スポーツ映像分析プラットフォーム提供の「RUN.EDGE」が5.8億円調達

2020年2月27日、RUN.EDGE株式会社は、総額5億8,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

シーン映像の検索・分析ができる、スポーツ映像分析プラットフォーム「FL-UX」を提供しています。

また、この技術をベースとしたプロ野球向けアプリケーション「PITCHBASE」は日本と米国において、10以上のプロ球団に採用されています。

また、2020年2月にサッカー向けアプリケーション「FL-UX Football」をローンチし、川崎フロンターレや、欧州1部リーグのクラブ、ブラジルのクラブにおいて採用が決定しています。

今回の資金は、技術・プロダクト開発に充当されます。

これまでスポーツにおけるマネジメントや戦略立案は経験と勘によって行われています。

しかし、テクノロジーの発展に伴い、データドリブンなスポーツ分析が行えるようなってきました。

映像分析は、1つの試合の分析をするためのものですが、詳細のデータを用い統計を出すのも、この分析がなければ始まりません。

スポーツにはさまざまなものがあり特徴も違いますが、RUN.EDGEはシーン映像の検索・分析をコア技術としているため、多くのスポーツに応用が可能です。

企業においても、経営戦略を立てるためにも経営や市場の分析は欠かせません。「冊子版創業手帳」では、事業分析のためのテンプレートを掲載しています。強みと弱みを洗い出し、戦略を立てるとよいでしょう。

読んで頂きありがとうございます。最新号の創業手帳(冊子版)も併せて読んで見て下さい。
カテゴリ 有望企業
関連タグ RUN.EDGE スポーツ プラットフォーム 分析 映像 株式会社 資金調達

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業のピックアップニュース

大久保の視点

スタートアップと投資家向け教育・研修サービス「ケップルアカデミー」β版がリリース
2019年8月5日、株式会社ケップルは、「ケップルアカデミー(KEPPLE ACADEMY)」を開設し、同日から受講生の募集を開始したこと発表しました。 「…
(2019/8/7)
ニュース・アプリ運営の「スマートニュース」が米国事業の加速のために31億円調達
2019年8月5日、スマートニュース株式会社は、総額31億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、日本郵政キャピタルなどです。 スマートフォン…
(2019/8/7)
クラウド出張手配・管理サービス運営の「AIトラベル」が2億円調達
2019年8月5日、株式会社AIトラベルは、総額2億円の資金調達を実施したことを発表しました。 次世代クラウド出張手配・管理サービス「AI Travel」を…
(2019/8/7)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新のピックアップニュース

創業時に役立つサービス特集