環境省「環境産業の市場規模・雇用規模等に関する報告書(2022年調査結果)」を公表 環境産業の市場規模は118兆円に成長

tips

2024年7月4日、環境省は、「令和5年度環境産業の市場規模・雇用規模等に関する報告書(2022年調査結果)」を公表しました。

環境省は、環境産業の市場規模・雇用規模等の推計結果をまとめた「環境産業の市場規模・雇用規模等に関する報告書」を毎年公表しています。

2022年の推計結果のポイント

(1)過去推計について

「①市場規模」
・国内の環境産業の市場規模推計は、118兆8824億円。前年比4.0%の増加、2000年比約1.9倍。
・全産業に占める環境産業の市場規模の割合は、2000年の6.6%から2022年には10.7%まで増加し、環境産業が我が国の経済成長に与える影響は大きくなっています。

「②雇用規模」
・国内の環境産業の雇用規模推計は、約296.3万人。前年比4.6%の増加、2000年比約1.5倍。

「③輸出入額」
・環境産業の輸出額推定は、約19.3兆円。前年比10.7%の増加、2000年比約10.9倍。
・環境産業の輸入額推定は、約5.0兆円。前年比6.2%の増加、2000年比約9.3倍。

「④付加価値額」
・環境産業の付加価値額の推定は、約50.2兆円。前年比約3.0%の増加、2000年比約1.7倍。

「⑤経済波及効果」
・環境産業の経済波及効果の推定は、約224.8兆円。前年比約4.7%の増加、2000年比約1.9倍。

(2)将来推計について

国内の市場規模は、2050年にかけて上昇傾向を続け、約135.9兆円まで成長すると推計されました。2050年の市場の構成比率は、「廃棄物処理・資源有効利用」分野が51.5%と最も多く、「地球温暖化対策」分野がその後に続く結果となりました。


2015年9月の国連サミットで、持続可能な開発目標(SDGs)が全会一致で採択されました。

SDGsは先進国を含む国際社会全体の目標として、17の目標を掲げ、経済・社会・環境の課題に統合的に取り組むことを目指しています。

このような背景を踏まえ、事業者はSDGsを推進する主体として、事業の転換や新たな経営のあり方を確立することが求められています。

地球環境は人間の生活や経済活動の基盤となるものですが、産業の近代化に伴い急速に悪化しており、持続可能性に課題を抱えています。

このような状況下で、環境保護や資源管理に貢献する環境産業への注目が高まっています。

環境省の報告書によると、2022年の国内の環境産業の市場規模は118兆8,824億円であり、全産業に占める環境産業の割合は10.7%に達しています。

環境、社会、ガバナンスに配慮する企業に積極的に投資するESG投資が世界的なトレンドとなっています。再エネ電力の契約などは、今後重要な取り組みとなっていくことが予測されます。「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受ける方法など、資金調達のノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ トレンド
関連タグ 2022年 SDGs 報告書 市場規模 持続可能な開発目標 環境産業 産業 結果
詳細はこちら

環境産業の市場規模・雇用規模等に関する報告書の公表について

創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

トレンドの創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

株式会社Cooking&Glow 金原恵美|地産ピクルスブランド『宮ぴくるす』製造販売の事業展開が注目の企業
地産ピクルスブランド『宮ぴくるす』製造販売の事業展開で注目なのが、金原恵美さんが2016年に創業した株式会社Cooking&Glowです。 SDGsの目標のひとつとして、「2030年までに小売・消費レ…
ESG/SDGsに特化した非財務データプラットフォーム「TERRAST」提供の「サステナブル・ラボ」が資金調達
2022年3月9日、サステナブル・ラボ株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 ESG/SDGsに特化した非財務データプラットフォーム「TERRAST(テラスト)」(β版)を提供しています。…
令和4年度「環境スタートアップ大賞」
2022年11月1日、環境省は、令和4年度「環境スタートアップ大賞」の募集について発表しました。 Green Startup Pitchの開催を通じ、新たなイノベーションの創出に寄与する環境スタートア…
株式会社TOMUSHI 双子代表の石田陽佑・石田健佑|農林水産カブトムシを用いた有機物処理、カブトムシ商品の製造・販売事業で注目の企業
農林水産カブトムシを用いた有機物処理、カブトムシ商品の製造・販売事業で注目なのが、双子の石田陽佑・石田健佑さんが2019年に創業した株式会社TOMUSHIです。 世界的な食糧危機が目前に迫っています。…
令和5年度「我が国の文化芸術コンテンツ・スポーツ産業の海外展開促進事業費補助金(コンテンツ産業の海外展開等支援)国内映像企画開発を行う事業(プリプロダクション支援)」補助金
特定非営利活動法人映像産業振興機構は、令和5年度「我が国の文化芸術コンテンツ・スポーツ産業の海外展開促進事業費補助金(コンテンツ産業の海外展開等支援)国内映像企画開発を行う事業(プリプロダクション支援…

大久保の視点

世界最大級のビジネスコンテスト・スタートアップワールドカップ東京大会優勝はDigital Entertainment Asset山田耕三さん
世界最大級のビジネスコンテスト「スタートアップワールドカップ」の東京予選である「TOKYO REGIONAL 2024」が、2024年7月19日(金)に開催…
(2024/7/19)
IVSの進化・IVS京都2024現地レポート&島川敏明代表インタビュー
今年のIVSは何が違うのか スタートアップの代表的なイベントである「IVS(アイブイエス)」が、7月4日から6日まで京都市で開催されました。IVSの中で実施…
(2024/7/6)
「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」優勝は物流自動化のRENATUS ROBOTICS安藤 奨馬さん:賞金1000万円獲得!
日本最大級のピッチコンテスト「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」が2024年7月5日(金)に開催されました。 優勝(スタートアップ京都国際賞)…
(2024/7/5)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】