注目のスタートアップ

IPキャラクターやVTuberを活用したAIコンテンツ制作やAIライブコマースを手がける「Livetoon」が1,000万円調達

company

2024年6月4日、株式会社Livetoonは、1,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

引受先は、エンタメユニット「すとぷり」を運営する株式会社STPRなどです。

Livetoonは、IPキャラクターやVTuberを活用したAIコンテンツの制作と、24時間稼働のAIライブコマースの運営を手がけています。

IP保有企業が抱える、ショート動画など多様化するプラットフォームへの対応、コンテンツ制作や新規ファン獲得のプロモーションコスト、多言語展開の障壁、といった課題を解決し、より多くのファンにエンターテインメント購買体験を提供することを支援しています。

今回の資金調達により、以下の事業拡大に取り組みます。

1. AIを用いたIPキャラクターのコンテンツ制作
AI技術を活用した動画・アニメ・配信などのコンテンツを制作。

2. AIモデルによるライブコマース
AIメタヒューマン技術を活用した、IPキャラクターによる直接的な「購買体験」の提供。

3. 自社AIキャラクターコンテンツの制作

4. AIキャラクターコマースプラットフォームの制作
IPキャラクターが共通で使用できるライブコマースプラットフォームの開発。

5. 海外展開
多言語対応のコンテンツ制作による、国内外IPキャラクターの市場拡大。


国内のキャラクタービジネス市場は堅調に推移しており、2023年度の市場規模は約2.65兆円と予測されています。

日本はエンターテインメント、とくにサブカルチャーが発達しており、国内外に多くのファンを有しています。

近年は、YouTbeなどの動画プラットフォームにおいてイラストや3DCGのアバターを利用して配信や動画投稿を行うVTuberという新たなジャンルが登場し、急速に市場が拡大しています。

また、こうした動画プラットフォームは、コロナ禍によるインドア需要を受けて成長しており、さまざまな属性のユーザーの取り込みに成功しています。さらにはショート動画は多くの再生数やSNSでの拡散が見込め、また短時間でユーザーにメッセージを伝えられることから、企業におけるマーケティングでの活用も進んでいます。

こうした中で、キャラクターをプロモーションとして起用する施策は、そのキャラクターのファンにリーチできる、ユーザーへの印象が良いといったメリットがあり、注目が高まっています。

一方で、キャラクターを活用する場合は、演者の活動時間に制限がある、あるいは、クリエイターによる制作が必要となることから、多くの施策を展開することができないという課題を抱えています。

こうした課題を解決するものとして、AIキャラクターの活用が考えられます。AIキャラクターはキャラクターの発話・動きなどをAIが生成し行うというものです。

近年は生成AIの性能が向上しており、特定の声を学習することで、その声で支持したテキストを発話させることができたり、ユーザーとのやり取りを学習しコミュニケーションを行うといったことが可能となってきています。

企業の成長には戦略的な資金調達や、シナジーが見込める企業との提携が重要です。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ AI AIキャラクター BtoB IP IPキャラクター Livetoon STPR VTuber エンターテインメント キャラクター コンテンツ制作 ライブコマース 多言語 株式会社 活用 資金調達 購買体験
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

テレビ視聴の注視データを取得する「REVISIO」が2.4億円調達
2023年4月12日、REVISIO株式会社は、総額2億4,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 REVISIOは、家庭に人体認識技術を搭載した機器を設置して視聴者のテレビの視聴態度を計…
5秒で家が見つかるアプリ「NOW ROOM」提供の「Living Tech」が2.1億円調達
2020年5月28日、株式会社Living Techは、総額2億1,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 初期費用0円、5秒で家が見つかるアプリ「NOW ROOM」を開発・運営しています…
大学の研究室や研究機関向け研究業務DXプラットフォーム「Wizdom」開発の「PRES」が4,700万円調達
2022年2月24日、株式会社PRESは、総額4,700万円の資金調達を実施したことを発表しました。 また、「Wizdom(ウィズダム)」のβ版の提供を開始したことも併せて発表しました。 「Wizdo…
「Animoca Brands」がxRクリエイティブプラットフォーム「STYLY」を運営する「Psychic VR Lab」に1億円出資
2023年1月13日、Animoca Brands株式会社は、株式会社Psychic VR Labに1億円の出資を行ったことを発表しました。 Psychic VR Labは、アーティストのためのXRク…
カスタマー・サクセス・チャット「チャネルトーク」提供の「ZOYI Corporation」2.5億円調達
2020年7月28日、株式会社ZOYI Corporationは、コロナ禍の3月17日に2億5,000万円の資金調達を実施し、累計資金調達額が11億8000万円になったことを発表しました。 また、社名…

大久保の視点

5/30史上初の野音起業フェス優勝は!宇宙ビジネスのBULL宇藤 恭士さん
2024年5月30日、創業手帳主催で野音起業フェスを実行しました。 ショートプレゼン大会「ライトニングトーク東京」を開催いたしました。 このイベントは、オン…
(2024/5/30)
ニコニコ超会議・学生ピッチ甲子園ビジネス部門優勝&1000万円獲得はウェルヘルス土井久生馬さん
2024年4月27日(土)~2024年4月28日(日)に幕張メッセでニコニコ超会議実行委員会で『ニコニコ超会議2024』が開催された。 『ニコニコ超会議20…
(2024/4/28)
「千代田区CULTURExTECH ビジコン2024」が丸の内TOKYO創業ステーションで2024年3月19日に開催
2024年3月19日(火)にStartup Hub Tokyo 丸の内(TOKYO創業ステーション 丸の内 1F・千代田区)で千代田CULTURExTECH…
(2024/3/19)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】