注目のスタートアップ

データクローラープラットフォーム「Collectro」などを展開する「Hogetic Lab」が2.2億円調達

company

2022年11月16日、株式会社Hogetic Labは、総額約2億2,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

Hogetic Labは、データクローラープラットフォーム「Collectro(コレクトロ)」や、「Collectro」をコアとしたデータ分析特化のDXソリューションを提供しています。

「Collectro」は、あらゆるAPI経由のデータ収集を可能にするプラットフォームです。

自社データ、SNSデータ、購入したデータの取得、SaaSデータなどさまざまな種類をノンコーディングで自動で蓄積し、分析ダッシュボードや予測モデルなどのパッケージによってデータの価値化を実現します。

さらに、データアナリスト、データBizDev、データエンジニア、データサイエンティスト、BIエンジニアなどからなるプロフェッショナルチームによって導入支援を行い、さらに社内でのデータ分析の成功機会の創出や、組織に根付かせるための育成や顧問などを柔軟に行い、企業内においてデータを活用するという考えが根付き、それが成長していくように並走します。

今回の資金は、エンジニア組織とデータアナリストで構成されるカスタマーサクセスチームの拡大、「Collectro」の機能拡充などに充当します。

経済産業省は、もし2025年までに日本企業のDX(デジタルトランスフォーメーション)が成功しなければ最大12兆円/年の経済損失が発生する可能性があると指摘しています。これを2025年の崖といいます。

DXは、テクノロジーとデータの活用により企業を根本から変革し、競争優位性を確立する取り組みのことです。

SaaSや、IoT、ロボットの導入などによるデジタル化については、導入のイメージや導入効果がわかりやすいことから多くの企業・組織で導入が進んでいます。

一方、DXのもうひとつの重要な柱であるデータ活用については、データを活用する仕組みの構築から、戦略設計、データサイエンティストの登用などが必要となり、さらにデータ活用の効果がわからないことから進んでいないという状況にあります。

たとえば、「令和2年 情報通信白書」のデータ活用について海外と比較したデータ「企業のデータ収集及び活用の状況」によると、各国の企業におけるデータ収集、データ蓄積、データ処理(AIの適用を含む)の導入状況について、日本では「導入済み」と回答した割合はいずれも2割程度である一方、米国・ドイツはデータ収集については5割、データ蓄積については4割、データ処理については3割を超える企業が「導入済み」と回答しています。

Hogetic Labは、国内におけるデータ活用の課題を解決するため、データクローラープラットフォーム「Collectro」の提供と、データ活用を企業に根付かせるための取り組みを行っています。

データドリブン経営を実現するためには、最適なクラウドサービス・ツールを選定して導入する必要があります。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」では、社内システムの整備ノウハウを詳しく解説しています。また、ICTの専門家にインタビューし、創業期のシステム整備のメリットや注意点なども伺っていますので、こちらも参考にしてください。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ API Collectro DX Hogetic Lab SaaS SNS コレクトロ データ データクローラープラットフォーム データサイエンティスト データドリブン データ分析 プラットフォーム 予測 分析 収集 株式会社 蓄積 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

アレルギー対応をITで支援する「CAN EAT」が資金調達
2022年7月27日、株式会社CAN EATは、資金調達を実施したことを発表しました。 CAN EATは、飲食店向けの「アレルギー管理サービス」、会食ゲストのアレルギー情報を取得するためのWebサービ…
サブスク型マウスピース矯正「hanaravi矯正」運営の「DRIPS」が6,100万円調達
2020年6月30日、株式会社DRIPSは、6,100万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、ニッセイ・キャピタル株式会社です。 マウスピース歯科矯正サービス「hanaravi矯正」を…
プレスリリース配信「PR TIMES」とクラウドファンディングの「CAMPFIRE」が業務提携
2019年8月29日、株式会社PR TIMESは、株式会社CAMPFIREと、業務提携契約を締結したことを発表しました。 これにより、、2019年8月29日(木)から、CAMPFIREが運営するクラウ…
社会貢献型フード・シェアリング・プラットフォーム運営の「クラダシ」が長野県松本市と環境省モデル事業の実施を開始
2020年12月4日、株式会社クラダシは、長野県松本市と環境省モデル事業の実施を開始することを発表しました。 クラダシは、社会貢献型フード・シェアリング・プラットフォーム「KURADASHI」を運営し…
電気運搬船を開発する「パワーエックス」が41.5億円調達
2022年5月23日、株式会社パワーエックスは、総額41億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 電気運搬船「Power Ark」の開発や、大型蓄電池の製造・販売を展開しています。 「…

大久保の視点

「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」
2022年10月28日、「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」が閣議決定されました。 原材料価格の上昇や円安の影響などにより、エネルギー・食料品な…
(2022/11/4)
大手がスタートアップ買収で25%減税!創業手帳が背景を解説
大企業によるスタートアップ(新興企業)買収の際の法人税が軽減される方向で検討されている。既に、オープンイノベーション税制と言って買収ではなく、出資(増資)の…
(2022/10/9)
スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ