注目のスタートアップ

iPS細胞由来の卵子を利用した生殖補助医療を開発する「Dioseve」が1億円調達

company

2024年6月28日、株式会社Dioseveは、総額10億円の資金調達を実施したことを発表しました。

Dioseveは、共同創業者である浜崎伸彦氏らが発明した独自技術である「DIOLs(Directly Induced Oocyte-like cells)」を用い、不妊治療法の開発を行っています。

「DIOLs」は、iPS細胞から短期間で卵子を作製する独自技術です。既存の卵子作製技術では必要不可欠だった高額な成長因子や高度な手技を必要とせず、安価かつ大量に卵子を作製することを可能としています。

今回の資金は、研究開発、グローバル展開を含めた人員拡充に充当します。


国立社会保障・人口問題研究所の「第15回出生動向基本調査」(2015年)によると、不妊を心配したことがある(または現在心配している)夫婦の割合は全体で35.0%、子どものいない夫婦では55.2%に上ります。

さらに、実際に不妊の検査や治療を受けたことがある(または現在受けている)夫婦の割合は全体で18.2%、子どものいない夫婦では28.2%です。つまり、約5組に1組の夫婦が検査や治療の経験を持っていることになります。

少子化は国内における重要な課題のひとつであり、子どもを望んでいるにもかかわらず妊娠できない不妊の治療への取り組みは、今後ますます重要性が増していくと予測されます。

不妊にはさまざまな理由がありますが、その中でも自身で卵子を得ることができない人は根本的な解決策がありませんでした。

しかしその人の遺伝子から人工的に卵子を作りだす技術であれば、この問題を解決することができます。

このような背景のもと、Dioseveは、iPS細胞から安価かつ大量に卵子を作製できる独自技術をもとに、不妊治療法を開発しています。

研究開発型のビジネスでは資金調達が非常に重要です。起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど、資金調達に関するノウハウを詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ BtoB DIOLs Dioseve Directly Induced Oocyte-like cells iPS細胞 ディオシーヴ 不妊 不妊治療 再生医療 利用 医療 卵子 株式会社 生殖補助医療 研究開発 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

求人広告中の法律に抵触する可能性のある表現をチェックできる新サービス「サイチェック」がリリース
2022年7月11日、株式会社アートワークスコンサルティングは、新サービス「サイチェック」をリリースしたことを発表しました。 「サイチェック」は、求人広告中の法律に抵触する可能性のある表現をチェックで…
少人数私募債発行支援サービス提供の「Siiibo」が2億円調達
2020年3月31日、株式会社Siiiboは、総額約2億2,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 少人数私募債発行支援サービスを提供しています。 財務アドバイザーとして私募債の発行(自己…
「インターファクトリー」がスタートアップ・中小企業向けのECプラットフォーム「ebisumart zero」をリリース
2022年1月17日、株式会社インターファクトリーは、「ebisumart zero(エビスマート ゼロ)」の提供を開始したことを発表しました。 「ebisumart zero」は、スモールスタート向…
医用画像データプラットフォームの構築を目指す「カリスト」が2億円調達
2023年4月10日、カリスト株式会社は、総額2億円の資金調達を実施したことを発表しました。 カリストは、医療AI研究開発にすぐに使える医用画像データプラットフォームの構築を目指しています。 多様な医…
自動運転技術を開発する「ティアフォー」が85億円調達
2024年6月17日、株式会社ティアフォーは、総額85億円の資金調達を実施したことを発表しました。 ティアフォーは、オープンソースの自動運転ソフトウェア「Autoware」の開発を先導しています。 ま…

大久保の視点

世界最大級のビジネスコンテスト・スタートアップワールドカップ東京大会優勝はDigital Entertainment Asset山田耕三さん
世界最大級のビジネスコンテスト「スタートアップワールドカップ」の東京予選である「TOKYO REGIONAL 2024」が、2024年7月19日(金)に開催…
(2024/7/19)
IVSの進化・IVS京都2024現地レポート&島川敏明代表インタビュー
今年のIVSは何が違うのか スタートアップの代表的なイベントである「IVS(アイブイエス)」が、7月4日から6日まで京都市で開催されました。IVSの中で実施…
(2024/7/6)
「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」優勝は物流自動化のRENATUS ROBOTICS安藤 奨馬さん:賞金1000万円獲得!
日本最大級のピッチコンテスト「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」が2024年7月5日(金)に開催されました。 優勝(スタートアップ京都国際賞)…
(2024/7/5)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】