注目のスタートアップ

CO2排出量可視化・削減・報告クラウドサービス「ASUENE」を提供する「アスエネ」が資金調達

company

2024年6月14日、アスエネ株式会社は、シリーズCラウンドの1stクローズとして、42億円の資金調達を実行することを発表しました。

今後の2ndクローズを合わせて50億円の調達を予定しています。シリーズCまでの投融資における累計資金調達額は101億円になります。

アスエネは、CO2可視化・削減・報告クラウドサービス「ASUENE(アスエネ)」の提供や、ESG評価クラウド「ASUENE ESG」の提供、カーボンクレジット・排出権取引所「Carbon EX」の運営などを行っています。

また、シンガポールにASUENE APAC、アメリカにASUENE USAを設立し、海外顧客の獲得、海外パートナーと業務提携を進め、グローバルにビジネスを展開しています。

今回の資金調達により、以下の取り組みを進めます。
・積極的な最良人材の採用(営業、マーケティング、開発、新規事業開発、M&Aなど)
・製造業などの大企業との出資提携による営業・マーケティングの拡大
・生成AI・LLMへの技術投資・開発部隊の拡大
・M&Aによる非連続な成長の追求
・アジア・アメリカなどのグローバル展開の強化など
・さらなる新事業の展開


世界的な気候変動対策として、CO2(二酸化炭素)を中心とした温室効果ガス(GHG)削減の動きが各国で加速しています。

とくに大企業に対しては、自社の温室効果ガス削減だけでなく、サプライチェーン全体の排出量削減が求められています。しかし、企業の規模が大きくなるほどサプライチェーンは複雑になり、従来の方法ではサプライチェーン全体の排出量を把握するのが難しいという課題があります。

このような背景から、サプライチェーン排出量を算定するツールやシステムのニーズが高まっています。

アスエネは、サプライチェーン排出量の可視化・削減・報告クラウドサービス「ASUENE」の提供を通じ、企業の温室効果ガス排出削減を支援しています。

排出量の可視化だけでなく、削減のためのコンサルティングや、国際イニシアチブ(RE100、SBTi、TCFDなど)や温対法の各種報告レポートの自動生成など、脱炭素化にワンストップで対応していることを特徴としています。

また、環境対策は世界的な課題であるため、これらのツールやシステムには海外でも高い需要があり、海外拠点の設立や海外企業との業務提携などによりグローバルに事業を進めています。

企業・事業の成長には戦略的な資金調達やシナジーのある企業との提携が重要です。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ BtoB CO2排出量 ESG GHG SDGs アスエネ カーボンニュートラル クラウドサービス サプライチェーン排出量 シンガポール 再エネ 削減 可視化 排出量 株式会社 温室効果ガス 環境対応 脱炭素化 脱炭素経営 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

複業マッチング・プラットフォーム運営の「Another works」が1.6億円調達
2021年4月16日、株式会社Another worksは、総額1億6,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 複業マッチング・プラットフォーム「Another works」を運営・開発し…
需要予測AI開発の「New Innovations」が7,000万円調達
2019年7月30日、株式会社New Innovationsは、総額7,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 また、世界初となる需要予測AI搭載無人カフェ・ロボット「√C(ルートシー)」…
アニメーション作品の企画制作プロダクション「ツインエンジン」が資金調達
2022年8月29日、株式会社ツインエンジンは、資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、中国・深セン市の大手IT・ネットサービス企業テンセント社、電子書籍プラットフォーム「めちゃコミック」を…
災害情報システム「Spectee Pro」を提供する「Spectee」が「インフォコム」と資本業務提携
2023年6月2日、株式会社Specteeは、インフォコム株式会社と資本業務提携を締結したことを発表しました。 Specteeは、災害情報システム「Spectee Pro(スペクティプロ)」を提供して…
「TABETE」展開の「コークッキング」が「茨城県」とフードロス削減に向けた連携協定を締結
2021年8月2日、株式会社コークッキングは、茨城県と、「食品ロス削減に向けた連携協定」を締結したことを発表しました。 コークッキングは、フードシェアリングサービス「TABETE(タベテ)」を運営して…

大久保の視点

世界最大級のビジネスコンテスト・スタートアップワールドカップ東京大会優勝はDigital Entertainment Asset山田耕三さん
世界最大級のビジネスコンテスト「スタートアップワールドカップ」の東京予選である「TOKYO REGIONAL 2024」が、2024年7月19日(金)に開催…
(2024/7/19)
IVSの進化・IVS京都2024現地レポート&島川敏明代表インタビュー
今年のIVSは何が違うのか スタートアップの代表的なイベントである「IVS(アイブイエス)」が、7月4日から6日まで京都市で開催されました。IVSの中で実施…
(2024/7/6)
「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」優勝は物流自動化のRENATUS ROBOTICS安藤 奨馬さん:賞金1000万円獲得!
日本最大級のピッチコンテスト「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」が2024年7月5日(金)に開催されました。 優勝(スタートアップ京都国際賞)…
(2024/7/5)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】