9/28緊急開催! 【参加費無料】『北九州でIoT』説明会 in 東京 大手町

tips


IoTをテーマに「ビジネス」から「ものづくり」までを支援するビッグプロジェクト『北九州でIoT』。全国からIoTに関するアイデアを募集し、メンタリングや資金援助などを通じて「事業化」することを最終目標地点としたビジネスプランコンテストです。

個人・学生・ベンチャー・中小企業(第二創業)等どなたでも応募可能なこのイベント、事前に行われた北九州での説明会の反響を受け、この度東京でも緊急開催することになりました。9月28日(木)、fabbit大手町にてプロジェクト説明会を行います。

なんと、参加費は無料(事前登録制)!IoTビジネスに関心のある方であれば誰でも参加できます。
IoTビジネスに関する講演も開催されるだけでなく、当日の参加者にはビジネス誌「週刊ダイヤモンド」の3か月分(8520円相当)プレゼントも行われます。

「北九州でIoT 東京説明会」概要

【日時】
2017年9月28日(木)19:00~21:00(受付:18:30)

【プログラム】
『IoTを活用した最新ビジネス事例』
日本IBMクラウド事業本部 
アドバイザリー・アーキテクト 
佐々木敦守氏

『ベンチャー必聴!IoTスタートアップが資金調達する前に考えるべきこと』
一般社団法人スタートアップ・リーダシップ・プログラム・ジャパン 代表理事
新村 和大氏

※プログラムは予告なく変更になる場合があります

【会場】
fabbit 大手町(東京都千代田区大手町2-6-1 朝日生命大手町ビル3階)

【交通】
JR「東京」駅・地下鉄「大手町」駅 地下直結  

【対象】
IoTビジネスに興味のある方であればどなたでも(個人・学生・ベンチャー・中小企業、第二創業など)

【定員】
50名(事前申込制)

【参加費】
無料

【特典】
ビジネス誌『週刊ダイヤモンド』(3ヵ月分・8520円相当)定期購読(当日ご参加の方に限ります)

【申し込み方法】
下記からお申し込みください(事前予約が必要です)

詳しい内容・お申し込みはこちら

「北九州でIoT」概要

【4つの特徴】
(1)全国初!IoTのアイデアを「事業化」と「ものづくり」まで支援
(2)大手企業ならびに高専・大学とのコラボによる開発支援体制
(3)ビジネス開発ならびにものづくりのプロ集団による強力なサポート体制
(4)1件あたり最大100万円の手厚い資金援助(交通費・材料費)

【メンター陣】
ABBALab 代表 小笠原治氏
Cerevo CEO 岩佐琢磨氏
サイバーエージェント・クラウドファンディング 取締役 木内 文昭氏
デロイト トーマツ ベンチャーサポート 九州地区リーダー 香月 稔氏
国立北九州工業高等専門学校
西日本工業大学

【資金支援】
書類審査を通過した案件(12件程度を想定)に対し、北九州市で開催されるプレゼン審査のための交通費を支給。
プレゼン審査を通過したアイデア(最大6件)に対し、交通費・材料費の実費支給(1件あたり最大100万円)。

【募集テーマ】
(A)「チャレンジテーマ枠」
  ① 第一交通産業グループ:IoTでつくるみらいの乗り物
  ② クラウン製パン株式会社:焼きたてのおいしいパンを食べてもらうには
(B)「自由提案枠」
自由にテーマを設定のうえ提案

【参加資格】
全国の個人・学生・ベンチャー・中小企業(第二創業)等、どなたでも応募可能。

「北九州でIoT」のお問い合わせ、お申し込みはこちら

「北九州でIoT」詳細は公式サイトからご覧ください。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ トレンド
関連タグ IoT
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

トレンドの創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

ソニーがロボット犬「AIBO」の開発を再開 AIアシスタントを搭載
ソニー株式会社は、ロボット犬「AIBO」の開発を再開させます。 「AIBO」は、かつてソニーが開発し販売していた、ペットロボット(エンタテインメントロボット)です。 今回の「AIBO」は時代に合わせ、…
ボタンひとつでタクシーを配車できるデバイス「タクシーダッシュボタン」と「電脳交通」の配車システムが連携
2021年4月27日、株式会社電脳交通は、モバイル・コマース・ソリューション株式会社が提供する「タクシーダッシュボタン」とシステム連携を開始したことを発表しました。 電脳交通は、クラウド型タクシー配車…
水産養殖テックの「UMITRON」が3億円調達
平成30年9月11日、シンガポールを拠点とするUMITRON PTE. LTD. は、約3億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、スパークス・グループが運営する未来創生ファンドです。 …
太陽光パネルの異常検知を自動化「ヒラソル・エナジー」が資金調達!
平成29年12月1日、ヒラソル・エナジー株式会社は、総額数千万円の資金調達を実施したことを発表しました。 独自の電力線通信技術を活用した、太陽光発電所向けのIoTプラットフォーム「PPLC-PV」を開…
モビリティ・データ・プラットフォーム「スマートドライブ」とIoTプラットフォーム「ソラコム」がプラットフォーム連携開始
2020年10月30日、株式会社ソラコムは、株式会社スマートドライブと、プラットフォーム間連携と協業ソリューションの開発を開始したことを発表しました。 ソラコムは、IoTを実現するために必要となるIo…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ