注目のスタートアップ

医療業界向けノーコードのデータクレンジングソフトウェア「Yuicleaner」を開発する「Yuimedi」が4.5億円調達

company

2022年11月30日、株式会社Yuimediは、総額4億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

Yuimediは、医療業界向けのノーコードのデータクレンジングソフトウェア「Yuicleaner」を開発しています。

AIを活用したノーコードのデータクレンジングソフトウェアで、オフラインで動作可能、データ変換の証跡を辿ることでデータ品質の管理が可能なことを特徴としています。

日々生み出されるリアルワールドデータ(RWD)をクレンジングすることで、RWDの保有者である病院と、それを利活用する製薬企業などの間でより活発なRWDの利活用が促進されることが期待されます。

また、「Yuicleaner」の開発・提供に加えて、病院への医療データベース構築支援、製薬会社への医療データ活用コンサルテーションを提供しています。

今回の資金は、人材採用、国内におけるプラットフォーム開発、米国展開の基盤構築に充当します。

リアルワールドデータ(RWD)とは、電子カルテデータや、調剤レセプトデータ、保険者データ、ウェアラブルデバイスから得られるデータなど、臨床現場で得られる日常的な医療データのことです。

これまでRWDの提供は、厚生労働省が提供するデータベースや、国の事業(医療情報データベース基盤整備事業)によって構築されたデータベースシステム「MID-NET」が主だったのですが、これらは公益目的で提供されており、さらにそのデータの活用のためにはセキュリティを確保した専用の部屋の構築などが必要となり、非常にハードルが高いものでした。

しかし近年は、独自に契約した医療機関や自治体と連携しRWDを提供する民間企業が登場しており、RWDの活用に注目が集まっています。

RWDは、医療における診断・治療の効率化・適正化、行政の医療政策の評価、医薬品・医療機器の健康被害リスクの早期発見、創薬、医薬品上市後の迅速な調査など幅広い活用が可能です。

一方、電子カルテデータなどのRWDは形式の整っていない非構造化データが多いことから、コンピューターでの解析などが困難であり、それがRWDの活用を妨げている要因のひとつとなっています。

Yuimedは、この課題を解決するため、データクレンジングをプログラミングの知識なくできるノーコードのデータクレンジングソフトウェア「Yuicleaner」を開発しています。

AI技術の発展により、ビッグデータの活用が進んでいます。またデータ分析の効果を最大化させるには、データ活用を前提とした業務環境を整えることも重要です。「冊子版創業手帳」では、創業期の社内システムの整備ノウハウを詳しく解説しています。また、ICTの専門家にインタビューを行い、創業期のシステム整備のメリットや注意点なども伺っていますので、こちらも参考にしてください。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ RWD Yuicleaner クレンジング データ データクレンジング ノーコード リアルワールドデータ 医療 株式会社 病院 製薬企業 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

クラウドファンディング構築SaaS「ENjiNE」が経済産業省「IT導入補助金2021」の対象ツールに採択
2021年9月9日、株式会社Relicは、提供する「CROWDFUNDING NETWORK Powered by ENjiNE」が、「サービス等生産性向上IT導入支援事業費補助金(通称:IT導入補助…
社会的インパクト投資プラットフォームや社会的インパクト可視化型のファイナンスサービスを展開する「インパクトサークル」が1.7億円調達
2022年10月19日、インパクトサークル株式会社は、総額1億7,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 インパクトサークルは、インパクト事業活動が生み出す社会的インパクトの定量・定性両面…
足腰力測定システムを開発する慶應義塾大学理工学部発スタートアップ「AYUMI BIONICS」が資金調達
2022年10月21日、株式会社AYUMI BIONICSは、資金調達を実施したことを発表しました。 AYUMI BIONICSは、足腰力測定システムを開発する慶應義塾大学理工学部発スタートアップです…
ソーシャルECサービスの「temite」運営の「EC-GAIN」が資金調達
2019年12月18日、株式会社EC-GAINは、資金調達を実施したことを発表しました。 また、同社が運営するECプラットフォーム「temite(テミテ)」を台湾でも利用可能にしたことも併せて発表しま…
植物肉「ミラクルミート」の「DAIZ」が「ミヨシ油脂」と資本業務提携 植物性油脂による商品開発で協業
2022年6月14日、DAIZ株式会社は、ミヨシ油脂株式会社と、資本業務提携契約を締結したことを発表しました。 DAIZは、発芽大豆由来の植物肉「ミラクルミート」を開発・製造しています。 大豆の発芽と…

大久保の視点

「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」
2022年10月28日、「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」が閣議決定されました。 原材料価格の上昇や円安の影響などにより、エネルギー・食料品な…
(2022/11/4)
大手がスタートアップ買収で25%減税!創業手帳が背景を解説
大企業によるスタートアップ(新興企業)買収の際の法人税が軽減される方向で検討されている。既に、オープンイノベーション税制と言って買収ではなく、出資(増資)の…
(2022/10/9)
スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ