分厚いマニュアルはもういらない。レンズに投影するマニュアル「Manual Assist」はどうやって生まれたのか?エイブリッジ寺田氏インタビュー

tool


機械のメンテナンスや修理を担当する方のなかには、「調べたい箇所のページを開くまでに時間がかかる」「そもそも持っていくのにかさばって邪魔になる・・・。」と困っている方も多いのではないでしょうか?
そんな方にご紹介したいのが「Manual Assist」。これは、装着するメガネ(ウェアラブルグラス)のレンズにデータとして取り込んだマニュアルを投影して、分厚いマニュアルを開かなくてもレンズに映った対応ページを見ながら作業することができる、というもの。
今回はこのシステムを開発した企業である株式会社エイブリッジの寺田徹 大阪支社長にお話を伺いました。

ー早速ですが、「Manual Assist」の特徴を教えていただけますか?

「Manual Assist」は、装着したメガネ(ウェアラブルグラス)のレンズに、マニュアルデータを投影することにより、分厚いマニュアルを見なくてもスムーズに作業ができるサービスです。

特徴は、サーバーを使わずに利用できますのでWifiが届かない場所でも利用できる点です。また、ページを探すのに、QRコードやARなどで呼び出すこともでき、工場などの組立などの箇所箇所にQRコードを記載すれば、その作業場所にあった内容をすぐに呼び出すこともできます。

お客様からは、修理の場面だけでなく、社員教育にも使えそうですね」と評価を頂いています。

ー「Manual Assist」を開発したきっかけはどのようなものでしたか?

ある製造メーカー様のアフターサービス様が分厚いマニュアルを見ながら故障や保守の作業をしているのを見て、「もっとスマートに作業が利用できるようにするには、どうすればいいだろうか?」思ったのがきっかけでした。

そこから社内でディスカッションをしていく中で、「ウェアラブルグラスの中に分厚いマニュアルを入れて、それを見ながら作業できれば便利そうだ!」と思い、開発しました。

ー創業までの経緯を教えてください。

IT技術の進歩で環境がどんどん変る中、世界の中で日本が遅れを取らないように、スピード感がある新しいプロダクトやサービス作りができる会社を目指し創業しました。

ー創業時に特に大変だったことは何でしたか?

プロダクトやサービスを展開するためには、新しい技術の検証や新しい工夫・アイデアが必要です。それに、プロダクトを進めるにあたり受託開発も当然避けれません。ただ、受託開発といってもどこの会社もできる事であれば将来的に残るものも少ないと考え、始めから、ARやAI、ホロレンズなどで新しい技術をお客様を説得し、導入してもらい新しい技術でチャレンジしました。

今でも、プロダクトやサービスを開発しながら受託開発も行っています。

ー今後はどのように事業を展開されていく予定ですか?

日本で開発してきたクオリティーをアジアへも展開しきたいと考えています。そのため、ミャンマーやベトナム、エストニアなど様々な国のエンジニアとの交流も始めています。

ー創業者の方にメッセージをお願いします。

目標に向かう気持ちがあれば、必ずその行動をしているので必ずたどり着きます。一緒に頑張っていきましょう!

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 便利なサービス
関連タグ システム開発
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

便利なサービスの創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

アドフラウド対策ツール提供の「Phybbit」が6,500万円調達!
平成30年4月17日、株式会社Phybbitは、総額6,500万円の資金調達を実施しました。 アドフラウド検出における業務を自動化・可視化するサービス「SpiderAF」を提供しています。 アドフラウ…
フードシェアリングサービス「TABETE」の運営元が資金調達
平成30年8月10日、株式会社コークッキングは、資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、Social Entrepreneur2投資事業有限責任組合、伊藤忠テクノソリューションズ株式会社、S…
ライブコマース「PinQul」の運営元が2,700万円調達!
平成30年4月17日、株式会社Flattは、総額2,700万円の資金調達を実施したことを発表しました。 人気のインスタグラマーがライブ放送で最新のファッション情報を発信するアプリ「PinQul」を開発…
アメリカ・最新位置捕捉技術開発の「Humatics」が1800万ドル調達
アメリカ・マサチューセッツ州ケンブリッジを拠点とする、Humaticsは、総額1800万ドル(約20億2000万円)の資金調達を実施しました。 コストが安くてすむ無線周波数を使い、ミリメートル単位で物…
オンライン診察システム「YaDoc」の開発元が7.5億円調達!
平成30年4月16日、株式会社インテグリティ・ヘルスケアは、総額7億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 オンライン診療システム「YaDoc」を開発・提供しています。 モニタリング、…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ