「シンプレクス」と「Smart Contract Systems」が仮想通貨関連のジョイントベンチャーを設立

シンプレクス株式会社と、株式会社Smart Contract Systemsは、平成30年5月を目処に、ジョイントベンチャーを設立することに合意したことを発表しました。

設立するジョイントベンチャーは、仮想通貨市場に流動性を提供する機関投資家などのリクイディティプロバイダを対象とした、仮想通貨取引プラットフォームを提供します。

シンプレクスは、金融機関の収益業務に関わるシステムのコンサルティング業務や、システム開発業務、保守・運用業務を展開しています。

Smart Contract Systemsは、イーサリアムエコシステムの開発に関するサービスなどを展開しるスマートコントラクト株式会社の100%子会社です。

暗号通貨市場における電子取引プラットフォームの構築や、暗号通貨取引の注文管理/執行管理ソリューションの考案などを展開しています。

カテゴリ トレンド
関連タグ 仮想通貨関連のニュース 新規事業関連のニュース

トレンドのピックアップニュース

注目のニュース

最新のピックアップニュース

創業手帳Webへの記事掲載をご希望の方はこちらからお問い合わせください

記事を掲載したい方はこちら

創業時に役立つサービス特集