注目のスタートアップ

顧客対応業務をビジネス機会創出の場に変えるプラットフォーム提供の「ジーネクスト」が3.2億円調達

2019年10月9日、株式会社ジーネクストは、総額3億2,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

顧客対応窓口に特化した、インシデント/クレーム情報を活用する「生活者共創(Co-Creation)プラットフォーム」を開発・提供しています。

本来、非構造化情報とされるこれらを、できるだけ構造化し、機械学習によって解析することで、企業の改善につなげます。

株式会社ジーネクスト 代表取締役 横治 祐介氏のコメント

今回のニュースにつきまして、株式会社ジーネクスト 代表取締役 横治 祐介氏よりコメントが届きました!

横治 祐介
2001年 株式会社ジーネクストを設立。大学病院のレセプトコンピューターシステム・選挙名簿管理システム・大手フィルム会社向け販売管理分析システムの開発を経て、2003年に大手事務機器メーカーのお客さま相談室向けにシステム開発を行ったことをきっかけに、お客さまの「声」からビジネスチャンスを発見できると気付き、お客さま対応窓口に特化したソリューションを開発しました。現在、大手企業を中心に、お客さま対応窓口を持つ100社以上の企業さまへサービスを提供しております。
ーこの事業を始めた経緯について教えてください。

横治:前職ではプログラマーとして、コンシュマーゲームの開発に携わっていましたが、当時BtoB向けのシステムを見たときに、UI/UXをもっとよりよくできると思い、また前職の経験が活きると考え事業を立ち上げました。

ー今回の資金調達について、どのような反響がありましたか?

横治:資金調達の実施と社外取締役の松本氏の就任の発表は、特に食品メーカーの企業をはじめとするみなさまからの注目度が高く、ジーネクストへの信頼と期待が高まっていると感じております。

ー今後どのような事業展開をしていきたいと考えているか、教えてください。

横治:今後は、これまで積み上げてきた「生活者からのフィードバック」データを、お客さま対応窓口に特化したノウハウによる汎用知とソリューションによって、独自の分析・解析結果をビジネスに広く活用していただきたいと考えております。特に、お客さま対応窓口をビジネス機会の創出の場となる「プロフィットセンター」へと進化させるべく、各業界における企業のサポートを行ってまいります。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ ジーネクスト 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

意欲的な学生のためのプラットフォーム「croom college」運営の「croom」が資金調達
2020年1月24日、株式会社croomは、資金調達を実施したことを発表しました。 学生の効率的なインプット、効果的なアウトプット、そしてキャリア選択を一気通貫で行えるプラットフォーム「croom c…
バトルロイヤルTPSゲーム『Fortnite』に特化したメタバース制作を手がける「NEIGHBOR」が資金調達
2023年5月17日、株式会社NEIGHBORは、資金調達を実施したことを発表しました。 NEIGHBORは、バトルロイヤルTPSゲーム『Fortnite(フォートナイト)』のクリエイティブ機能を利用…
医療機関向けスマートフォンサービス「日病モバイル」を開発・提供する「フロンティア・フィールド」が39億円調達
2023年7月4日、株式会社フロンティア・フィールドは、総額39億円の資金調達を実施したことを発表しました。 フロンティア・フィールドは、医療機関向けスマートフォンサービス「日病モバイル」を開発・提供…
「シンプルフォーム」が7億円調達 法人調査プロセス自動化クラウド「SimpleCheck」を正式リリース
2022年6月15日、シンプルフォーム株式会社は、約7億円の資金調達を実施したことを発表しました。 これまで非公開であった資金調達ラウンドと金融機関からの借入も合わせると、累計約10億円調達しています…
専門家によるサブスクリプション型出張料理サービス運営の「シェアダイン」が2.2億円調達
2020年7月5日、株式会社シェアダインは、総額約2億2,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 栄養士など食の専門家によるサブスクリプション型出張料理サービス「シェアダイン」と、法人向け…

大久保の視点

Coral Capitalが虎ノ門ヒルズで「Startup Aquarium 2024」を開催。VCが大規模キャリアイベント
ベンチャーキャピタルのCoral Capitalが主催する「Startup Aquarium 2024」が2024年3月2日(土)に虎ノ門ヒルズで開催されま…
(2024/3/2)
優勝はブラジルから参加のBVC中山充さん!2/26 起業家プレゼン&交流大会「ライトニングトーク東京」
2024年2月26日、創業手帳主催のショートプレゼン大会「ライトニングトーク東京」を開催いたしました。 このイベントは、オンリーワンのサービスやストーリーを…
(2024/2/26)
2/5 JSSA日本スタートアップ支援協会ピッチ大会:最優秀賞はがんリスク検査のセルクラウド中島 謙一郎さん
一般社団法人日本スタートアップ支援協会が主催する「The JSSA TOKYO Pitch Award & Meetup Vol.33」が2024…
(2024/2/5)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】