「スカイランドベンチャーズ」が共同投資プログラム「SVコインベスタープログラム」を開始

tips

2019年7月11日、スカイランドベンチャーズ株式会社(SV)は、「SVコインベスタープログラム」を開始したことを発表しました。

また、スカイランドベンチャーズのベンチャー・パートナーとして、株式会社キープレイヤーズCEOの高野秀敏氏が参画することも発表しました。

「SVコインベスタープログラム」は、SVから推薦のあった、SV投資先全社に対して投資を行う、共同投資プログラムです。

SVは、U25のシード・スタートアップ投資をメインに行う、ベンチャー・キャピタルです。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。

大久保の視点

人材と投資で有名な高野氏と若者向け投資で有名な木下氏のコラボ。

コインベスト、共同投資、つまり一緒に投資をするというのは、ベンチャー投資の世界では現実によくある(Aさんが出すのでBさんも出す)。ここまでコンセプトを整理して制度化しているのは珍しいのでは。リスクが高い案件に対して、複数の人が投資することで、資金の提供力が増す他、投資家が起業家に提供できるネットワーク、知見が増える。VC(ファンド)の場合、LPとGPにわかれており、お金だけ出すLP(例えば大企業、資産家)、管理・運営するGPは管理報酬をもらう仕組みになっている。LPのお金をGPが集約するのが一般的なVCの仕組みだ。
今回のコインベストは、GPを経由するのではなく、お金の出し手(従来のLP)が直接、一緒に投資するというのが違う点になる。柔軟性が増す、管理コストが下がるということと、投資家から起業家への支援がよりダイレクトになる、広がりやすい、などの特徴があるように思う。VC、投資家サイドからすると、CVC、大企業からスタートアップへの投資が増えて、資金供給が多くなっている分、ファンドで資金を抱え込むより、こうしたスキームの方が動きやすいのかもしれない。いずれにしてもスタートアップ、起業家にとってはプラスになる動きと言える。

解説者紹介

大久保幸世 創業手帳 株式会社 代表取締役

大手ITベンチャー役員で、多くの起業家を見た中で「創業後に困ることが共通している」ことに気づき会社のガイドブック「創業手帳」を考案。現:創業手帳を創業。ユニークなビジネスモデルを成功させた。印刷版は累計200万部、月間のWEB訪問数は起業分野では日本一の100万人を超え、“起業コンシェルジェ“創業手帳アプリの開発や起業無料相談や、内閣府会社設立ワンストップ検討会の常任委員や大学での授業も行っている。毎日創業Tシャツの人としても話題に。

創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら
カテゴリ トレンド
関連タグ CVC VC お金 コンセプト スタートアップ ネットワーク ファンド 制度 創業 創業者 資産 起業家
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

トレンドの創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

スタートアップ企業向けグロース支援プログラム「RAPID GROWTH PROGRAM」が提供開始
2021年11月11日、株式会社Bloom&Co.は、「RAPID GROWTH PROGRAM」を本格的に提供開始することを発表しました。 「RAPID GROWTH PROGRAM」は、ジャフコグ…
シリコンバレー生まれの小学生から学べる起業家教育プログラム「BizWorld」が日本上陸
2021年6月7日、IKIRU合同会社は、BizWorld.orgの日本代理店として独占契約し、「BizWorld」の提供を開始することを発表しました。 「BizWorld」は、アメリカ・シリコンバレ…
スタートアップ支援プログラム「S.C.A.L.E.」が始動 9/21にメンタリングDAYが開催
2019年8月29日、F Ventures LLPは、ベンチャー・キャピタリストの松永将幸氏(株式会社FFGベンチャービジネスパートナーズ在籍)と渡辺麗斗氏(株式会社ドーガン・ベータ在籍)と共同し、「…
「Showcase Capital」が投資家とスタートアップをプレゼン動画でつなぐサービス「Smart Pitch」をリリース
2020年5月1日、株式会社ショーケースの子会社である株式会社Showcase Capitalは、「Smart Pitch(スマートピッチ)」を2020年5月1日にリリースしたことを発表しました。 「…
アート作品の共同保有プラットフォーム運営の「ANDART」が2.8億円調達
2021年9月13日、株式会社ANDARTは、総額2億8,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 アート作品の共同保有プラットフォーム「ANDART(アンドアート)」とアート作品のオンライ…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ