注目のスタートアップ

ブロックチェーンゲーム/VRゲームを開発する「Thirdverse」が20億円調達

company

2022年11月22日、株式会社Thirdverseは、総額約20億円の資金調達を実施したことを発表しました。

Thirdverseは、ブロックチェーンゲームや、VRゲームの企画・開発・運営を行っています。

これまでにリリースしたVRゲームは、VRマルチプレイ剣戟アクション『ソード・オブ・ガルガンチュア』、VRマルチプレイ剣戟アクション『ALTAIR BREAKER(アルタイル ブレイカー)』の2タイトルです。

また、北米のスタジオでは、マルチプレイVRタクティカルシューター『X8(エックスエイト)』を開発しています。

ブロックチェーンゲーム開発においては、10月にBLOCKSMITH&Co.との共同開発による新感覚ブロックチェーンゲーム『キャプテン翼 -RIVALS-』を発表しました。

今後、2023年にかけて10本以上のブロックチェーンゲームのリリースを予定しています。

今回の資金は、ゲーム開発者を中心としたグローバルでの採用強化などに充当します。

VR(Virtual Reality:仮想現実)とは、専用のHMD(ヘッドマウントディスプレイ)などを通じてアクセスする仮想空間で、実際にその場にいるような体験ができることを特徴としています。

現実空間では不可能な空間・動作を実現できることから、ゲームなどのエンターテインメントの領域で高い注目が集まっています。

VR技術を活用したゲームであるVRゲームは、ビデオゲーム市場においてまだマイナーな領域ではありますが、2019年5月に正式リリースされたリズムゲーム『Beat Saber』は、2021年2月時点で400万本の売上本数を記録する大ヒットとなっています。

とはいえ、従来のビデオゲームと比べるとまだタイトル数は少なく、コンテンツ不足であることは否めません。

これは、VRゲームを遊ぶことに専用のデバイス(VRゴーグル)が必要となることで、VRゴーグルがいまだ要求水準に達しておらず、VRゲームにおいて想定されるリッチな体験の提供が難しいこと、VRゴーグルの合図が大きく長時間装着すると身体的な負担があること、VR酔いという車酔いに似た症状があることなど、いくつかの課題を抱えていることが原因です。

とはいえこれらの課題は技術・スペック的な要因がほとんどであるため、近い将来これらの課題が解決され、次世代のコンテンツとして爆発的に普及することが期待されています。

最新技術や最新技術を活用したプロダクトの開発には豊富な資金が必要となります。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ ALTAIR BREAKER Thirdverse VR X8 XR アルタイル ブレイカー エックスエイト エンターテインメント ゲーム ソード・オブ・ガルガンチュア ビデオゲーム ブロックチェーンゲーム 株式会社 資金調達 開発
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

O2Oマーケティングなどの「GENEROSITY」がMBO実施 9億円調達
2019年9月18日、株式会社GENEROSITYは、経営陣が保有する特別目的会社(SPC)を通じて、親会社であるニューホライズンキャピタル株式会社から当社株式の100%を取得し、マネジメント・バイア…
株式投資型クラウドファンディング「FUNDINNO」2020年4月の登録ユーザー数が設立以来最高に
2020年5月14日、株式会社日本クラウドキャピタルは、「FUNDINNO」の2020年4月の月間登録ユーザー数が設立以来最高となったことを発表しました。 「FUNDINNO」は、株式投資型クラウドフ…
SaaSのインテグレーション開発を支援する「Datable」が2.25億円調達
2022年9月14日、株式会社Datableは、総額2億2,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。 また、「datable(データブル)」の正式リリースも併せて発表しています。 「data…
ガバナンス・リスク・コンプライアンス管理ソリューション提供の「GRCS」が1.6億円調達
2019年12月3日、株式会社GRCSは、総額1億6,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 GRC(ガバナンス・リスク管理・コンプライアンス)領域の課題を解決するソリューションを提供して…
パワポを1分でナレーション付きの動画にできるサービス「SPOKES」がリリース
2022年8月23日、株式会社BloomActは、「SPOKES(スポークス)」をリリースしたことを発表しました。 「SPOKES」は、PowerPointのデータをアップロードすることで、簡単に動画…

大久保の視点

「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」
2022年10月28日、「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」が閣議決定されました。 原材料価格の上昇や円安の影響などにより、エネルギー・食料品な…
(2022/11/4)
大手がスタートアップ買収で25%減税!創業手帳が背景を解説
大企業によるスタートアップ(新興企業)買収の際の法人税が軽減される方向で検討されている。既に、オープンイノベーション税制と言って買収ではなく、出資(増資)の…
(2022/10/9)
スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ