注目のスタートアップ

内視鏡の画像診断支援AIを開発する「AIメディカルサービス」が80億円調達

company

2022年4月26日、株式会社AIメディカルサービスは、総額80億円の資金調達を実施したことを発表しました。

がん関連病変の内視鏡検査で、専門医の診断を支援するAIシステムを開発しています。

2022年4月現在研究開発中のAIシステムは、過去に学習したデータを活用し、内視鏡の臨床現場において画像解析による診断の支援を行うというものです。

引受先の1社であるソフトバンクグループの協力を得て、内視鏡AIを全世界に展開します。

今回の資金は、グローバル事業の加速化、全世界の内視鏡室とAIを連携するクラウドプラットフォームの構築に充当します。

日本国内の死因の第1位はがんで、1981年からずっとトップの死因となっています。

また、2020年にがんで亡くなった人は約37.8万人で、死亡総数の27.6%を占めています。このがんによる年間死亡者数のうち、約30%が消化管のがんとなっています。

消化管のがんには主に、食道がん、胃がん、大腸がんがあります。いずれも初期の段階では自覚症状がほとんどなく、早期発見が難しいがんの1種です。一方で、大多数のがんは早期に発見できればほとんどが完治できるため、早期発見の重要性が叫ばれています。

内視鏡検査は消化管のがんを早期に確定診断できる唯一の検査です。しかし、消化管は複雑な形状をしており、撮影された画像から病変がほとんど視認できないケースがあり、ベテランの内視鏡専門医でもがんの兆候を見逃してしまうことがあります。

この課題を解決するため、AIメディカルサービスは内視鏡の画像診断支援AIを開発しています。

研究開発型のビジネスでは資金調達が非常に重要です。起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど、資金調達に関するノウハウを詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ AI AIメディカルサービス がん 内視鏡 内視鏡検査 医療 専門医 支援 早期発見 株式会社 検査 画像 画像解析 研究開発 臨床現場 診断 資金調達 開発
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

オンラインM&Aマッチングプラットフォーム運営の「M&Aクラウド」が10億円調達
2021年10月27日、株式会社M&Aクラウドは、総額約10億円の資金調達を実施したことを発表しました。 オンラインM&Aマッチングプラットフォーム「M&Aクラウド」を運営しています。 オンラインで買…
ランナー向けサービス運営の「ラントリップ」が6,000万円調達
2020年12月25日、株式会社ラントリップは、総額6,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 以下のサービスを提供しています。 ・ランニング・コースを見つけられるWebサービス「Runt…
難治性がんの治療薬・新型コロナウイルスワクチン研究開発の「ユナイテッド・イミュニティ」が5億円調達
2021年9月7日、ユナイテッド・イミュニティ株式会社は、総額約5億円の資金調達を実施したことを発表しました。 独自のナノ粒子型免疫デリバリーシステム(プルランナノゲル)を活用した免疫活性化の基盤技術…
医療機関・介護施設向け業務支援SaaS「CAREBOOK」開発・提供の「3Sunny」が3.2億円調達
2021年3月4日、株式会社3Sunnyは、総額約3億2,000億円の資金調達を実施したことを発表しました。 医療機関・介護施設向け業務支援SaaS「CAREBOOK」を開発・提供しています。 病院に…
「大塚メディカルデバイス」がイギリス・医療機器ベンチャー「Veryan Medical」を買収
大塚メディカルデバイス株式会社は、Veryan Medical Ltd.(本社:Horsham,UK、CEO:Chas Taylor)を買収したことを発表しました。 Veryan Medicalは、生…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ