注目のスタートアップ

不動産の脱炭素とESG価値創出を実現する「EaSyGo」運営の「GOYOH」が資金調達

company

2021年10月26日、株式会社GOYOHは、資金調達を実施したことを発表しました。

不動産の脱炭素とESG価値創出を実現するサービス「EaSyGo」を提供しています。

ESGに即した不動産の活用方法・選択肢のテナントや利用者への提供、不動産のESG/SDGsインパクトを可視化・定量化するツールの提供、グローバル投資家へのESG/SDGsの効果の開示・アピールにより、不動産の価値をESGの観点から高めるサービスです。

今回の資金は、人材採用や、さらなる機能開発、海外向けバージョンの開発、サービス提供チャネルの拡大などに充当されます。

世界の平均気温は長期的にみて上昇傾向にあります。このまま地球温暖化が進むと今世紀末には地球の平均気温が最大で約4.8℃も上昇してしまうという予測もあります。

気候変動に対応するためには、国などの政府機関だけでなく企業による取り組みも必須です。

このようなことから、世界では環境・社会・ガバナンス要素を考慮して投資先を決定するESG投資が盛んとなってきています。

もちろん投資の対象は企業だけでなく不動産も同様であるため、不動産の領域においてもESGやSDGsの取り組みが重要です。

また不動産は環境・社会の観点から社会課題の解決に貢献できるポテンシャルがあるため、政府においてもESG不動産投資を推進しようとする動きがみられます。

投資側からすると、データ・数値は定量化されているほうがわかりやすく望ましいため、不動産オーナー等はESG施策を実施する際は、「EaSyGo」のようなサービスを活用することで可視化・定量化し、投資家に発信していく必要があるでしょう。

不動産として新たな価値が生まれはじめているということでもあるため、最新の情報をチェックし時代の流れにおいていかれないようにすることが肝心です。

ESG投資などの登場など、以前の資金調達状況とは大きな変化が訪れています。「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受ける方法など、資金調達のノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ EaSyGo ESG GOYOH SDGs 不動産 不動産テック 可視化 株式会社 脱炭素
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

検索しない検索エンジン「aics」開発の「Manifold」が資金調達
2020年3月31日、Manifold株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 検索しない検索エンジン「aics」を開発しています。 タイムライン形式で、受動的・自動的に情報収集を行うことが…
「SOICO」がベンチャー向け融資・助成金の調達代行サービスを開始
2020年4月10日、SOICO株式会社は、ベンチャー企業経営者向けに融資・助成金の調達代行サービスを開始したことを発表しました。 このサービスは、新型コロナウイルス感染症拡大の影響による資金繰り悪化…
「アルトア オンライン融資サービス」のオンライン本人確認「eKYC」がAndroidに対応
2020年3月16日、オリックス株式会社および弥生株式会社が共同で設立した、アルトア株式会社は、「アルトア オンライン融資サービス」におけるオンライン本人確認「eKYC」においてAndroidに対応し…
脳ドック用ソフトウェア提供の「CogSmart」が3.5億円調達
2022年1月6日、株式会社CogSmartは、総額3億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 脳ドック用ソフトウェア「BrainSuite(ブレーン スイート)」を提供しています。 …
生産者の顔が見える再生可能エネルギーを個人・法人に提供する「みんな電力」が15億円調達
2020年10月26日、みんな電力株式会社は、総額15億円の資金調達を実施したことを発表しました。 生産者の顔が見える再生可能エネルギーを個人に提供する「顔の見える電力」や、法人向けに再エネ電力を提供…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ