注目のスタートアップ

福利厚生ペイメントサービス「FUKUPE」展開の「ADVASA」が累計20億円調達

company

2022年4月1日、株式会社ADVASAは、累計20億円の資金調達を実施したことを発表しました。

ADVASAは、福利厚生ペイメントサービス「FUKUPE(フクペ)」を展開しています。

労働者の日々の給料を、即時かつあらゆる受け取り手段で届けることを可能にする福利厚生サービスです。これにより、求人応募の増加、離職率の低下を実現します。

今回の資金は、機能拡張・新サービスなどのシステム開発、顧客基盤拡大に向けた営業・マーケティング、海外展開の本格化、人材の獲得に充当されます。

資金繰りの問題は、法人・個人共にたびたび起こり得る問題です。企業の場合、大きな資金繰りの問題が生じてしまうと、黒字倒産といったことになりかねません。個人の場合は、生活に支障が生じてしまいます。

多くの労働では、働いた分の給与が毎月決まった日に振り込まれることとなります。貯金がない場合は月末になると食費が苦しくなり、質素な食事しかできなくなることもあります。また、病気など突然の出費があった場合はお金を借りる必要がでてきてしまいます。

もし働いた分の給料がいつでも受け取ることができたならば、こういった問題を減らすことができるでしょう。そこで登場したのが給与前払いサービスです。企業には従業員の定着につながる福利厚生サービスと注目され、着実に普及している金融サービスです。

ADVASAが提供する「FUKUPE」は、こうした給与前払いサービスのひとつです。ADVASAは、従業員の勤怠データをもとに給与相当額を計算し、労働者にとって必要な時に必要な資金(給与、給与前払い、社内融資)を必要なツールに届けるシステムに関連する特許を取得しているため、この部分でほかの給与前払いサービスとの競争力を有していると考えられます。

また、各事業者と連携し、プレイペイドカードやキャッシュレス決済サービスに直接給与を入金する仕組みも構築しています。これはATMを利用する必要がなくなるほか、外国人労働者など銀行口座やキャッシュカードを持つことができない人に給料を届ける手段として利用できます。

資金繰りは創業期において重要な要素です。もし資金繰りが上手くいかなければ、黒字なのに事業を畳まなくてはならないこともあるからです。「冊子版創業手帳」では、創業期の資金繰りや、キャッシュフローを見極めるためのノウハウを詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ ADVASA Fintech FUKUPE デジタル給与払い フクペ 株式会社 福利厚生 給与 給与前払い 給料 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

オンライン経理アウトソーシング「バーチャル経理アシスタント」運営の「メリービズ」が資金調達
2019年11月22日、メリービズ株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 オンライン経理アウトソーシング「バーチャル経理アシスタント」を運営しています。 全国750名以上のプロの経理人材が…
海外不動産メディア事業・コンサルティング事業展開の「Property Access」が2.65億円調達
2020年11月5日、Property Access株式会社は、総額2億6,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。 海外不動産投資メディア・プラットフォームの運営や、海外不動産取引コンサル…
「焼肉ライク」が「株式会社補助金ポータル」と共同で“事業再構築補助金”の活用セミナーを7/8に開催 
2021年6月25日、株式会社ダイニングイノベーションは、株式会社焼肉ライクと株式会社補助金ポータルが共同で、「事業再構築補助金」の活用セミナーを開催することを発表しました。 ダイニングイノベーション…
5秒で家が見つかるアプリ「NOW ROOM」提供の「Living Tech」が2.1億円調達
2020年5月28日、株式会社Living Techは、総額2億1,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 初期費用0円、5秒で家が見つかるアプリ「NOW ROOM」を開発・運営しています…
「創業手帳」による美容業界向けオンライン・セミナー「初めての競合比較分析講座」が1/18に開催
創業手帳株式会社は、「初めての競合比較分析講座」を2021年1月18日(月)に開催することを発表しました。 「初めての競合比較分析講座」は、美容業界向けに、誰でもすぐに始められるマーケティングの考え方…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ