注目のスタートアップ

デジタルコミックエージェンシーの「ナンバーナイン」が「面白法人カヤック」から1億円調達

company

2024年3月1日、株式会社ナンバーナインは、株式会社カヤックから、約1億円の資金調達を実施したことを発表しました。

ナンバーナインは、電子コミックのデジタル配信サービス「ナンバーナイン」や、漫画家・イラストレーター向け確定申告代行サービス「ナンバーナインタックス」、漫画制作事業、Webtoon制作スタジオ「Studio No.9」を展開しています。

「ナンバーナイン」は、商業・同人・Webなど活動領域を問わずオリジナルの作品を生み出す漫画家と契約し、その漫画家が抱える作品を電子書籍化し、135以上の電子書籍ストア・アプリにそれぞれの販売手法に合わせた形で一括配信するサービスです。

また、作品の配信だけでなく、SNSでの作品紹介や作品展開、広告配信なども行っています。

今回の資金調達により、事業拡大に向けた採用強化や、オリジナルWebtoon・オリジナル漫画制作への投資を行います。


公益社団法人全国出版協会・出版科学研究所の発表によると、2023年のコミック市場の市場規模は、約6,900億円(前年比2.5%増)となりました。

また、媒体別では、紙が約2,100億円(前年比8.0%減)、電子書籍が約4,800億円(前年約7.8%増)となり、電子書籍の成長がうかがえます。

近年、漫画の領域では多様なデジタル漫画アプリ・サービスが登場しています。

とくに「待てば無料で読める」スタイルの漫画アプリは数多く展開されており、すぐに読みたい人からの課金収入や広告収入を得ています。

また、こうしたデジタル漫画アプリは、大手出版社が運営し、自社の作品のみを掲載しているものから、さまざまな出版社やインディーズの漫画家の作品を掲載しているものがあります。

インディーズの漫画家としては、こうした漫画アプリの多様化は、より多くの読者に作品を届けることができるものです。そしてこれら漫画アプリは、ファンを獲得したりキャリアを積んだりするための重要なプラットフォームとなっています。

一方、現在は多様な漫画アプリが運営されているため、より多くのファンの獲得のため、複数サービスでの作品展開を考える漫画家は、事務面で大きな負担を抱えています。

ナンバーナインはこうした漫画家をサポートするため、契約した漫画家の作品を電子書籍化し、複数の漫画アプリなどに一括で配信する「ナンバーナイン」を展開しています。

そして近年は、急速に成長するWebtoon(縦スクロール・フルカラーのデジタルコミック)領域においてオリジナル作品を手がけるなど、オリジナル漫画の制作にも注力しています。

企業・事業の成長には戦略的な資金調達やシナジーのある企業などとの提携が重要です。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ BtoB Web webtoon アプリ イラストレーター ウェブトゥーン カヤック クリエイター コミック ストア デジタル デジタルコミック マンガ 制作 制作スタジオ 株式会社 漫画 漫画家 確定申告 資金調達 配信 電子書籍 面白法人カヤック
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

IoTプラットフォームを展開する「obniz」が3.5億円調達
2022年8月23日、株式会社obnizは、総額3億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 obnizは、IoTプラットフォーム「obniz(オブナイズ)」を開発・提供しています。 電…
業務可視化SaaSを提供する「業務改革クラウド(旧:PLAY)」が資金調達
2023年1月16日、業務改革クラウド株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 また、社名を、PLAY株式会社から業務改革クラウド株式会社へ、提供サービスの名称を「Arkプロセスマイニング」…
キャンピングカー事業を展開する「LACホールディングス」と「ダイレクトカーズ」が株式交換による資本業務提携を実施
2022年8月20日、株式会社LACホールディングスは、株式会社ダイレクトカーズと、株式交換による資本業務提携を行うことを発表しました。 LACホールディングスは、株式会社デルタリンク(岡山県倉敷市)…
ショートドラマクリエイター集団「ごっこ倶楽部」を運営する「GOKKO」が2億円調達
2022年11月9日、株式会社GOKKOは、総額約2億円の資金調達を実施したことを発表しました。 GOKKOは、ショートドラマクリエイター集団「ごっこ倶楽部」を運営しています。 “日常で忘れがちな小さ…
工場自動化プロジェクト管理SaaS「ROGEAR」運営の「ファースト・オートメーション」が1億円調達
2021年10月29日、株式会社ファースト・オートメーションは、総額約1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 工場自動化プロジェクト管理SaaS「ROGEAR」の開発・運営や、工場自動化提案コ…

大久保の視点

「千代田区CULTURExTECH ビジコン2024」が丸の内TOKYO創業ステーションで2024年3月19日に開催
2024年3月19日(火)にStartup Hub Tokyo 丸の内(TOKYO創業ステーション 丸の内 1F・千代田区)で千代田CULTURExTECH…
(2024/3/19)
明治大学ビジコンで優勝&100万円獲得は宇宙ビジネスの蓮見大聖さん明治大学4年「AMATERAS SPACE」
2024年3月13日(木)に明治大学・御茶ノ水キャンパスで第2回明治ビジネスチャレンジ(明治ビジチャレ)が明治大学経営学部主催で行われました。 明治大学の各…
(2024/3/13)
Coral Capitalが虎ノ門ヒルズで「Startup Aquarium 2024」を開催。VCが大規模キャリアイベント
ベンチャーキャピタルのCoral Capitalが主催する「Startup Aquarium 2024」が2024年3月2日(土)に虎ノ門ヒルズで開催されま…
(2024/3/2)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】