分厚いマニュアルはもういらない。レンズに投影するマニュアル「Manual Assist」はどうやって生まれたのか?エイブリッジ寺田氏インタビュー


機械のメンテナンスや修理を担当する方のなかには、「調べたい箇所のページを開くまでに時間がかかる」「そもそも持っていくのにかさばって邪魔になる・・・。」と困っている方も多いのではないでしょうか?
そんな方にご紹介したいのが「Manual Assist」。これは、装着するメガネ(ウェアラブルグラス)のレンズにデータとして取り込んだマニュアルを投影して、分厚いマニュアルを開かなくてもレンズに映った対応ページを見ながら作業することができる、というもの。
今回はこのシステムを開発した企業である株式会社エイブリッジの寺田徹 大阪支社長にお話を伺いました。

ー早速ですが、「Manual Assist」の特徴を教えていただけますか?

「Manual Assist」は、装着したメガネ(ウェアラブルグラス)のレンズに、マニュアルデータを投影することにより、分厚いマニュアルを見なくてもスムーズに作業ができるサービスです。

特徴は、サーバーを使わずに利用できますのでWifiが届かない場所でも利用できる点です。また、ページを探すのに、QRコードやARなどで呼び出すこともでき、工場などの組立などの箇所箇所にQRコードを記載すれば、その作業場所にあった内容をすぐに呼び出すこともできます。

お客様からは、修理の場面だけでなく、社員教育にも使えそうですね」と評価を頂いています。

ー「Manual Assist」を開発したきっかけはどのようなものでしたか?

ある製造メーカー様のアフターサービス様が分厚いマニュアルを見ながら故障や保守の作業をしているのを見て、「もっとスマートに作業が利用できるようにするには、どうすればいいだろうか?」思ったのがきっかけでした。

そこから社内でディスカッションをしていく中で、「ウェアラブルグラスの中に分厚いマニュアルを入れて、それを見ながら作業できれば便利そうだ!」と思い、開発しました。

ー創業までの経緯を教えてください。

IT技術の進歩で環境がどんどん変る中、世界の中で日本が遅れを取らないように、スピード感がある新しいプロダクトやサービス作りができる会社を目指し創業しました。

ー創業時に特に大変だったことは何でしたか?

プロダクトやサービスを展開するためには、新しい技術の検証や新しい工夫・アイデアが必要です。それに、プロダクトを進めるにあたり受託開発も当然避けれません。ただ、受託開発といってもどこの会社もできる事であれば将来的に残るものも少ないと考え、始めから、ARやAI、ホロレンズなどで新しい技術をお客様を説得し、導入してもらい新しい技術でチャレンジしました。

今でも、プロダクトやサービスを開発しながら受託開発も行っています。

ー今後はどのように事業を展開されていく予定ですか?

日本で開発してきたクオリティーをアジアへも展開しきたいと考えています。そのため、ミャンマーやベトナム、エストニアなど様々な国のエンジニアとの交流も始めています。

ー創業者の方にメッセージをお願いします。

目標に向かう気持ちがあれば、必ずその行動をしているので必ずたどり着きます。一緒に頑張っていきましょう!

カテゴリ 便利なサービス
関連タグ システム開発関連のニュース

便利なサービスのピックアップニュース

注目のニュース

最新のピックアップニュース

創業手帳Webへの記事掲載をご希望の方はこちらからお問い合わせください

記事を掲載したい方はこちら