野菜を育てる人と野菜が欲しい人をつなぐプラットフォーム「grow SHARE」運営の「プランティオ」が2.3億円調達

2020年4月24日、プランティオ株式会社は、総額2億3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

また、野菜を育てる人と野菜が欲しい人をつなぐプラットフォーム「grow SHARE(グロウシェア)」をリリースしたことも併せて発表しました。

「grow SHARE」は、自宅の庭などで野菜を育てる人や、街中にあるコミュニティ・ファーム、屋上農園などを地図上に登録し、野菜が欲しい人とマッチングするWebサービスです。

以下の5つを特徴としています。
・誰でも参加できる
・栽培者の顔が見える
・コミュニティの輪が広がる
・物流の効率化
・フードロスの防止

プランティオはほかに以下のサービスなどを提供しています。
・「grow FIELD」:都市の遊休空間を活用したシェア型のIoTコミュニティファーム
・「grow JOURNAL」:”共給共足”の世界を目指す「食」と「農」のWebマガジン
・「grow CONNECT」:IoTを使ったオフグリッド栽培を可能にするハードウェア

今回の資金は、「grow SHARE」のサービス展開や、「grow」コンテンツの拡充、IoTとAIを活用したシェア型都市農園の運営、IoTプランター「grow HOME」などの事業開発などに充当されます。

テクノロジーと農業をかけ合わせたAgritechは、農業人口の減少やそれに伴う食糧難などの、大きな課題を解決するものとして重要です。

プランティオは、テクノロジーを活用し、持続可能な食・農を都市部に社会実装することを目指しています。

冊子版創業手帳」では、社会課題を解決することを目的としたビジネスを立ち上げた起業家のインタビューを掲載しています。社会課題解決型ビジネスの立ち上げを目指している方は、ぜひ読んでみてください。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ Agritech grow grow SHARE アグリテック テクノロジー プランティオ 株式会社 資金調達 農業

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

大久保の視点

【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
スタートアップと投資家向け教育・研修サービス「ケップルアカデミー」β版がリリース
2019年8月5日、株式会社ケップルは、「ケップルアカデミー(KEPPLE ACADEMY)」を開設し、同日から受講生の募集を開始したこと発表しました。 「…
(2019/8/7)
ニュース・アプリ運営の「スマートニュース」が米国事業の加速のために31億円調達
2019年8月5日、スマートニュース株式会社は、総額31億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、日本郵政キャピタルなどです。 スマートフォン…
(2019/8/7)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集

マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ