注目のスタートアップ

都内で次世代型シェアリングIoT農園を展開する「プランティオ」が1.3億円調達

company

2022年3月22日、プランティオ株式会社は、総額1億3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

ベランダ、ビルの屋上、マンションの屋内などあらゆる場所での野菜栽培を可能にする次世代型アグリテインメントプラットフォーム「grow」や、シェアリングIoT農園を展開しています。

「grow」は、IoTセンサーとスマートフォンアプリによって野菜栽培をナビゲーションし、様々な場所での野菜栽培を可能にするプラットフォームです。

また、都内のビルの屋上でシェア型IoTコミュニティファームも展開しています。

今回の資金は、シェア型IoTコミュニティファームの設置数の拡大や、一般の農的活動がどれほど環境貢献できるかを可視化する機能のアップデートなどに充当される予定です。

営利目的で行う比較的規模の大きな農作物の栽培を農業と呼ぶのに対し、市民などが行う非営利・小規模のものを農的活動と呼びます。また、都市部で行う農的活動をアーバンファーミングと呼び、ニューヨークやロンドンでは大きなトレンドとなりつつあります。

市民による都市部での農的活動が注目されている理由には、SDGsの推進によって食糧生産の重要性が再認識されたこと、環境負荷の低い地産地消への取り組み、都市に緑を増やすことによるヒートアイランド現象の低減などが挙げられます。

また、新型コロナウイルス感染症の流行も大きく、サプライチェーンが寸断されたことにより自給自足への意識が高まったほか、気分転換として家庭菜園などに取り組む人が増えたと考えられます。

プランティオは、日本の都市において、このアーバンファーミングの普及に取り組んでいます。

日本では農業従事者の減少が課題となっており、将来的に野菜に関しても食料自給率が低下していくと予測されます。アーバンファーミングはこの農作物の課題も解決する可能性があり、また都市部の希薄化したコミュニティを新たに構築するものとなるかもしれません。様々な視点から考えられる取り組みであるため、今後の展開に注目が必要です。

社会課題を解決するには、他社/サービスとの連携が重要です。「冊子版創業手帳」では、提携・連携できる企業・組織を探すためのネットワークづくりのノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ grow IoT アーバン・ファーミング コミュニティ・ファーム シェアリング ファーム プランティオ 市民農園 株式会社 資金調達 農業 都市型農業 都市農業
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

シンガポール発・人事分析ツール「パナリット」提供の「Panalyt」が3.3億円調達
2021年7月28日、Panalyt Pte Ltd(本社シンガポール)は、総額約3億3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 人事分析ツール「パナリット」を開発・提供しています。 散ら…
日本酒ベンチャーの「Clear」が2.5億円調達
2020年2月3日、株式会社Clearは、総額2億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 高級日本酒ブランド「SAKE100(サケハンドレッド)」や、日本酒専門Webメディア「SAKE…
超小型人工衛星を活用した新たな宇宙利用の実現を目指す「ASTROFLASH」が資金調達
2020年12月7日、株式会社ASTROFLASHは、資金調達を実施したことを発表しました。 超小型人工衛星(CubeSat)を活用した新たな宇宙利用の実現を目指しています。 具体的には、多くの人が体…
太陽光発電システムの第三者所有サービス「シェアでんき」運営の「シェアリングエネルギー」が40億円調達
2022年4月8日、株式会社シェアリングエネルギーは、総額40億円の資金調達を実施したことを発表しました。 シェアリングエネルギーは、太陽光発電システムの第三者所有サービス「シェアでんき」を提供してい…
愛犬のためのカスタムフードサービス「Buddy FOOD」など提供の「Buddycare」が資金調達
2022年4月25日、Buddycare株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 Buddycareは、愛犬のためのカスタムフードサービス「Buddy FOOD(バディーフード)」の提供や、…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ