子供向けSTEAM教材開発の「ワンダーラボ」が2.5億円調達

2020年7月29日、ワンダーラボ株式会社は、2億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

引受先は、株式会社小学館です。

ワンダーラボは、STEAM教育領域において、思考力育成アプリ「シンクシンク」や、通信教育「ワンダーボックス」など、子供向けデジタル教材の開発・運営を行っています。

「STEAM教育」とは、Science(科学)、Technology(技術)、Engineering(工学)、Mathematics(数学)を統合的に学習する「STEM教育」に、Arts(教養・芸術)を合わせた教育手法です。

今回の資金は、プロダクトの開発体制の整備や、人材採用、プロモーションなどに充当されます。

AIなどテクノロジーの進化は、これからもさらに進んでいくと考えられ、社会ではより多くのテクノロジーの活用されていくと予想されています。

そのため、コンピューター・サイエンスの普及・充実が重要となっており、それに伴い日本においても、小学校でのプログラミング教育が必修化されています。

成功できる起業家になるためには、やはり勉強が欠かせません。「冊子版創業手帳」では、成功している起業家のインタビューを多数掲載しています。先人の思考やアイデアを知ることは、新たなビジネスの創造に役立つことでしょう。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ EdTech STEAM教育 STEM教育 シンクシンク ワンダーボックス ワンダーラボ 子供 教材 教育 株式会社 資金調達

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

大久保の視点

【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
スタートアップと投資家向け教育・研修サービス「ケップルアカデミー」β版がリリース
2019年8月5日、株式会社ケップルは、「ケップルアカデミー(KEPPLE ACADEMY)」を開設し、同日から受講生の募集を開始したこと発表しました。 「…
(2019/8/7)
ニュース・アプリ運営の「スマートニュース」が米国事業の加速のために31億円調達
2019年8月5日、スマートニュース株式会社は、総額31億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、日本郵政キャピタルなどです。 スマートフォン…
(2019/8/7)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集

マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ