病気を治療するアプリ開発の「キュア・アップ」が22億円調達

株式会社キュア・アップは、総額22億円の資金調達を実施したことを発表しました。

高度なソフトウェア技術と医学的エビデンスに基づいた、疾患治療用プログラム医療機器「治療アプリ」を開発しています。

現在、禁煙支援の「ascure(アスキュア)卒煙プログラム」と、特定保健指導対応の「ascure STEPS(生活習慣改善プログラム)」を提供しています。

<創業手帳の創業者・大久保幸世の視点>
起業に挑戦する医師が増えている

創業手帳の相談者でも、最近、社会課題に挑戦する医師が増えている。優秀なだけでなく社会課題の意識がある若手医師がチャレンジするケースが多い。ちなみに、医師の起業は社会課題に対する思いや、専門知識の高さに対して、消費者側に物売りのスキルや、マーケターの経験が弱点のケースが多いので、調達および採用でカバーするケースが多い。いずれにしても、大きめの調達が必要なケースが多く、従来は資金的に難しかったところが、資金の流入で医師が起業にチャレンジしやすい環境が整ってきたと言える。

日本の医師が起業に挑戦する背景として

・高齢化で患者増加 国家財政の逼迫
・医師不足、そこから来る過重労働
・テクノロジーの進展で従来不可能だったことが可能になりつつある
・それを実現するための資金調達手段が発達

などが上げられる。
今後、一人の医師として医療に携わるだけでなく、そこで得た経験、問題意識からスタートアップにチャレンジする医師も増えてくるだろう。

読んで頂きありがとうございます。最新号の創業手帳(冊子版)も併せて読んで見て下さい。

解説者紹介

大久保幸世 創業手帳 株式会社 代表取締役

大手ITベンチャー役員で、多くの起業家を見た中で「創業後に困ることが共通している」ことに気づき会社のガイドブック「創業手帳」を考案。現:創業手帳を創業。ユニークなビジネスモデルを成功させた。印刷版は累計100万部、月間のWEB訪問数は起業分野では日本一の100万人を超え、“起業コンシェルジェ“創業手帳アプリの開発や起業無料相談や、内閣府会社設立ワンストップ検討会の常任委員や大学での授業も行っている。毎日創業Tシャツの人としても話題に。

創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら
カテゴリ 有望企業
関連タグ アプリ スタートアップ 医療 大久保幸世 技術 株式会社 調達 資金調達

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

この記事のコメント

有望企業のピックアップニュース

大久保の視点

スタートアップと投資家向け教育・研修サービス「ケップルアカデミー」β版がリリース
2019年8月5日、株式会社ケップルは、「ケップルアカデミー(KEPPLE ACADEMY)」を開設し、同日から受講生の募集を開始したこと発表しました。 「…
(2019/8/7)
ニュース・アプリ運営の「スマートニュース」が米国事業の加速のために31億円調達
2019年8月5日、スマートニュース株式会社は、総額31億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、日本郵政キャピタルなどです。 スマートフォン…
(2019/8/7)
クラウド出張手配・管理サービス運営の「AIトラベル」が2億円調達
2019年8月5日、株式会社AIトラベルは、総額2億円の資金調達を実施したことを発表しました。 次世代クラウド出張手配・管理サービス「AI Travel」を…
(2019/8/7)
製造業向けインターネット・サービス提供の「アペルザ」が12億円調達
2019年7月31日、株式会社アペルザは、総額約12億円の資金調達を実施したことを発表しました。 メーカー横断で製品情報を検索できる製造業向けカタログ・ポー…
(2019/8/6)
クラッソーネが施主と解体⼯事会社のマッチング・一括見積りサービス「くらそうね」β版を提供開始
解体工事・外構工事の3社一括見積もりサービスを運営する株式会社クラッソーネが、新サービス「くらそうね」β版を8月1日より愛知県限定で提供開始しました。 「く…
(2019/8/2)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新のピックアップニュース

創業時に役立つサービス特集

創業手帳冊子版(無料)