オンライン結婚式準備サービス運営の「リクシィ」が1.6億円調達

2019年4月8日、株式会社リクシィは、総額約1億6,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

オンライン結婚式準備サービス「Choole(チュール)」を運営しています。
ウエディングドレス、ヘアメイクなどの必要なアイテムを自分の好みで選んだ上で、結婚式場を決められるサービスです。

株式会社リクシィ 代表取締役社長 安藤 正樹氏のコメント

今回のニュースについて、株式会社リクシィの代表取締役社長 安藤 正樹氏より、コメントが届きました!

安藤 正樹(あんどう まさき)
2003年京都大学法学部卒業。2001年より創業メンバーとして参画している株式会社ドリコム(インターネット関連事業) で、営業担当取締役として、新規事業の立上げ、事業拡大、営業部門のマネジメント全般を担当し、東証マザーズ上場に貢献する。 2009年4月、株式会社エスクリ(ブライダル事業) に入社し、東証マザーズ上場を経験後、結婚式場の責任者、マーケティング部門の責任者を経て、取締役事業本部長に就任し、東証一部指定替に貢献する。その後、常務取締役として事業部門を管掌し、結婚式場30施設、内製部門、新規事業、HRを統括し、売上262億円/ 社員数1023名の規模(連結)へと成長させた。2016年5月、株式会社リクシィを創業。
ー起業に至ったきっかけについて教えてください。

安藤:学生時代にIT企業ドリコムの創業メンバーとして取締役になり、マザーズ上場まで経験しました。その後、ブライダル事業を手がけるエスクリでリアルの結婚式事業の責任者を務めて、一部上場を経験しました。

その際に、結婚式のもつポテンシャルを感じながらも、結婚式をしない人が増えており、業界構造についての課題の大きさを感じました。
「誰かが変えなければならない、それをできるのは、ネットもリアルも知っている自分しかいない。」
そう考えたのが起業のきっかけでした。

ー今回の資金調達の目的はなんでしょうか?

安藤:今回の資金調達で「Choole(チュール)」の中長期的なサービス運営体制を強化します。
それにより、画一的と言われる結婚式の多様化を進め、選択肢を増やし、自分達に合う結婚式が見つかってスムーズに手に入る状態をつくりたいと思います。

ー今回の資金調達について、反響はありましたか?

安藤:企業のみならず、結婚式を考える一般のお客様からも問い合わせを多数頂戴できております。

ー今後の展開について、教えてください。

安藤:Chooleの成長、他にも展開している「gensen wedding」、「リクシィキャリア」の成長を図りながら、シリーズAの調達なども見越して、会社を成長させたいと思います。

カテゴリ 有望企業
関連タグ AI関連のニュース 女性目線関連のニュース

有望企業のピックアップニュース

注目のニュース

最新のピックアップニュース

創業手帳Webへの記事掲載をご希望の方はこちらからお問い合わせください

記事を掲載したい方はこちら

創業時に役立つサービス特集

創業手帳冊子版(無料)