受取請求書の自動処理サービス「sweeep」提供の「オートメーションラボ」が資金調達

2020年9月25日、オートメーションラボ株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。

また、「sweeep」のリニューアルを行ったことも併せて発表しました。

「sweeep」は、AIを活用し請求書の受取から保管までの経理処理を自動化するクラウド・サービスです。

AI-OCRによる文字認識や、請求書の回収から仕訳・振込・保管などの経理が課題としていた業務フローを一気通貫で解決できる点を特長としています。

また、請求書のクラウド受取が可能なatenaやクラウド会計freeeとの連携も行っています。また、RPAやiPaaSとの連携も進めているようです。

今回の資金は、電子帳簿保存法の対応機能、ワークフロー機能の開発や、全職種における採用強化などに充当されるようです。

様々な書類の電子化が進んでいますが、支払請求書に関しては、取引先も含めた業務プロセスの改善が必要のため進みづらく、電子化された請求書であってもPDFのため、再利用ができず転記作業が発生します。

AI技術の進化により、様々なフォーマットがある請求書に記載されている情報を読み取ることが可能となっています。

創業期はなにも導入されていないまっさらな状態なため、最新のシステムを導入するのにうってつけです。「冊子版創業手帳」では、社内システムの整備ノウハウを詳しく解説しています。また、ICTの専門家にインタビューを行い、創業期のシステム整備のメリットや注意点なども伺っていますので、こちらもご参考ください。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ AI sweeep オートメーションラボ クラウド サービス 株式会社 経理 自動 自動化 請求書 資金調達

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

大久保の視点

【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
スタートアップと投資家向け教育・研修サービス「ケップルアカデミー」β版がリリース
2019年8月5日、株式会社ケップルは、「ケップルアカデミー(KEPPLE ACADEMY)」を開設し、同日から受講生の募集を開始したこと発表しました。 「…
(2019/8/7)
ニュース・アプリ運営の「スマートニュース」が米国事業の加速のために31億円調達
2019年8月5日、スマートニュース株式会社は、総額31億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、日本郵政キャピタルなどです。 スマートフォン…
(2019/8/7)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集

マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ