画像認識技術の「アジラ」が資金調達

2019年4月1日、株式会社アジラは、資金調達を実施したことを発表しました。

ディープラーニング技術を活用した高度な画像認識技術を保有しており、この技術を活用し、車両の画像から、メーカー・車種を認識する“車両認識AI”や、不適切画像フィルター「Maria」、定型・非定型の手書き文字・活字を認識する「ジジラ」を提供しています。

株式会社アジラ 代表 木村 大介氏よりコメントが届きました!

今回のニュースについて、株式会社アジラ 代表の木村 大介氏より、コメントが届きました!

木村 大介(きむら だいすけ)
1976年長野生まれ。NTTグループにてR&D業務に従事、米国SIGGRAPH、Search Engine StrategiesにWebサービスを出展するとともに、金融機関においてグリーンITを主体とする全社的なCSR(企業の社会的責任)活動を推進。2011年から株式会社ぐるなびにて事業部のシステム統括兼SEOを担当し、Webマーケティングを経験したのちに、高度技術者を求めてベトナムに渡り、ハノイ市においてビッグデータ分析チームを立ち上げ。その後、2015年6月にディープラーニング・テクノロジーを主要技術とした株式会社アジラ設立。
ー起業の経緯について教えてください。

木村:2015年、ディープラーニングのポテンシャルにいち早く気付いた創業データサイエンティストメンバーによる、東証一部企業からのスピンアウトです。
当該企業様(主に社長)の後ろ盾によって、創業期を生き長らえました。

ー今回の資金調達の目的はなんでしょうか?

木村:事業拡大に向けたAI開発体制の強化です。
具体的にはAI人材の採用、計算リソースの確保及び、技術と営業スキルを持つビジネスチームの組成です。

ー今回の資金調達について、反響はありましたか?

木村:4/1新元号の発表、エイプリルフールコンテンツに紛らわせて、あまり盛大に拡散しないように心がけています。

いまのところ反響は主に関係者、クライアント、ビジネスパートナーからご連絡を頂いているレベルです。日本法人のほうは、クライアントからの信頼感を強めるのが目的ですのでこれで十分だと考えております。

逆に、これから流す海外のプレス配信は「IT技術者の採用」を目的としているのでインパクト重視で行う予定です。

ー今後の展開について、教えてください。

木村:まずは、軌道に乗ったAI-OCR「ジジラ」の売上拡大です。国内とASEANを視野に入れてビジネス展開して参ります。

次に、当社独自の技術である行動認識技術のプロダクト化です。
こちらは国内4件の特許を申請・取得中で、国外への取得も視野に入れ、様々な国での展開を考えています。

さらに、第三の矢となる基礎技術の研究を継続して行っています。

カテゴリ 有望企業
関連タグ AI関連のニュース

有望企業のピックアップニュース

注目のニュース

最新のピックアップニュース

創業手帳Webへの記事掲載をご希望の方はこちらからお問い合わせください

記事を掲載したい方はこちら

創業時に役立つサービス特集

創業手帳冊子版(無料)