注目のスタートアップ

ビジネスニュースをAIによって分類して届ける「Anews」などを展開する「ストックマーク」が11億円調達

company

2022年8月9日、ストックマーク株式会社は、総額11億円の資金調達を実施したことを発表しました。

ストックマークは、ナレッジシェア推進サービス「Anews」と、世界中のビジネスニュースをもとにAIが自動で事業環境を可視化するサービス「Astrategy」を提供しています。

「Anews」は、AI自然言語処理によって世界中の情報・ニュースを分類し、個人・チームの関心に最適な情報をレコメンドするサービスです。

提案された情報はチームメンバーに共有でき、「Anews」内でコメントを送り合うことができます。

これによりビジネスニュースを起点に組織のコミュニケーションの活性化を図ります。

「Astrategy」は、世界中のビジネスニュースをAIによって構造化し、人間では検知できない市場と競合の変化の兆しを可視化するサービスです。

ユーザーはAIによる分析結果をもとに戦略策定を行うことができます。

ビッグデータの80%以上は、人間が読んで理解するための非構造化データであるといわれています。

非構造化データとはテキスト・音声・画像のことであり、コンピューターはこれらのデータを上手く理解することができません。

そのためコンピューターを使ってこれらのデータを自動で整理したり分析したりすることが難しいため、人間の手によって情報をまとめる必要がありました。

しかし、AI技術の進展により、これら非構造化データについても高度な解析が可能となっています。

ストックマークは、最先端の自然言語処理技術を活用し、世界中のビジネスニュース・情報を分類し、ビジネスにおける情報収集・分析を支援するサービスを提供しています。

これまでビジネスにおける情報の活用は、情報収集にかかる時間が膨大であったことが課題となっていましたが、ストックマークのサービスを活用することで、自身が求めている情報を簡単に入手することが可能となります。

そのため人間は情報の分析・活用に注力でき、ビジネスにおける意思決定を加速させることができます。

さまざまな企業でデジタル化による業務効率化が進んでいます。こうした状況の中、さらに企業を成長させていくには、蓄積されるデータをどう活用するかが重要であり、そのための基盤を整備することも必要です。「冊子版創業手帳」では、創業期の社内システムの整備ノウハウを詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ AI Anews Astrategy コミュニケーション ストックマーク ナレッジ ナレッジシェア ニュース ビジネス レコメンド 共有 可視化 情報 株式会社 構造化 自然言語処理 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

イスラエル国防軍の技術を用いたサイバーセキュリティSaaS提供の「AironWorks」が9,000万円調達
2021年11月11日、AironWorks株式会社は、総額約9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 イスラエル国防軍のUnit 8200出身エンジニアが開発した最先端テクノロジーを用…
AI活用を得意とするDXのプロフェッショナル集団の「AMBL」が「テレビ朝日」と協業 eラーニング事業に進出
2022年7月5日、AMBL株式会社は、2022年3月1日のグループ企業との合併時に既存の教育事業を株式会社eduleapとして新設分割し、株式会社テレビ朝日からの増資を受けて本格的にeラーニング事業…
バーチャルインテリアサービスを提供する「カラーアンドデコ」が資金調達
2022年9月5日、株式会社カラーアンドデコは、資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、IDATEN Venturesです。 カラーアンドデコは、不動産会社・売買・賃貸仲介・デベロッパー・オ…
投資家向け企業分析SaaS「バフェット・コード」を開発・運営する「バフェットコード」が資金調達
2022年9月26日、バフェットコード株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 バフェットコードは、企業分析SaaS「バフェット・コード」を開発・運営しています。 EDINETやコーポレート…
ウェルビーイング実現のためのメンタル・トレーニング・サービス運営の「emol」が2,000万円調達
2019年12月2日、emol株式会社は、総額2,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 また、エンプロイー・ウェルビーイングを実現するメンタル・トレーニング・サービス「emol work…

大久保の視点

スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ