中小機構アクセラレーションプログラム「FASTAR」2023年度第9期公募 5/31締切

subsidy

独立行政法人中小企業基盤整備機構は、中小機構アクセラレーションプログラム「FASTAR」の2023年度第9期の参加企業の募集を開始したことを発表しました。

「FASTAR」は、中小機構のリソースを活用したアクセラレーションプログラムです。

専門家(専任パートナー)による約1年間の伴走支援型メンタリングによって事業計画をブラッシュアップし、VCからの資金調達や大企業との事業提携に向けたマッチングを促進することで、スタートアップの成長加速化をサポートします。

支援対象

グローバル規模での社会課題解決や、成長産業の変革を目指している一方、下記のような悩みを抱えているスタートアップまたは起業予定の個人。
・経営課題への助言を受けられる外部人材が周囲にいない
・プロダクト・サービスの実証や拡大のために必要な連携プレイヤーへのアプローチ手段がない
・資金調達先を探すためのリレーションがない
・研究開発起点での事業創出を目指しているが、ビジネスのナレッジが不足している
・資本政策を含め、事業計画を見直したい

プログラム内容

・メンタリング:伴走メンタリングによる事業計画策定支援
・セミナー:参加企業のニーズが高いセミナーを実施(テーマ例:資金調達、知財戦略)
・デモデイ:資金調達や協業創出に向けた、VCや大企業等とのマッチング支援
・卒業後も連携サポート:支援情報やイベント情報など、有益な情報を発信

募集期間

・2023年5月1日(月)~2023年5月31日(水)必着


アクセラレーションプログラムとは、シード期やシード期以降のスタートアップなどに対し、一定期間、資金・ノウハウ・ネットワークなどのリソースを提供し、短期的な成長を促す支援プログラムです。

中小機構の「FASTAR」は、ユニコーン、IPO、地域を担っていく中核企業を創出することを目的に、その予備軍となるスタートアップを支援しています。

これまでの支援実績としては、ものづくり、ロボット、エネルギー、IT、ヘルスケア、医療、創薬などと多様です。

2019年度の開始からこれまで計8回の募集を実施し90社を採択しています。参加企業においては、累計約60億円の資金調達の実績があります。

これまで採択された事業者はHPから確認できるため、どのように成長につなげているのか確認することができるでしょう。

アクセラレータープログラムなどでは、他企業との協業もメリットです。自社にはないリソースを活用できるため、ビジネスを大きく成長させることもできるはずです。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」では、協業できる会社を見つけるための一歩として、人脈を作るためのノウハウを詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 公募
関連タグ FASTAR アクセラレーション アクセラレーションプログラム アクセラレーター スタートアップ 中小企業基盤整備機構 中小機構 公募 起業家
詳細はこちら

2023年度公募(9期)|FASTAR 中小機構のアクセラレーション事業|中小機構

創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

公募の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

【2/15開催】ワークショップ「パラレルキャリアはじめの一歩~30%のチカラでも続けられるパラレルキャリア~」
独立行政法人中小企業基盤整備機構が運営する学びの場、TIP*Sが主催する「パラレルキャリアはじめの一歩~30%のチカラでも続けられるパラレルキャリア~」が開催されます。 パラレルキャリアを実践している…
コロナ特需はDXだけじゃない、家電製品や家具/建売住宅まで
コロナ騒動が日本に波及して早半年。新型コロナウイルスの流行により、観光や外食など、多くの産業が打撃を受けています。その一方、外出自粛・在宅勤務に伴う特需に湧く産業もあります。今日は、コロナ禍を追い風に…
「小規模事業者持続化補助金(災害支援枠)」公募開始
独立行政法人中小企業基盤整備機構は、「小規模事業者持続化補助金」において新たに「災害支援枠」を設け、その公募を開始したことを発表しました。 「小規模事業者持続化補助金」は、中小企業・小規模事業者の働き…
第23回「女性起業家大賞」募集開始・創業期の女性経営者を表彰
2024年1月15日、全国商工会議所女性会連合会(全商女性連)と日本商工会議所は、第23回「女性起業家大賞」の募集を開始したことを発表しました。 「女性起業家大賞」は、女性ならではの視点で革新的・創造…
「荷主企業における物流効率化に向けた先進的な実証事業」2次公募
経済産業省は、「荷主企業における物流効率化に向けた先進的な実証事業」の2次公募の申請受付を開始したことを発表しました。 荷主企業の物流施設の自動化・機械化に資する機器・システムの導入等に係る費用を補助…

大久保の視点

IVSの進化・IVS京都2024現地レポート&島川敏明代表インタビュー
今年のIVSは何が違うのか スタートアップの代表的なイベントである「IVS(アイブイエス)」が、7月4日から6日まで京都市で開催されました。IVSの中で実施…
(2024/7/6)
「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」優勝は物流自動化のRENATUS ROBOTICS安藤 奨馬さん:賞金1000万円獲得!
日本最大級のピッチコンテスト「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」が2024年7月5日(金)に開催されました。 優勝(スタートアップ京都国際賞)…
(2024/7/5)
5/30史上初の野音起業フェス優勝は!宇宙ビジネスのBULL宇藤 恭士さん
2024年5月30日、創業手帳主催で野音起業フェスを実行しました。 ショートプレゼン大会「ライトニングトーク東京」を開催いたしました。 このイベントは、オン…
(2024/5/30)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】