未上場株管理ツール「FUNDBOARD」運営の「ケップル」がオンラインIRサービスを開始

2020年4月16日、株式会社ケップルは、オンラインIRサービス「FUNDBOARD for Startups(β版)」を開始することを発表しました。

新型コロナウイルス感染症の流行の影響により、資金調達環境が厳しくなっているのを鑑み、ケップルが運営する「FUNDBOARD」の利用者向けに、スタートアップが会社紹介資料を配信できるようにする機能や、投資家との相談会や個別紹介などをオンラインで提供します。

また、「FUNDBOARD」への情報発信・相談会は、2020年5月6日まで無料で提供するようです。

「FUNDBOARD」は、投資家向けの未上場株を管理できるCRMツールです。

投資検討状況や、起業家との面談記録、投資(検討)先との資料の授受などさまざま情報を、投資先に紐づけて管理することができるため、すぐに情報を見つけることができます。

新型コロナウイルス感染症の流行により、企業は様々な不便さや課題に直面しています。そのためこの困難を解決するためのサービスがいくつもリリースされています。

特に投資家による投資については、先行きが不透明である現状、厳しくなってくることが予測されています。

そのため、このような状況だからこそ投資家に積極的に自社情報を発信し、現状を知ってもらう必要があるでしょう。

起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、ベンチャー・キャピタルから出資を受ける方法や、クラウドファンディングを成功させる方法など、資金調達に関するノウハウを詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 便利なサービス
関連タグ FUNDBOARD IR オンライン ケップル ツール 投資管理 新型コロナウイルス
詳細はこちら

ケップル、オンラインIRサービス開始。スタートアップの資金調達を支援、新型コロナウイルスに対応

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

便利なサービスの創業手帳ニュース

大久保の視点

【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
スタートアップと投資家向け教育・研修サービス「ケップルアカデミー」β版がリリース
2019年8月5日、株式会社ケップルは、「ケップルアカデミー(KEPPLE ACADEMY)」を開設し、同日から受講生の募集を開始したこと発表しました。 「…
(2019/8/7)
ニュース・アプリ運営の「スマートニュース」が米国事業の加速のために31億円調達
2019年8月5日、スマートニュース株式会社は、総額31億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、日本郵政キャピタルなどです。 スマートフォン…
(2019/8/7)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集

マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ