3Dアバターを中心としたクラウドプラットフォームを開発する「VRC」が「小学館」と「博報堂DYホールディングス」と資本業務提携

tips

2022年5月31日、株式会社VRCは、株式会社小学館、株式会社博報堂DYホールディングスと、資本業務提携契約を締結したことを発表しました。

VRCは、3Dアバターを中心としたクラウド型プラットフォームサービスの提供により、社会生活の課題を解決することを目指しています。

具体的には、3Dアバターと付随する情報を生活の様々な場面(アパレル・ヘルスケア・コミュニケーションなど)で利用できるようバックエンド環境を構築することを目的としています。

VRCは、この取り組みをUbiquitous Avatar Platform(ユビキタス アバター プラットフォーム)構想と呼んでいます。

現在(2022年6月時点)は、20秒で人間の3Dデータを作成できるスキャン技術「SHUN‘X」や、3Dデータを活用したバーチャル試着「Virtual try on」、3D採寸技術「Body Measurement」を提供しています。

ファッションアイテムは自分の身体にフィットしているかどうかというサイズ感が重要となります。そのため実店舗に行き試着してから購入するという人が多いでしょう。

一方で品揃えや店舗に行く時間がないなどの理由でEC(ネット通販)を利用する人も多くいます。

しかしアパレルECは試着できないため、サイズ感については自身の経験や、モデルが着用している写真から判断するしかありません。

シューズのECでは交換を無料とすることで利用率向上を実現させた事例はありますが、交換無料は事業者側の負担が大きく、コストが増大してしまうため、別の効率的な方法が求められています。

3Dボディスキャンは、この課題の解決法のひとつであり、スキャン装置(スキャナー)が安価になり普及してきたことで、これを活用する事業者や活用したサービスが増えています。

3Dボディスキャンは試着だけでなく、オーダーメイドのスーツの作成といったアパレル、身体の歪みなどを可視化するヘルスケア、3Dアバターを活用したゲームなどのエンターテインメントなど、様々な領域での活用が見込めます。

もしスキャンした人間の3Dデータを様々なサービスで利用できるようになれば、非常に便利になることが想像できます。VRCは人間の3Dデータが広く活用される環境を構築するための事業を展開しています。

他社との提携や協業は、収益を伸ばすだけでなく、新たなイノベーションにもつながるかもしれません。「冊子版創業手帳」では、人脈を広げる方法や、商工会議所の活用方法など、販路拡大や提携先をみつけるためのノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ トレンド
関連タグ 3D 3Dデータ VR VRC アバター アパレル コミュニケーション スキャン データ バーチャル ヘルスケア 作成 博報堂 博報堂DYホールディングス 小学館 技術 株式会社 資本業務提携
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

トレンドの創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

書類管理や顧問先質問機能などにより税理士業務を効率化する「ZoooU」開発の「Beso」が3,000万円調達
2021年12月14日、株式会社Besoは、約3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 税理士業務を効率化するクラウドサービス「ZoooU(ゾー)」を開発しています。 顧問先とのやり取り…
「H.I.S. Impact Finance」が「あおぞら銀行」と上限50億円の融資コミットメント契約を締結
2020年1月7日、​H.I.S. Impact Finance株式会社は、株式会社あおぞら銀行と、50億円を上限とする融資コミットメントライン契約を締結したことを発表しました。 H.I.S. Imp…
「TAILBONE」がオンライン・ストア開発受託サービスをリリース
2021年3月17日、株式会社TAILBONEは、オンライン・ストア開発受託サービスを2021年3月17日から開始することを発表しました。 Shopify(ショッピファイ)上においてオンライン・ストア…
デザイン・インキュベーション・スタジオ「Basecamp」が7月中に「dely」の完全子会社化へ
株式会社Basecampは、Basecampのギルド化、dely株式会社による全株式の取得により、7月中に完全子会社化となることを発表しました。 Basecampは、デザイン・インキュベーション・スタ…
不動産のAI査定サービス「HowMa」運営の「コラビット」が資金調達
2021年8月17日、株式会社コラビットは、資金調達を実施したことを発表しました。 不動産のAI査定サービス「HowMa」を提供しています。 物件情報を入力することで、オンライン上で簡単に自宅の価格や…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ