注目のスタートアップ

ウェルビーイングの現状の可視化と改善を支援する「ポケットセラピスト」などを提供する「バックテック」が資金調達

company

2022年11月11日、株式会社バックテックは、資金調達を実施したことを発表しました。

バックテックは、医学的根拠にもとづき組織・社員ウェルビーイングを実現するプラットフォーム「ポケットセラピスト」や、オンラインフィットネス、最低限の質問数でプレゼンティーイズムを可視化する「プレゼンティーイズムサーベイ」、レセプトデータ・健康関連データの分析、ヘルスケア・ウェルネス関連のエビデンス創出コンサルティング事業を展開しています。

「ポケットセラピスト」は、組織・個人のウェルビーイングの実現のため、Web問診票への回答やセラピストへの相談により従業員のウェルビーイングの状態を可視化し、それを改善するためのエビデンスにもとづいたオリジナルのプログラムを作成するサービスです。

さらに定期的なオンライン面談により、セラピストと二人三脚でウェルビーイングの実現に向けて取り組みます。

今回の資金は、さらなる事業成長、人材採用・育成に充当します。

従来は健康管理は従業員個人の責任であると考えられていました。しかし劣悪な労働環境やパワハラなどによって労働者の自殺が増加し、社会問題としてマスメディアなどに取り上げられることが増え、企業の社会的責任について問われるようになりました。

この世論の変化により、健康管理は従業員本人だけでなく企業の責任でもあるという価値観へと移り変わっています。

さらに、近年は従業員の健康状態は生産性に大きな影響があることが研究によって明らかになり、健康管理を経営戦略のひとつとして捉える企業が増えています。

生産性に影響を与える健康状態といえば、病欠などによる労働力の減少などを想定する人も多いでしょう。しかしこういった病欠による生産性の損失(アブセンティーズム)よりも、従業員が何らかの体調不良を抱えたまま仕事に取り組んでいる状態であるアブセンティーズムのほうがはるかに損失が大きいことがわかっています。

その体調不良というのも、肩こり・腰痛といった一般的なものも含まれているため、組織のウェルビーイングの実現はほぼすべての組織の課題となっています。

さらに国内ではさまざまな業界で人手不足が深刻になっているため、数少ない従業員にできるだけ長く、効率的に働いてもらう必要があり、組織・従業員のウェルビーイングの実現の重要性がさらに高まっています。

従業員のこころの状態を把握する取り組みのひとつにストレスチェックがあります。ストレスチェックは労働者が常時50名以上の事業場において実施義務がありますが、ウェルビーイングの実現のためにも重要となっています。起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「オフィス移転手帳」では、社労士によるストレスチェック対応について詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ ESG経営 ウェルネス ウェルビーイング ウェルビーイング経営 コンサルティング セラピスト バックテック フィットネス ヘルスケア ポケットセラピスト 健康経営 可視化 改善 株式会社 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

都内で次世代型シェアリングIoT農園を展開する「プランティオ」が1.3億円調達
2022年3月22日、プランティオ株式会社は、総額1億3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 ベランダ、ビルの屋上、マンションの屋内などあらゆる場所での野菜栽培を可能にする次世代型アグ…
賃貸トラブルを24時間駆け付けサポートする「住むサポSPEED24」提供の「sumusapo」が1,000万円調達
2020年10月27日、sumusapo株式会社は、総額1,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 賃貸トラブルをオンライン上で迅速に解決できる24時間駆け付けサポート「住むサポSPEED…
バーチャル・スペース提供の「oVice」が1億円調達
2020年12月21日、oVice株式会社は、総額1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 また、12月12日に株式会社NIMARU TECHNOLOGYから、oVice株式会社に社名を変更して…
訪問看護ステーション「ホウカンTOKYO」展開の「ハノン・ケアシステム」が1億円調達
2021年12月24日、ハノン・ケアシステム株式会社は、総額1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 訪問看護ステーション「ホウカンTOKYO」の展開と、訪問看護専門電子カルテ「Hanon」の開…
住宅ローン・マッチング・サービス「モゲチェック」運営の「MFS」が6.3億円調達
2021年2月15日、株式会社MFSは、総額6億3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 住宅ローン・マッチング・サービス「モゲチェック」を運営しています。 過去4,000件以上の審査結…

大久保の視点

「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」
2022年10月28日、「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」が閣議決定されました。 原材料価格の上昇や円安の影響などにより、エネルギー・食料品な…
(2022/11/4)
大手がスタートアップ買収で25%減税!創業手帳が背景を解説
大企業によるスタートアップ(新興企業)買収の際の法人税が軽減される方向で検討されている。既に、オープンイノベーション税制と言って買収ではなく、出資(増資)の…
(2022/10/9)
スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ