注目のスタートアップ

現場特化のビデオ通話ツール「SynQ Remote」を開発・提供する「クアンド」が2.4億円調達

company

2024年6月19日、株式会社クアンドは、総額2億4,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

クアンドは、建設現場や製造現場などの現場に特化したビデオ通話ツール「SynQ Remote(シンクリモート)」を開発・提供しています。

映像の特定地点を相互に指し示すことができるポインター機能、お絵かき機能、チャット機能、画面共有機能、写真撮影・録画機能、AI議事録機能、オフライン機能などにより、まるで横にいるかのように現場の確認・指示ができる現場特化型のビデオ通話ツールです。


製造業や建設業などの現場では人手不足が深刻化しているほか、スキルを持つベテラン人材の高齢化が課題となっています。

この限られた労働力・人材で業務を遂行するには、テクノロジーを活用した効率化を進めることが必要です。

なかでも遠隔での指示・管理は、人材が現場に直接赴く必要がないことから、移動時間を削減し、効率的な業務を実現します。

しかし、多くの現場は騒音環境にあったり、高品質な通信環境が整備できていなかったりすることも多いため、既存のビデオ会議システムなどでは不十分であるという問題があります。

こうした背景のもと、現場に特化したデジタルツールのニーズが高まり、それを手がけるスタートアップに注目が集まっています。

クアンドは、現場に特化したビデオ通話ツール「SynQ Remote」の提供を通じ、現場の課題解決に貢献しています。

さまざまなデジタルツールが登場している現在、企業を成長させるためには、自社に最適なテクノロジーやシステムを導入・活用することが重要です。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」では、創業期の社内システムの整備ノウハウを詳しく解説しています。

また、こうした設備や生産性向上に向けた投資のためには、資金調達を実施することも必要かもしれません。「資金調達手帳」では、出資や融資に関するノウハウなどを提供しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ BtoB SynQ Remote クアンド コミュニケーション シンクリモート ツール ノンデスク産業 ビデオ通話 建設業 株式会社 特化型 現場 製造業 資金調達 遠隔
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

宇宙用汎用作業ロボット開発の「GITAI Japan」が18億円調達
2021年3月1日、GITAI Japan株式会社は、総額18億円の資金調達を実施したことを発表しました。 宇宙用汎用作業ロボットを開発しています。 このロボットは、宇宙ステーション船内外の作業や、軌…
現場向け動画教育システム「tekibi」を運営する「Tebiki」が8億円調達
2023年9月12日、Tebiki株式会社は、借入等により総額8億円の資金調達を実施したことを発表しました。 Tebikiは、現場向け動画教育システム「tekibi」を運営しています。 小売・サービス…
SaaS型OKR(目標管理)サービス運営の「Resily」が5億円調達
2020年2月20日、Resily株式会社は、総額約5億円の資金調達を実施したことを発表しました。 SaaS型OKRサービス「Resily(リシリー)」を開発・運営しています。 OKRとは、Objec…
現地観光ツアー特化エンターテインメント事業「Fun」展開の「Fun Group」が12.6億円調達
令和2年4月20日、株式会社Fun Groupは、総額約12億6,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 現地観光ツアーに特化したエンターテインメント事業「Fun」を運営しています。 地域…
「オルツ」が食品業界に特化したAI強化音声認識エンジン「飲食業GIJIROKU」を提供開始
2023年2月13日、株式会社オルツは、「飲食業GIJIROKU」の提供を開始したことを発表しました。 「飲食業GIJIROKU」は、AI自動議事録ツール「AI GIJIROKU」の業種別音声認識機能…

大久保の視点

世界最大級のビジネスコンテスト・スタートアップワールドカップ東京大会優勝はDigital Entertainment Asset山田耕三さん
世界最大級のビジネスコンテスト「スタートアップワールドカップ」の東京予選である「TOKYO REGIONAL 2024」が、2024年7月19日(金)に開催…
(2024/7/19)
IVSの進化・IVS京都2024現地レポート&島川敏明代表インタビュー
今年のIVSは何が違うのか スタートアップの代表的なイベントである「IVS(アイブイエス)」が、7月4日から6日まで京都市で開催されました。IVSの中で実施…
(2024/7/6)
「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」優勝は物流自動化のRENATUS ROBOTICS安藤 奨馬さん:賞金1000万円獲得!
日本最大級のピッチコンテスト「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」が2024年7月5日(金)に開催されました。 優勝(スタートアップ京都国際賞)…
(2024/7/5)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】