5秒で家が見つかるアプリ「NOW ROOM」提供の「Living Tech」が2.1億円調達

2020年5月28日、株式会社Living Techは、総額2億1,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

初期費用0円、5秒で家が見つかるアプリ「NOW ROOM」を開発・運営しています。

ホテルや、ゲスト・ハウス、シェア・ハウス、民泊、マンスリー・マンションなどの空室を、1カ月から提供するサービスです。

部屋の検索・閲覧だけでなく、予約・決済まで行えるため、すぐに入居が可能です。

今回の資金は、プロダクト開発や、広告宣伝に充当されます。

プロダクト開発においては、部屋を提供するホスト側が利用する管理画面の開発も行い、不動産業界の業務効率化を図り、安価な部屋を提供できることを目指すようです。

「住む」を自由にするためのプロダクトが続々とリリースされています。

たとえば、サブスクリプション型で全国の住居に住み放題になるサービスなどがあります。

しかし住居を提供するだけでは、真に「住む」を自由にしたとはいえません。全国の住居を転々とするためには、移動手段が必要となるからです。

そのため、「住む」を自由にするプロダクトは、移動体験についても変革するサービスとして開発を続けていかなくてはならないでしょう。

起業にはオフィスが必要です。賃貸オフィス、コワーキング・スペース、シェア・オフィス、バーチャル・オフィスなど、様々な選択肢があり、とても悩ましい問題です。「冊子版創業手帳」では、創業期のオフィスの選び方について詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ Living Tech NOW ROOM マッチング 不動産 住居 株式会社 資金調達 部屋

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業のピックアップニュース

大久保の視点

スタートアップと投資家向け教育・研修サービス「ケップルアカデミー」β版がリリース
2019年8月5日、株式会社ケップルは、「ケップルアカデミー(KEPPLE ACADEMY)」を開設し、同日から受講生の募集を開始したこと発表しました。 「…
(2019/8/7)
ニュース・アプリ運営の「スマートニュース」が米国事業の加速のために31億円調達
2019年8月5日、スマートニュース株式会社は、総額31億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、日本郵政キャピタルなどです。 スマートフォン…
(2019/8/7)
クラウド出張手配・管理サービス運営の「AIトラベル」が2億円調達
2019年8月5日、株式会社AIトラベルは、総額2億円の資金調達を実施したことを発表しました。 次世代クラウド出張手配・管理サービス「AI Travel」を…
(2019/8/7)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新のピックアップニュース

創業時に役立つサービス特集

マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ