注目のスタートアップ

RFIDにより在庫・物品の位置を自動取得しデジタルマップ上に表示する「Locus Mapping」を展開する「RFルーカス」が「イトーキ」と資本業務提携

company

2024年7月3日、RFルーカス株式会社は、株式会社イトーキと資本業務提携を締結したことを発表しました。

RFルーカスは、RFID(ICタグ)により在庫・物品の位置を自動取得してデジタルマップに表示する在庫・物品管理システム「Locus Mapping」を展開しています。

RFIDタグを貼り付け、ハンディリーダーをかざすことで、遠隔から瞬時に数百個の対象物を読み取り、何が・どこに・どれだけあるかをデジタルマップ上に可視化します。

これにより、店舗・倉庫・工場などにおける在庫・物品管理を効率化したり、商品の位置情報を活用したマーケティングを可能にしたりします。

イトーキは、オフィス家具の製造・販売などを手がけています。

今回の提携により、今後イトーキが提供するオフィス家具にRFIDを付与することで家具のIoT化を実現し、顧客の物品管理業務の効率化を支援するアプリケーション開発を開始します。


在庫管理とは、企業の原材料や製品の在庫を、生産や販売活動に照らし合わせ、最適な状態と量で供給できるように管理することを指します。

不適切な在庫管理は余計なコストを生み出し、企業の利益を損なう可能性があります。

適切な在庫管理が行われていれば、在庫の質と量が保たれ、不良在庫による無駄なコストの発生や在庫不足が起こりにくくなります。

そのため、在庫管理を徹底することが企業の利益を最大化するためには不可欠です。

しかしながら、在庫管理にはヒューマンエラーがつきものであるため、適切な在庫管理を行うにはテクノロジーの活用が重要です。

在庫管理にはIoT技術が多く活用されており、ビーコン、ハンディターミナル、重量計といったテクノロジーが普及しています。

RFルーカスは、RFIDを活用した在庫・物品管理システムを手がけています。

RFIDは電波を用いてタグのデータを非接触で読み書きするシステムです。

複数のタグを一気にスキャンすることが可能、遠いタグも読み取ることが可能、間に遮るものがあっても読み取ることが可能といった特徴を有しています。

IoTなどテクノロジーの活用は、業務効率化や省人化のために重要なものです。創業期はコストの面から多くのシステムの導入は難しいかもしれませんが、優先度の高いものから導入することで、創業期から効率的な業務を行うことができるでしょう。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」では、創業期の社内システムの整備ノウハウを詳しく解説しています。また、ICTの専門家にインタビューを行い、創業期のシステム整備のメリットや注意点なども伺っています。

また、設備投資には資金調達も必要となるでしょう。「資金調達手帳」では、資金調達に関するノウハウを詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ BtoB IoT Locus Mapping RFID RFルーカス イトーキ オフィス家具 タグ マーケティング 位置 位置情報 倉庫 効率化 可視化 商品 在庫 工場 店舗 株式会社 管理 管理システム 自動 資本業務提携 資金調達 遠隔
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

ハイブリッド無人物流プラットフォーム開発の「かもめや」が資金調達
2019年12月26日、株式会社かもめやは、資金調達を実施したことを発表しました。 ドローンなどの無人移動体を活用した物流プラットフォームを離島や山間部などで社会実装することを目指しています。 航空輸…
ローカルビジネスのDXを支援する「CS-C」が店舗の口コミサイトを運営する「デザインワン・ジャパン」と業務提携
2022年8月25日、株式会社CS-Cは、株式会社デザインワン・ジャパンと、業務提携契約を締結したことを発表しました。 CS-Cは、ローカルビジネス(地域に根づいた店舗ビジネス)に特化したSaaS型統…
ゲームのクリエイティブ制作・漫画制作・Webtoon制作事業などを展開する「フーモア」が7.9億円調達
2023年7月6日、株式会社フーモアは、総額7億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 フーモアは、ソーシャルゲームのキャラクターのデザインなどを行うゲームクリエイティブ事業、漫画広告…
音声コミュニケーション・ツール提供の「BONX」が3.1億円調達
2020年4月27日、株式会社BONXは、総額約3億1,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 法人向けコミュニケーション・アプリ「BONX for BUSINESS」や、ヘッドセット「B…
インタラクティブ動画テクノロジー「Tig」を提供する「パロニム」が「博報堂プロダクツ」と資本業務提携
2022年9月29日、パロニム株式会社は、株式会社博報堂プロダクツと、資本業務提携契約を締結したことを発表しました。 パロニムは、動画内に、商品の購入ページ・クーポン・ストーリー分岐などの情報・ボタン…

大久保の視点

IVSの進化・IVS京都2024現地レポート&島川敏明代表インタビュー
今年のIVSは何が違うのか スタートアップの代表的なイベントである「IVS(アイブイエス)」が、7月4日から6日まで京都市で開催されました。IVSの中で実施…
(2024/7/6)
「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」優勝は物流自動化のRENATUS ROBOTICS安藤 奨馬さん:賞金1000万円獲得!
日本最大級のピッチコンテスト「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」が2024年7月5日(金)に開催されました。 優勝(スタートアップ京都国際賞)…
(2024/7/5)
5/30史上初の野音起業フェス優勝は!宇宙ビジネスのBULL宇藤 恭士さん
2024年5月30日、創業手帳主催で野音起業フェスを実行しました。 ショートプレゼン大会「ライトニングトーク東京」を開催いたしました。 このイベントは、オン…
(2024/5/30)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】