注目のスタートアップ

レアメタルリサイクルベンチャーの「エマルションフローテクノロジーズ」が4.5億円調達

company

2022年9月13日、株式会社エマルションフローテクノロジーズは、総額4億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

エマルションフローテクノロジーズは、原子力機構が開発した溶媒抽出技術“エマルションフロー”を活用した事業を展開するレアメタルリサイクルベンチャー企業です。

2021年6月3日に、原子力機構発ベンチャー企業として認定されています。

エマルションフローは、従来の溶媒抽出技術と比較し、低コスト・高効率・高純度な元素分離を可能にする技術です。

この技術をもとに、リチウムイオン電池に含まれるレアメタルの低コスト・低環境負荷・高純度な回収する技術を確立し、回収したレアメタルをハイテク産業で再び利用できるようにする水平リサイクルを実現することを目指しています。

今回の資金は、茨城県東海村に研究開発拠点を整備し、エマルションフロー装置のスケールアップ開発、プラント制御システム開発を加速します。

溶媒抽出法とは、水と油のように互いに混じり合わない液体において、液体への溶けやすさの違いを利用した物質の分離・濃縮方法のことです。

たとえば、水と油の場合、水には水溶性の成分が、油には油溶性の成分が溶けやすく、分離後に片方の液体を移し替えて蒸発させることで水/油に溶けた成分を取り出すことが可能です。

食用油、香料、レアメタル、ウランなどの濃縮・精製・抽出に利用されています。

従来の溶媒抽出法は、液体を混ぜる、置く、分離するという3つのプロセスが必要となります。一方で、エマルションフローは、送液という1つのプロセスで溶媒抽出を可能とする革新的な手法です。

これにより、従来の溶媒抽出法よりも装置が小さくなり、10倍の生産性を実現し、ランニングコストも抑えることが可能です。

さらに、分離・精製能力も高く、高純度な元素の精製(99.99%以上)、分離困難な元素(レアアースなど)の精製も可能です。

エマルションフローテクノロジーズは、いまだ実証段階にあるレアメタルのリサイクル技術においてエマルションフローを適用し、採算性を得られる低コストで高効率なレアメタルリサイクル技術を確立することを目指しています。

株式会社エマルションフローテクノロジーズのコメント

このニュースを受けまして、株式会社エマルションフローテクノロジーズ 代表取締役 鈴木裕士氏よりコメントが届きました。

・今回の資金調達の目的は何ですか?

今回の資金調達の目的は、研究開発拠点整備と技術開発の加速です。具体的には弊社からのプレスリリースにも記載しましたが、下記の通りとなります。

今回の調達資金をもとに研究開発拠点の整備とチーム強化を進めるとともに、エマルションフロー装置のスケールアップとプラント制御システム開発、リチウムイオン電池のリサイクル技術開発、そしてトータルサポート事業の拡大に取り組みます。

・今後の展望を教えてください。

上記の目的にも示したように、今回の調達資金を活用してエマルションフローの技術開発を加速し、実証実験を2023年度には開始、2024年までに商業プラントの受注を目指します。

・読者へのメッセージをお願いします。

私たちエマルションフローテクノロジーズは、これまでの地下資源を使い続けてきた線形経済から、「地上資源を未来永劫使い続ける完全循環型経済」の実現を目指し、エマルションフロー技術でその社会の実現を加速してまいります。

最先端の技術の開発には豊富な資金が必要となります。近年は事業化に時間がかかるにしても、大きな革新をもたらす技術に対して出資する投資家が多くなってきています。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど、資金調達に関するノウハウを詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ エマルションフロー エマルションフローテクノロジーズ リサイクル リチウムイオン電池 レアメタル 分離 利用 回収 技術 株式会社 溶媒抽出技術 産業 研究開発 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

空いた時間に働きたい人と人手が欲しい店舗・企業をつなぐワーク・シェアリング・サービス提供の「タイミー」が13.4億円調達
2020年9月14日、株式会社タイミーは、総額13億4,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 空いた時間に働きたい人と、すぐに人手が欲しい店舗・企業をつなぐワーク・シェアリング・アプリ「…
起業家と投資家をつなぐピッチ動画プラットフォーム「GoToPitch」がリリース
2021年6月24日、ScientistPage株式会社は、「GoToPitch」をリリースしたことを発表しました。 「GoToPitch」は、ピッチ動画作成・録画機能とマッチング機能を併せ持つ、登録…
B2C事業者のDXを支援する「UPBOND」が資金調達
2021年10月26日、株式会社UPBONDは、資金調達を実施したことを発表しました ノーコードのCRMツール「UPBOND Communication」、CIAMツール「UPBOND Identit…
LINEを活用したマーケティングツール「MicoCloud」提供の「Micoworks」が資金調達
2021年9月30日、Micoworks株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 LINEを活用したマーケティングツール「MicoCloud(ミコクラウド)」を提供しています。 LINEを軸…
法⼈向け後払いサービスなど提供の「Payment Technology」が投資用マンションの開発・販売・管理・仲介の「シーラ」と資本業務提携
2022年2月17日、株式会社Payment Technologyは、株式会社シーラと業務提携契約を締結したことを発表しました。 また、シーラの親会社である株式会社シーラホールディングスとは資本提携を…

大久保の視点

スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ