【9月6日】起業家むけ「気になるニュース」まとめ

9月6日のニュースの中から、起業家がチェックしておきたいニュースをまとめました。

教育機関のIT化進む スタートアップにもチャンス

学校教員の業務をIT化する動きが広がっています。教員の勤怠情報や児童・生徒のデータをICカードで管理するサービス(内田洋行)、月間予定や職員の名簿を監理できるサービス(サイボウズ)など。
教育機関は一般企業に比べて、勤怠の管理などIT化の進みが遅いと言われており、働き方改革がようやく進み始めています。

教育領域の効率化を図るサービスは、新興企業にとってもチャンスがある分野です。例えば、7月に開催された第119回かわさき起業家オーディションで登壇した株式会社ICは、教育者向けの教材集約サイト「Ecommons」の開発・運用で教員の教材づくりの手間を削減に挑んでいます。今後、教育領域にメスを入れるスタートアップが増えそうな予感ですね。

データ活用支援でソフトバンクが新会社設立

ソフトバンクが、博報堂や英半導体設計大手のアーム・ホールディングス傘下企業と組んで、ビッグデータを用いたマーケティングを支援する事業を展開する新会社「インキュデータ」を設立しました。ソフトバンクや博報堂が持つビッグデータと顧客が持つデータをかけ合わせて効果的なマーケティングを行えるようサポートするなど、データ活用が進まない企業を後押しします。

データの蓄積・分析・活用は、今後全ての企業にとって成長を左右する必須対策項目となることが予想されます。大手企業の力を借りて精度を上げる、という選択肢を提供する画期的な事業ですね。

調剤薬局M&A仲介のCBP、千葉の老舗薬局と提携

調剤薬局のM&Aを仲介するCBパートナーズが、千葉の岩渕薬局と提携しました。CBPはこれまで個人薬局を大手チェーンに売却するサポートをしてきました。薬局の経営状態や、薬剤師の育成などにノウハウを持つ岩渕薬局と提携することで、事業譲渡を検討する薬局を大手企業に斡旋する足がかりを作るねらいがあります。
事業承継のニーズが高まっている個人薬局の救済に繋がりそうです。

読んで頂きありがとうございます。最新号の創業手帳(冊子版)も併せて読んで見て下さい。
カテゴリ トレンド
関連タグ ニュースまとめ 働き方改革 博報堂 教育

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

この記事のコメント

トレンドのピックアップニュース

大久保の視点

スタートアップと投資家向け教育・研修サービス「ケップルアカデミー」β版がリリース
2019年8月5日、株式会社ケップルは、「ケップルアカデミー(KEPPLE ACADEMY)」を開設し、同日から受講生の募集を開始したこと発表しました。 「…
(2019/8/7)
ニュース・アプリ運営の「スマートニュース」が米国事業の加速のために31億円調達
2019年8月5日、スマートニュース株式会社は、総額31億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、日本郵政キャピタルなどです。 スマートフォン…
(2019/8/7)
クラウド出張手配・管理サービス運営の「AIトラベル」が2億円調達
2019年8月5日、株式会社AIトラベルは、総額2億円の資金調達を実施したことを発表しました。 次世代クラウド出張手配・管理サービス「AI Travel」を…
(2019/8/7)
製造業向けインターネット・サービス提供の「アペルザ」が12億円調達
2019年7月31日、株式会社アペルザは、総額約12億円の資金調達を実施したことを発表しました。 メーカー横断で製品情報を検索できる製造業向けカタログ・ポー…
(2019/8/6)
クラッソーネが施主と解体⼯事会社のマッチング・一括見積りサービス「くらそうね」β版を提供開始
解体工事・外構工事の3社一括見積もりサービスを運営する株式会社クラッソーネが、新サービス「くらそうね」β版を8月1日より愛知県限定で提供開始しました。 「く…
(2019/8/2)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新のピックアップニュース

創業時に役立つサービス特集

創業手帳冊子版(無料)