注目のスタートアップ

対話型AI面接サービス「SHaiN」を提供する「タレントアンドアセスメント」が資金調達

company

2024年1月30日、株式会社タレントアンドアセスメントは、資金調達を実施したことを発表しました。

引受先は、北陸地域ベンチャー投資事業有限責任組合(北陸地域ベンチャーファンド)です。

今回の資金調達により、シリーズAラウンド累計総額は4億3,168万円(資本準備金等を含む)となります。

タレントアンドアセスメントは、対話型AI面接サービス「SHaiN」を開発・提供しています。

独自開発の採用戦略メソッドをもとに、人間の代わりにAIが面接を実施することで、人間が行う面接において課題となる面接の品質のばらつきを改善するサービスです。

また、面接評価レポートなどを参考に、対面面接時における最適な質問や特徴に応じた動機づけとしても活用できます。

今回の資金は、「SHaiN」のUI/UX改善、マーケティング強化、多言語対応に充当します。


人材は企業を運営していくためにも、成長させるためにも重要な存在です。

近年は社会の変化が激しく、さらにSDGsの推進などによって企業に求められる要素も多様化・複雑化しており、柔軟で創造的な対応ができる組織をつくりあげることが重要となっており、それに伴い人材の重要性が高まっています。

一方で、日本は少子高齢化によって生産年齢人口が減少し、有効求人倍率も上昇傾向であるため、企業間での人材獲得競争が激化しています。

こうした中で、人材採用業務の効率化や高品質化のニーズが高まっています。

面接は人材採用において重要なプロセスです。優れたスキルを持つ面接担当は、複数の候補者の中から、自社にあった優秀な人材を選抜し採用することが可能です。

一方で、そういったスキルを持たない組織は最適な人材を選抜できずミスマッチが発生するという課題を抱えています。また、優れたスキルを持つ面接担当であっても、思い込み・偏見などから免れることは困難であり、多少なりとも面接評価が公正ではなくなってしまうという課題を抱えています。

「SHaiN」は、人間ではなくAIによって面接評価を下すことで、これまで人間の手による面接が抱えていた品質ばらつきの課題を解決するサービスです。

また、面接は業務負担の高いプロセスであり、また候補者にとっても会社など面接会場に遅れずに行かなくてはならないという負担がありますが、AIによるオンライン面接はこういった課題も解決します。

人材の採用は企業の成長にとって重要です。しかし創業期の人材採用は大きな投資のため失敗ができません。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」では、創業期における人材採用のノウハウを詳しく解説しています。

また、事業成長を目的とした人材の獲得にあたっては資金調達も必要となるでしょう。「資金調達手帳」では、資金調達に関するノウハウを詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ AI BtoB SHaiN タレントアンドアセスメント 人事 人材 人材採用 入社試験 対話型AI面接サービス 採用 株式会社 資金調達 面接
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

野菜を育てる人と野菜が欲しい人をつなぐプラットフォーム「grow SHARE」運営の「プランティオ」が2.3億円調達
2020年4月24日、プランティオ株式会社は、総額2億3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 また、野菜を育てる人と野菜が欲しい人をつなぐプラットフォーム「grow SHARE(グロウ…
バーチャルライブプラットフォーム運営の「VARK」が6億円調達
2021年5月17日、株式会社VARKは、総額6億円の資金調達を実施したことを発表しました。 バーチャルライブプラットフォーム「VARK」を運営しています。 バーチャル空間でライブイベントを楽しめるサ…
マルチモーダル機械学習事業展開の「DATAFLUCT」が3億円調達
2021年4月20日、株式会社DATAFLUCTは、3億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、株式会社東京大学エッジキャピタルパートナーズです。 データ活用の民主化を実現するため以下の…
再生可能エネルギーの導入・ 調達コンサルティングなどを手掛ける「クリーンエナジーコネクト」が9億円調達
2023年1月26日、株式会社クリーンエナジーコネクトは、総額9億円の資金調達を実施したことを発表しました。 クリーンエナジーコネクトは、RE100参加企業などに向けたグリーン電力(再生可能エネルギー…
トークン・エコノミーでオープン・ソース・ソフトウェアの収益化を支援する「フレームダブルオー」が資金調達
2020年6月15日、フレームダブルオー株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 また、「Dev Protocol」を活用した最初のDAppsとして、暗号資産を通じて、寄付よりも気軽に社会貢…

大久保の視点

「千代田区CULTURExTECH ビジコン2024」が丸の内TOKYO創業ステーションで2024年3月19日に開催
2024年3月19日(火)にStartup Hub Tokyo 丸の内(TOKYO創業ステーション 丸の内 1F・千代田区)で千代田CULTURExTECH…
(2024/3/19)
明治大学ビジコンで優勝&100万円獲得は宇宙ビジネスの蓮見大聖さん明治大学4年「AMATERAS SPACE」
2024年3月13日(木)に明治大学・御茶ノ水キャンパスで第2回明治ビジネスチャレンジ(明治ビジチャレ)が明治大学経営学部主催で行われました。 明治大学の各…
(2024/3/13)
Coral Capitalが虎ノ門ヒルズで「Startup Aquarium 2024」を開催。VCが大規模キャリアイベント
ベンチャーキャピタルのCoral Capitalが主催する「Startup Aquarium 2024」が2024年3月2日(土)に虎ノ門ヒルズで開催されま…
(2024/3/2)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】