注目のスタートアップ

ITセールスシェアリングプラットフォーム「Smacie Platform」を開発する「Smacie」が2,000万円調達

company

2022年9月27日、Smacie株式会社は、2,000万円以上の資金調達を実施したことを発表しました。

Smacieは、ITセールスシェアリングプラットフォーム「Smacie Platform」を開発しています。

IT企業と、ITセールスとして複業・正社員として働くことを目指す人材を直接つなぐプラットフォームです。

2022年12月にβ版のリリースを予定しています。

経済産業省は、もし2025年までに日本企業のDX(デジタルトランスフォーメーション)が成功しなければ最大12兆円/年の経済損失が発生する可能性があると指摘しています。これを2025年の崖といいます。

DXとはテクノロジーやデータの活用により企業活動を根本的に変革し、競争優位性を確立する取り組みのことです。

DXではAI・ロボット・IoTなどのテクノロジーを活用することになりますが、多くの企業は自社の課題解決のため、何をどのように導入すればいいのか把握できていません。

テクノロジーは非連続的に発展していっているため、さらにその実態を把握することが難しくなっています。

そのためDXを実現するには、DXコンサルティングや導入支援などのサービスのニーズが高まっています。

これに伴い、ITセールス人材のニーズも高まっており、人材確保が困難になっています。

Smacieはこの課題を解決するため、ITセールスに特化したシェアリングプラットフォームを提供することを目指しています。

Smacie株式会社のコメント

このニュースを受けまして、Smacie株式会社 代表取締役 井上智弘氏よりコメントが届きました。

・今回の資金調達の目的は何ですか?

今回の第三者割当増資と公庫融資での調達目的としては、ITセールスの人材面に課題を抱えるIT企業とITセールスとして複業、または正社員を希望するセールスパーソンをダイレクトに繋げるプラットフォーム「ITセールスシェアリングプラットフォーム(正式名:Smacie Platform)」を開発するためとなります。

・今後の展望を教えてください。

似たようなセールスプラットフォームを提供している企業は国内でも何社か存在しますが、IT領域に特化したセールスプラットフォームは国内でSmacieが唯一提供することになると考えています。

2022年4月に会社を設立してから、「IT専門性」「実績」「導入効果」に関して既存クライアント様より高い評価をいただいており、今後はサービス化することにより国内の幅広いIT企業様のご支援ができるようになると考えております。

将来的には、海外のクライアントや海外のセールスと日本を結びつけるようなサービスへ成長させていければと思います。

・読者へのメッセージをお願いします。

今回の調達に至るまでに十数社のベンチャーキャピタルの方々とお話しをさせていただき、THE SEED様とのご縁に恵まれ調達が実現しました。

THE SEED様とは出会ってまだ間もないのですが、「ITセールス」というキーワードとSmacieのビジョン構想に共感していただきました。

本調達資金をもとにITセールス事業のスケール化を図り、国内外の幅広いIT企業のセールス課題の解決に繋げられるようになると信じております。

「世界一のセールスプラットフォーマーへ」というビジョンを実現すべく、まずは軸となる本サービスを開発、育成し、今後のITセールス領域における市場影響力を高めてまいります。

多くの業界で人手不足が課題となっていますが、やはり企業の成長のためには優秀で即戦力の人材を採用することが重要です。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」では、創業期の人材採用ノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ IT IT企業 Smacie Smacie Platform シェアリング セールス プラットフォーム マッチング 人材 副業 株式会社 複業 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

出張撮影マッチングサイト「OurPhoto」が資金調達
Our Photo 株式会社は、第三者割当増資により資金調達を実施しました。 引受先は、キヤノンマーケティングジャパン株式会社です。 出張撮影マッチングサイト「OurPhoto」を運営しています。 過…
「イー・コミュニケーションズ」がTOEICオンライン・テストのAI監視サービスに「Remote Testing AIアナリスト」を提供
2020年12月9日、株式会社イー・コミュニケーションズは、一般財団法人国際ビジネスコミュニケーション協会(IIBC)が提供する「TOEIC(R) Listening & Reading IPテスト(…
次世代型不動産エージェントファーム「TERASS」が10億円調達
2022年7月27日、株式会社TERASSは、総額10億円の資金調達を実施したことを発表しました。 次世代型不動産エージェントファーム「Terass」、エージェント提案型家探しサイト「Terass O…
リモート人材事業の「キャスター」が資金調達
2020年1月8日、株式会社キャスターは、資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、ディップ株式会社です。 オンライン・アシスタント・サービス「CASTER BIZ」、在宅勤務スタッフを派遣す…
企業の宇宙利用や宇宙ビジネス参入を支援するデータプラットフォーム事業などを展開する「デジタルブラスト」が4億円調達
2022年7月11日、株式会社デジタルブラストは、総額4億円の資金調達を実施したことを発表しました。 デジタルブラストは、企業の宇宙利用や宇宙ビジネス参入を支援するデータプラットフォーム事業、マーケテ…

大久保の視点

「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」
2022年10月28日、「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」が閣議決定されました。 原材料価格の上昇や円安の影響などにより、エネルギー・食料品な…
(2022/11/4)
大手がスタートアップ買収で25%減税!創業手帳が背景を解説
大企業によるスタートアップ(新興企業)買収の際の法人税が軽減される方向で検討されている。既に、オープンイノベーション税制と言って買収ではなく、出資(増資)の…
(2022/10/9)
スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ