顧客対応業務をビジネス機会創出の場に変えるプラットフォーム提供の「ジーネクスト」が3.2億円調達

2019年10月9日、株式会社ジーネクストは、総額3億2,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

顧客対応窓口に特化した、インシデント/クレーム情報を活用する「生活者共創(Co-Creation)プラットフォーム」を開発・提供しています。

本来、非構造化情報とされるこれらを、できるだけ構造化し、機械学習によって解析することで、企業の改善につなげます。

株式会社ジーネクスト 代表取締役 横治 祐介氏のコメント

今回のニュースにつきまして、株式会社ジーネクスト 代表取締役 横治 祐介氏よりコメントが届きました!

横治 祐介
2001年 株式会社ジーネクストを設立。大学病院のレセプトコンピューターシステム・選挙名簿管理システム・大手フィルム会社向け販売管理分析システムの開発を経て、2003年に大手事務機器メーカーのお客さま相談室向けにシステム開発を行ったことをきっかけに、お客さまの「声」からビジネスチャンスを発見できると気付き、お客さま対応窓口に特化したソリューションを開発しました。現在、大手企業を中心に、お客さま対応窓口を持つ100社以上の企業さまへサービスを提供しております。
ーこの事業を始めた経緯について教えてください。

横治:前職ではプログラマーとして、コンシュマーゲームの開発に携わっていましたが、当時BtoB向けのシステムを見たときに、UI/UXをもっとよりよくできると思い、また前職の経験が活きると考え事業を立ち上げました。

ー今回の資金調達について、どのような反響がありましたか?

横治:資金調達の実施と社外取締役の松本氏の就任の発表は、特に食品メーカーの企業をはじめとするみなさまからの注目度が高く、ジーネクストへの信頼と期待が高まっていると感じております。

ー今後どのような事業展開をしていきたいと考えているか、教えてください。

横治:今後は、これまで積み上げてきた「生活者からのフィードバック」データを、お客さま対応窓口に特化したノウハウによる汎用知とソリューションによって、独自の分析・解析結果をビジネスに広く活用していただきたいと考えております。特に、お客さま対応窓口をビジネス機会の創出の場となる「プロフィットセンター」へと進化させるべく、各業界における企業のサポートを行ってまいります。

読んで頂きありがとうございます。最新号の創業手帳(冊子版)も併せて読んで見て下さい。
カテゴリ 有望企業
関連タグ ジーネクスト 資金調達

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

この記事のコメント

有望企業のピックアップニュース

大久保の視点

スタートアップと投資家向け教育・研修サービス「ケップルアカデミー」β版がリリース
2019年8月5日、株式会社ケップルは、「ケップルアカデミー(KEPPLE ACADEMY)」を開設し、同日から受講生の募集を開始したこと発表しました。 「…
(2019/8/7)
ニュース・アプリ運営の「スマートニュース」が米国事業の加速のために31億円調達
2019年8月5日、スマートニュース株式会社は、総額31億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、日本郵政キャピタルなどです。 スマートフォン…
(2019/8/7)
クラウド出張手配・管理サービス運営の「AIトラベル」が2億円調達
2019年8月5日、株式会社AIトラベルは、総額2億円の資金調達を実施したことを発表しました。 次世代クラウド出張手配・管理サービス「AI Travel」を…
(2019/8/7)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新のピックアップニュース

創業時に役立つサービス特集