P2P保険プラットフォーム開発の「Frich」が「Plug and Play Japan」から日本初の資金調達

2019年9月18日、Frich株式会社は、Plug and Play Japanから資金調達することを発表しました。

Frichは、P2P保険プラットフォーム「Frich(フリッチ)」を開発しています。

2018年6月にPlug and Play Japanが主催するアクセラレーター・プログラム「Batch1」の「Insurtech部門」に採択されています。

Plug and Playは、シリコンバレーの本社を中心に、シード・アーリー・ステージのスタートアップに投資している、世界有数のベンチャー・キャピタル/アクセラレーターです。

Frichへの投資は、日本国内におけるPlug and Play Japanの投資第1号案件となります。

また、今後日本で本格的にスタートアップへの投資を行っていくことを発表しています。

Frich株式会社 代表取締役 富永源太郎氏のコメント

今回のニュースにつきまして、Frich株式会社 代表取締役 富永源太郎氏よりコメントが届きました!

富永源太郎
東京都出身。横浜市の観光協会に勤めた後、ANA及び全⽇空商事にてマイルビジネス、保険を含む⾮航空領域の事業開発に10年間従事。
ーこの事業を始めた経緯について教えてください。

富永:誰もが、かんたんで、無理なく、継続的に支え合えるような仕組みを創りたいというのが私の長年のテーマでした。P2P保険のコンセプトはまさにその想いを実現できる仕組みであったためです。

ー今回の資金調達について、どのような反響がありましたか?

富永:保険会社のみならず、VC、メディア、事業会社など、多岐にわたってお問合わせを頂戴しております。

ー今後どのような事業展開をしていきたいと考えているか、教えてください。

富永:不測の事態に備えて友人がお金を拠出しあい、万が一の事態が発生した人にはそこからお金を支払う、という従来型の保険サービスだけでなく、コミュニティ内の支え合いが機能化された新たなサービスを創りたいと考えています。

読んで頂きありがとうございます。最新号の創業手帳(冊子版)も併せて読んで見て下さい。
カテゴリ 有望企業
関連タグ Frich InsurTech Plug and Play Japan 資金調達

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

この記事のコメント

有望企業のピックアップニュース

大久保の視点

スタートアップと投資家向け教育・研修サービス「ケップルアカデミー」β版がリリース
2019年8月5日、株式会社ケップルは、「ケップルアカデミー(KEPPLE ACADEMY)」を開設し、同日から受講生の募集を開始したこと発表しました。 「…
(2019/8/7)
ニュース・アプリ運営の「スマートニュース」が米国事業の加速のために31億円調達
2019年8月5日、スマートニュース株式会社は、総額31億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、日本郵政キャピタルなどです。 スマートフォン…
(2019/8/7)
クラウド出張手配・管理サービス運営の「AIトラベル」が2億円調達
2019年8月5日、株式会社AIトラベルは、総額2億円の資金調達を実施したことを発表しました。 次世代クラウド出張手配・管理サービス「AI Travel」を…
(2019/8/7)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新のピックアップニュース

創業時に役立つサービス特集