【8月6日】起業家むけ「気になるニュース」まとめ

8月6日のニュースの中から、起業家がチェックしておきたいニュースをまとめました。

リクナビ、内定辞退率予測を廃止 アップル、Siriの会話分析中止

リクナビを運営するリクルートキャリアが就活生の「内定辞退率」を予測し販売するサービスを廃止すると発表しました。現時点でデータの外部提供の同意がない学生7983人のデータが販売されていたことが問題になっており、これを受ける形です。

同じくして、米アップルが音声アシスタントSiriによる会話内容分析を中止しました。同社は音声認識精度向上のために、一部のユーザーの録音データを分析していましたが、医療情報や麻薬取引が疑われるデータが分析担当者に渡っていたとされ、ユーザーのプライバシ―侵害の可能性が問題視されていました。

リクナビとアップル、どちらもデータ収集に関する自粛の話題です。企業のデータ活用の幅が世界的に広がっている一方、不適切な活用に対する規制や制限、ユーザーの目も厳しくなっていくことがわかるニュースですね。データを持つ企業も、それを活用する企業も、最新情報にアンテナを張る必要がありそうです。

サブスク乱立 撤退も相次ぐ

サブスクリプション型のサービスが相次いで登場し、昨今ビジネスの一大トレンドになっています。業種もどんどん多様化し、ユニークな新サービスがスポットライトを浴びる一方、収益化につながらず撤退するケースも増えてきました。

ニュースになった撤退事例としては、紳士服大手のAOKIホールディングスのスーツのレンタルサービス、通販サイトZOZOも約1年で衣料品の定期配送サービス、Tokyo Shave Cluが展開していた男性用カミソリの定額サービスなどが挙げられます。

 サブスク型のビジネスは、金銭的ハードルを下げて顧客を増やしやすいという面がある一方、利用者が「割に合わない」と判断すれば即離れてしまうという側面もあります。今後もサービスが増える中、他社との差異化や、長く使ってもらうためのサービスづくりのブラッシュアップが求められるでしょう。

 特に、これからサブスク型のモデルで起業を考えている人にとっては、失敗事例などから学び、自身の事業が長期的な収益性をあげられるかどうか慎重に判断する必要がありそうです。

読んで頂きありがとうございます。最新号の創業手帳(冊子版)も併せて読んで見て下さい。
カテゴリ トレンド
関連タグ サブスクリプション ニュース ブラッシュアップ まとめ 事業 医療 新サービス 起業

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

この記事のコメント

トレンドのピックアップニュース

大久保の視点

スタートアップと投資家向け教育・研修サービス「ケップルアカデミー」β版がリリース
2019年8月5日、株式会社ケップルは、「ケップルアカデミー(KEPPLE ACADEMY)」を開設し、同日から受講生の募集を開始したこと発表しました。 「…
(2019/8/7)
ニュース・アプリ運営の「スマートニュース」が米国事業の加速のために31億円調達
2019年8月5日、スマートニュース株式会社は、総額31億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、日本郵政キャピタルなどです。 スマートフォン…
(2019/8/7)
クラウド出張手配・管理サービス運営の「AIトラベル」が2億円調達
2019年8月5日、株式会社AIトラベルは、総額2億円の資金調達を実施したことを発表しました。 次世代クラウド出張手配・管理サービス「AI Travel」を…
(2019/8/7)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新のピックアップニュース

創業時に役立つサービス特集