため設置台数を増やすための資金が必要となります。180万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど、資金調達に役立つ情報を掲載しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ ChargeSPOT INFORICH アプリ シェアリング チャージスポット バッテリー モバイル 株式会社 資金調達
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

簡単にブロックチェーンを構築できるクラウドサービス「G.U.Blockchain Cloud」提供の「G.U.テクノロジーズ」が1億100万円調達
2021年8月26日、G.U.テクノロジーズ株式会社は、総額1億100万円の資金調達を実施したことを発表しました。 簡単にブロックチェーンを構築できるBaaS(Blockchain as a Serv…
Web面接ツールやeラーニングの「playse.」など提供の「manebi」が4.8億円調達
2020年8月31日、株式会社manebiは、総額4億8,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 Web面接ツール「playse. web面接」や、eラーニング・サービス「playse. …
1円から貸付投資ができる「Funds」運営の「クラウドポート」が6.3億円調達
2019年8月5日、株式会社クラウドポートは、総額6億3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 1円から貸付投資ができる「Funds(ファンズ)」を運営しています。 以下の点を特徴として…
心疾患による突然死を防ぐ超聴診器を開発する「AMI」が4.9億円調達
2020年4月10日、AMI株式会社は、総額4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 疾患に繋がる心雑音のみを自動的に検出することを可能とした聴診器「超聴診器(心疾患診断アシスト機能…
オーディオ機器のサブスクリプションレンタルサービス運営の「ONZO」が1,500万円調達
2021年5月17日、株式会社ONZOは、総額1,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。 オーディオ機器のサブスクリプションレンタルサービス「ONZO」を運営しています。 ヘッドホンやイヤ…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ