注目のスタートアップ

株式会社テーブルクロス 城宝薫 | 「食×体験」訪日旅行者に向けたプラットフォームで注目の企業


「食×体験」をコンセプトに展開する、訪日旅行者に向けたプラットフォームで注目なのが城宝薫さんが2014年に創業した株式会社テーブルクロスです。

訪日旅行者向けのワンストップフードプラットフォーム「byFood.com」、国内向けのモバイルアプリ「Tablecross」の運営や、YouTubeなどを活用して日本の食文化や日本各地での魅力的な情報を発信しています。

また「byFood.com」を通じた取引に対して、利益の一部を途上国の子供たちのために寄付をする取り組みについても注目されています。

株式会社テーブルクロスに、事業の特徴や今後の課題についてお話をお聞きしました。

・このプロダクトの特徴は何ですか?

当社が運営する「byFood.com(バイフードドットコム)」は、「食×体験」をコンセプトに展開する、訪日旅行者に向けたプラットフォームです。

食体験の予約や、レストラン予約サービスを提供し、「日本滞在中の食については、byFoodを見たら問題ない!」と感じていただけるようなワンストップサービスを目指しています。

また、byFoodで予約を行うことで、収益の一部を慈善団体に寄付し、途上国の子どもたちに給食を届けることができるのも、特徴のひとつです。

さらに、YouTubeチャンネル「Japan by Food」 とグルメブログを運営しており、旅行好きな海外の方々が日本の食文化を学び、日本各地での魅力的な情報を学ぶことができます。

・どういう方にこのサービスを使ってほしいですか?

訪日旅行者の皆さんをはじめ、日本の食に興味のある方々に見ていただき、実際に体感していただくことで、日本の食への興味をさらに深めていっていただければ嬉しいです。

ミシュランのお鮨屋さんとコラボしたbyFoodオリジナル商品なども展開しているので、ここでしか味わえない体験をしてみたい!という方にご利用いただきたいです。

・このサービスの解決する社会課題はなんですか?

byFood.comから予約すると、手数料・広告費の一部が世界中の子どもたちの給食費に充てられます。これまでに30万食を超える給食を途上国の子どもたちに届けることができました。

また、日本各地の地場の食産物を通じて体験商品を作り出すほか、持続可能な飲食店および地域開発を行い、地域の認知度拡大、観光客の誘致支援を実施することにより、分散化社会へのシフトに貢献します。

さらには、昨今のコロナ禍を受け、三密を避けた旅プランの提供、その体験を通して、一生の思い出に残る時間を過ごしていただける、そんなサービスを目指しています。

・創業期に大変だったことは何でしょう?またどうやって乗り越えましたか?

日本各地の情報を取り扱うプラットフォームを創出するために、ローカルマーケティングが多岐に渡ること、そして、日本全国にコネクションを作ることに苦労しました。

ですが、その都度自分たちのミッションを全力でぶつけに行ったことにより、私たちの想いに共感していただき、手を差し伸べてくださる方が必ずいらっしゃったので乗り越えることができました。

・どういう会社、サービスに今後していきたいですか?

「食」の秘めている可能性は無限大にあると感じています。

地域資源である食文化は、体験をはじめ、エンタメ、スポーツ、観光などと掛け合わせることによって、コト消費・トキ消費を創出し、一生の思い出に残る体験へと変わります。

地域の方々と連携し、最大限の価値を生み出すことによって、たくさんの人々に幸せを感じていただきたい。世界一のフードエンターテイメントカンパニーになることが、大きな目標です。

・今の課題はなんですか?

当社の在籍スタッフはほぼグローバル人材です。

お客様は日本の飲食店や企業の方々のため、外国籍スタッフでは、日本語でのやりとりに少し不安があることも。

事業拡大真っ只中の今、国内向けの支援ができるメンバーを集めることが直近の課題です。

・読者にメッセージをお願いします。

日本には、眠っている「食」の資源がたくさんあります。

日本各地に存在する「食」の素晴らしさを世界各地の人々に届けることで、食を通じた地域創生を行いたい。日本を「食」で元気にすることが、私の想いです。

想いを形にするために邁進すること、共感してくれる仲間との出会いを大切にすること、その積み重ねで今があると信じています。

会社名 株式会社テーブルクロス
代表者名 代表取締役 城宝薫
創業年 2014年
住所 東京都中央区銀座1-22-11 銀座大竹ビジデンス 2F
社員数 12名
資本金 1,000万円
サービス名 byFood.com(バイフードドットコム)
事業内容 ・レストラン予約モバイルアプリ「テーブルクロス」の運用(日本語)
・訪日外国人観光客向けワンストップフードプラットフォーム「byFood.com」の運営
・飲食店向けマーケティング・コンサルティング
・フードエクスペリエンスの創造と商品開発のコンサルティング
・海外でのプロモーション(映像制作、インフルエンサーマーケティングなど)
・企業向けソフトウェア開発(モバイルアプリケーション、Webサイトなど)
読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ ESG サスティナブルツーリズム テーブルクロス 地方分散化支援 城宝薫 持続可能な開発
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

不動産の脱炭素とESG価値創出を実現する「EaSyGo」運営の「GOYOH」が資金調達
2021年10月26日、株式会社GOYOHは、資金調達を実施したことを発表しました。 不動産の脱炭素とESG価値創出を実現するサービス「EaSyGo」を提供しています。 ESGに即した不動産の活用方法…
GHG排出量算定・可視化クラウドサービス提供の「ゼロボード」が「東芝デジタルソリューションズ」と協業開始
2022年2月4日、株式会社ゼロボードは、東芝デジタルソリューションズ株式会社と、製造業や電力会社などの企業や自治体を対象にしたGHG(温室効果ガス)排出量算定・可視化サービスの協業開始について基本合…
猫の活動データを記録する首輪型デバイス「Catlog」展開の「RABO」が13.2億円調達
2022年4月6日、株式会社RABOは、総額約13億2,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 また、衛生用品大手のユニ・チャーム株式会社と、トイレ製品開発、フード開発、海外展開事業などを…
国際組織が企業に脱炭素に向けた行動計画の開示を求める指針を発表
2021年10月14日、主要国の金融組織によって構成される金融安定理事会(FSB)は、脱炭素に向けた行動計画の開示を企業に求める新指針を発表しました。 金融安定理事会によって設置された気候関連財務情報…
Frich株式会社 富永源太郎|P2P互助プラットフォームの事業展開が注目の企業
P2P互助プラットフォームの事業展開で注目なのが富永源太郎さんが2018年1月に創業したFrich株式会社です。 P2Pとは「Peer-to-Peer(ピアトゥピア)」の略称で、端末がサーバを介さず端…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ