注目のスタートアップ

空き情報プラットフォーム「VACAN」提供の「バカン」が資金調達

company

2021年10月27日、株式会社バカンは、資金調達を実施したことを発表しました。

IoT・AIを活用して店舗などの空き情報を収集・解析・配信するサービス「VACAN」を提供しています。

独自のAIアルゴリズムと、センサー・カメラなどを組みあわせることで、レストラン・街・カフェ・オフィス・トイレ・観光地・投票所・避難所など、様々な空間・領域の空き情報をリアルタイムに可視化します。

また取得した情報は、デジタルサイネージやスマートフォンなどに配信することで顧客・利用者に提供することができます。

今回の資金は、さらなる導入の加速や、顧客体験の向上を目的とした開発などに充当されます。

新型コロナウイルス感染症の流行により、様々な場所・空間で感染症対策が求められるようになりました。

感染症対策としては密集しないことが有効であるため、飲食店や商業施設では、混雑状況を可視化し掲示するニーズが高まりました。

また混雑状況が可視化されるということは、行列などを避けることもできるため顧客・利用者に大きなメリットがあります。

店舗・施設側としても顧客・利用者が分散されるため、負担が軽減されることもメリットとなっています。

「VACAN」は、飲食店や商業施設だけでなく、宿泊施設の大浴場に導入されたほか、群馬県館林市と災害発生時における避難所の混雑情報配信に関する協定を締結するなど、様々な領域で活用されています。

避難所の混雑状況の把握については、空いている避難所に誘導できるなど災害時のオペレーションの効率化につながるものであるため、今後も導入事例が増えていくと考えられます。

また、飲食店・商業施設の混雑状況についても、afterコロナでも需要があると考えられます。設備や席の最適化などへの活用もできるため、どのようにサービスが展開していくのか注目が必要です。

感染症などの危機はビジネスチャンスでもあります。しかしプロダクトの迅速なリリースには、自社の強みと弱みを把握しておく必要があります。「冊子版創業手帳」では、自社を分析するためのフレームワークを掲載しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ AI IoT VACAN バカン プラットフォーム 可視化 店舗 情報 株式会社 混雑 空き情報 空間 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

たこ焼きロボットなどの調理ロボット・サービス開発の「コネクテッドロボティクス」が8.5億円調達
コネクテッドロボティクス株式会社は、総額約8億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 飲食店のキッチンでの調理に特化したロボット・サービスを提供しています。 現在は、自動たこ焼き調理ロ…
宅食ボディメイクフードブランド「マッスルデリ」提供の「Muscle Deli」が2.5億円調達
2021年7月30日、株式会社Muscle Deliは、総額約2億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 宅食ボディメイクフードサービス「マッスルデリ」を提供しています。 ダイエットや…
農業支援・青果卸売事業展開の「Happy Quality」が1億円調達
2020年2月28日、株式会社Happy Qualityは、総額1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 農業における社会課題を、テクノロジーで解決するため、データドリブン農業の研究開発を行って…
リアル店舗向け顧客管理/販売促進プラットフォーム「toypo」提供の「トイポ」が資金調達
2021年7月29日、株式会社トイポは、資金調達を実施したことを発表しました。 リアル店舗向け顧客管理/販売促進プラットフォーム「toypo」を提供しています。 アプリを通じて、スタンプカードや、クー…
独自開発有機培土と高機能環境制御ハウスにより高糖度ミニトマトを生産・販売する「OSMIC」が「三菱地所」と資本業務提携
2021年10月19日、株式会社OSMICは、三菱地所株式会社と資本業務提携に合意したことを発表しました。 これにより、三菱地所とOSMIC創業者を引受先とした第三者割当増資により、総額約12億5,0…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ