【6/20開催】2024年度 X-HUB TOKYOキックオフイベント「日本のスタートアップを取り巻く環境の変化と今後」

event

東京とは、2024年度 X-HUB TOKYOキックオフイベントとして「日本のスタートアップを取り巻く環境の変化と今後」の開催を発表しました。

東京都が主催する「X-HUB TOKYO」事業は、スタートアップと大企業とのオープンイノベーションのほか、日本と海外とをつなぐ架け橋となるべく、さまざまな情報発信イベント・セミナー、海外展開に向けたアクセラレーションプログラムなどを実施しています。

今回のキックオフイベントでは、事業全体の概要紹介や、日本のスタートアップを取り巻く状況とその変化、創業当初からグローバルな事業展開を視野に入れる重要性などについてセミナーを開催します。

内容

X-HUB TOKYO事業概要説明

スピーカー:X-HUB TOKYO事務局

基調講演『日本のスタートアップエコシステムのこれから』

スピーカー:東京大学FoundX ディレクター 馬田 隆明氏

パネルディスカッション『グローバルを見据えて戦う理由』

パネリスト:
エレファンテック株式会社 執行役員 COO 兼 営業本部長
小長井 哲氏
株式会社Mathmaji 取締役COO兼CFO
大隅 文貴氏
株式会社Spider Labs CFO
砂田 悠氏
ファシリテーター:東京大学FoundX 馬田 隆明氏

X-HUB TOKYOプログラム紹介

スピーカー:独立行政法人日本貿易振興機構(ジェトロ)

交流会(※現地参加者のみ)

概要

参加費:無料
会場:現地参加:TiB(Tokyo Innovation Base)(〒100-0005 東京都千代田区丸の内3-8-3 SusHi Tech Square 2F)、オンライン:Zoom Webinar
日時:2024年6月20日(木)18:00~20:30


国民1人あたりのGDPは起業活動率と相関があることが研究で示されています。つまり、起業活動率が高い国ほど、1人あたりのGDPも高い傾向にあります。

日本は欧米諸国と比較して起業活動率が低いため、政府や自治体は起業を促進するためにさまざまな支援策を講じています。たとえば、起業家向けの補助金や融資制度、研修プログラムなどが挙げられます。また、ベンチャーキャピタル(VC)による投資も活発化しています。

しかし、日本におけるVC投資額は米国と比較して大きな差があります。米国では2019年に1,334億ドル(約15兆円)の投資が行われましたが、日本では2,162億円にとどまっています。

このように、世界は日本よりもはるかに大きな市場を持っています。海外市場に参入できれば、日本では得られない規模の資金調達が可能かもしれません。

こうした背景のもと、東京都は「X-HUB TOKYO」を通じて、海外展開を目指すスタートアップを支援しています。具体的には、オープンイノベーションの機会創出、イベント・セミナーの開催、アクセラレーションプログラムの実施などが行われています。

創業手帳では起業を目指す方などを対象に無料で専門家の紹介を行っています。起業にあたって不安や相談したいことなどがある起業家の方はぜひご活用ください。

また、起業家や専門家の生の声をもとに記事化した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」や、資金調達に特化した「資金調達手帳」も無料で発行しております。ぜひご活用ください。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ イベント
関連タグ X-HUB TOKYO イベント キックオフ キックオフイベント スタートアップ スタートアップエコシステム セミナー 日本のスタートアップを取り巻く環境の変化と今後 海外展開
詳細はこちら

2024年度 X-HUB TOKYO キックオフイベント 日本のスタートアップを取り巻く環境の変化と今後

創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

イベントの創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

「Professional Studio」がスタートアップ幹部採用面接の代行サービス「Pro-Check」をリリース
2020年9月30日、XTech株式会社は、グループ会社のProfessional Studio株式会社が、2020年9月30日に「Pro-Check」をリリースしたことを発表しました。 「Pro-C…
東京大学・松尾研究室発のAIコンサルティングファーム「StatHack」が資金調達
株式会社StatHackは、資金調達を実施したことを発表しました。 StatHackは、東京大学松尾研究室が開発したAIスタートアップ起業家育成プログラム「起業クエスト」の卒業1期生が創業したAIコン…
動画を活用したスタートアップと大手企業の商談創出プラットフォーム「MOVIN」がリニューアル・リリース
2020年11月17日、MOVIN株式会社は、「MOVIN」を2020年11月17日(火)にリニューアル・リリースしたことを発表しました。 「MOVIN」は、動画(事業紹介動画・社長インタビュー動画)…
名刺管理サービスの「Sansan」が数十億円調達!
平成29年11月8日、Sansan株式会社は、数十億円の資金調達を実施したと発表しました。 ゴールドマン・サックスからは20億円。ジャパン・コインベストからの調達額は非開示となっています。 法人向け名…
【3/28・29開催】オンラインセミナー「経営を強くする 中堅・中小企業のDX戦略」
産業経済新聞社主催、中小企業基盤整備機構後援のオンラインセミナー「経営を強くする 中堅・中小企業のDX戦略」が開催されます。 社会の急速なデジタル化に伴い、企業の生産性向上や業務効率化、働き方改革など…

大久保の視点

5/30史上初の野音起業フェス優勝は!宇宙ビジネスのBULL宇藤 恭士さん
2024年5月30日、創業手帳主催で野音起業フェスを実行しました。 ショートプレゼン大会「ライトニングトーク東京」を開催いたしました。 このイベントは、オン…
(2024/5/30)
ニコニコ超会議・学生ピッチ甲子園ビジネス部門優勝&1000万円獲得はウェルヘルス土井久生馬さん
2024年4月27日(土)~2024年4月28日(日)に幕張メッセでニコニコ超会議実行委員会で『ニコニコ超会議2024』が開催された。 『ニコニコ超会議20…
(2024/4/28)
「千代田区CULTURExTECH ビジコン2024」が丸の内TOKYO創業ステーションで2024年3月19日に開催
2024年3月19日(火)にStartup Hub Tokyo 丸の内(TOKYO創業ステーション 丸の内 1F・千代田区)で千代田CULTURExTECH…
(2024/3/19)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】