【東京】「先進的防災技術実用化支援事業」災害対応の製品改良・実用化に助成金1,000万円

subsidy

公益財団法人東京都中小企業振興公社は「先進的防災技術実用化支援事業」について発表しました。

都内事業者が自社で開発した、都市防災力を高める優れた技術・製品・試作品の改良・実用化に助成金を交付するものです。

新型コロナウイルス感染症などに対応するための事業も助成の対象となっています。

「改良・実用化フェーズ」:上限1,000万円・経費の2/3以内。
「普及促進フェーズ」:上限350万円・経費の1/2以内。

申請の締切りは、2020年6月1日(月)です。

政府・自治体だけによる防災・災害対応は、東日本大震災や、近年の記録的な豪雨などによる災害により困難であることが明確になりました。

そこで、新たな防災ビジネスの展開が望まれています。電通の推計によると、防災ビジネスの潜在的な市場規模は6.4兆円とされています。

ICTの社会への普及により、さまざまな防災ビジネスが誕生することが予想されています。

創業手帳が無料で発行している「補助金ガイド」では、創業手帳が実際に補助金申請を行った経験と専門家の監修により、補助金・助成金のノウハウを解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 公募
関連タグ 助成金 実用化 改良 新型コロナウイルス 東京都 製品 都市 防災
詳細はこちら

(新型コロナウイルス感染症含む)災害対応の製品改良・実用化に助成金1

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

公募の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

「リアルテックホールディングス」が糖鎖ナノテクノロジーを用いた迅速PCR検査法の開発・受託研究の「スディックスバイオテック」に投資を実施
2020年12月21日、リアルテックホールディングス株式会社は、株式会社スディックスバイオテックへの投資を実施したことを発表しました。 スディックスバイオテックは、糖鎖ナノテクノロジーを用いた迅速PC…
長い目が育むESG経営の芽、投資家が注意すべき点とは
日本企業の中で、これまで主流だった中期経営計画に代わり、10年先を展望する長期経営計画を打ち出す動きが広がっています。ESG投資の機運が高まる中、「長計」は安定株主を増やすための呼び水となる可能性があ…
未上場株管理ツール「FUNDBOARD」運営の「ケップル」がオンラインIRサービスを開始
2020年4月16日、株式会社ケップルは、オンラインIRサービス「FUNDBOARD for Startups(β版)」を開始することを発表しました。 新型コロナウイルス感染症の流行の影響により、資金…
国産食用コオロギの量産化を目指す「グリラス」が2.3億円調達
2020年12月23日、株式会社グリラスは、総額2億3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 昆虫研究をリードする徳島大学の知見を基礎として、2019年5月に設立されました。 動物性タン…
「SOICO」がベンチャー向け融資・助成金の調達代行サービスを開始
2020年4月10日、SOICO株式会社は、ベンチャー企業経営者向けに融資・助成金の調達代行サービスを開始したことを発表しました。 このサービスは、新型コロナウイルス感染症拡大の影響による資金繰り悪化…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集

マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ