注目のスタートアップ

酪農向けDXソリューションや遺伝・育種改良関連商品を提供する「ファームノートホールディングス」がグループ全体で8.4億円調達

company

2024年4月19日、株式会社ファームノートホールディングスは、グループ全体で総額8億4,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

ファームノートホールディングスは完全子会社の株式会社ファームノートを通じ、農・畜産(乳用牛・肉用牛生産者)向けのDXソリューションや、遺伝・育種改良関連商品を提供しています。

具体的には、牛群管理ができるアプリ「Farmnote Cloud」、牛個体の行動データから牛の状態の見える化や異常検知を実現センサー「Farmnote Color」、セカンドオピニオンサービス「Farmnote Compass」、牛遺伝子検査サービス「Farmnote Gene」、牛の遺伝資源を提供する「ジェネティクスサービス」を展開しています。

今回の資金は、以下の事業の強化・推進に充当します。
・遺伝・育種改良事業の強化・推進
・酪農・畜産DX製品群の拡大・強化
・顧客基盤拡大に向けたカスタマー・サクセスの充実化とクロスセルの推進


乳製品は、牛乳、バター、ヨーグルト、チーズなど、私たちの食卓に欠かせない食品です。これらは豊富なタンパク質やカルシウムを含んでおり、健康にも良いとされています。

乳製品の基礎となる生乳の生産を担う酪農は重要な存在です。

日本では、とくに北海道の酪農家が生産量の大部分を占めていますが、他地域の酪農は規模が小さく、収益性の向上が課題です。その結果、酪農家の数は年々減少しています。一方で、飼育頭数は増加傾向にあり、酪農の大規模化が進展しているという状況にあります。

現在の酪農業界が直面している課題には、飼料価格の上昇、環境負荷、糞尿の処理などがあります。飼料の多くは海外から輸入されており、その価格変動が収益に影響を与えます。また、牛の排ガスによる温室効果ガスの排出や、糞尿の処理が環境への負荷となっています。

ファームノートホールディングスは、こうした酪農が抱えるさまざまな課題を解決するため、酪農のデジタル化・DX(デジタルトランスフォーメーション)に取り組み、効率的で生産性の高い牧場経営をサポートしています。

業務効率化はすべての領域において重要です。創業期はなにもない状態からはじまるため、最新のシステムを導入するのにうってつけです。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」では、創業期の社内システムの整備について詳しく解説しています。

また、社内システムの整備のためには資金調達も必要となるでしょう。「資金調達手帳」では、資金調達に関するノウハウを詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ BtoB DX Farmnote ソリューション ファームノート ファームノートホールディングス 子会社 家畜 改良 株式会社 畜産 異常検知 管理 育種 行動データ 資金調達 遺伝子検査 酪農
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

月経・妊活アプリ「Flora App」などを手がける「Flora」が1.5億円調達
2023年12月13日、Flora株式会社は、約1億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 Floraは、月経管理・妊活サポートアプリ「frola app」や、女性の健康課題の解決から…
クラウド型オンライン・マンション・ギャラリー「ROOV」提供の「スタイルポート」が資金調達
2020年4月28日、株式会社スタイルポートは、資金調達を実施したことを発表しました。 クラウド型オンライン・マンション・ギャラリー「ROOV」を提供しています。 アプリのダウンロードや、アカウントの…
血管を可視化できる光超音波3Dイメージング装置を開発・販売する「Luxonus」が2.3億円調達
2023年7月31日、株式会社Luxonusは、総額2億3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 Luxonusは、無被曝かつ造影剤を用いることなく血管を可視化する独自の光超音波3Dイメ…
飲食店向け予約システム「個人店のミカタ for Booking System」がリリース 7月まで無料に
2020年5月27日、株式会社フードコネクションは、「個人店のミカタ for Booking System」を、2020年05月18日から提供開始したことを発表しました。 「個人店のミカタ for B…
バックオフィス向けクラウドサービス「ジンジャー」提供の「jinjer」が資金調達
2022年6月23日、jinjer株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 また、2022年3月23日には、総額約51億円の資金調達を発表しています。 jinjerは、バックオフィス向けクラ…

大久保の視点

ニコニコ超会議・学生ピッチ甲子園ビジネス部門優勝&1000万円獲得はウェルヘルス土井久生馬さん
2024年4月27日(土)~2024年4月28日(日)に幕張メッセでニコニコ超会議実行委員会で『ニコニコ超会議2024』が開催された。 『ニコニコ超会議20…
(2024/4/28)
「千代田区CULTURExTECH ビジコン2024」が丸の内TOKYO創業ステーションで2024年3月19日に開催
2024年3月19日(火)にStartup Hub Tokyo 丸の内(TOKYO創業ステーション 丸の内 1F・千代田区)で千代田CULTURExTECH…
(2024/3/19)
明治大学ビジコンで優勝&100万円獲得は宇宙ビジネスの蓮見大聖さん明治大学4年「AMATERAS SPACE」
2024年3月13日(木)に明治大学・御茶ノ水キャンパスで第2回明治ビジネスチャレンジ(明治ビジチャレ)が明治大学経営学部主催で行われました。 明治大学の各…
(2024/3/13)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】