注目のスタートアップ

図面管理システム「ズメーン」を提供する「Fact Base」が9億円調達

company

2024年2月5日、株式会社Fact Baseは、総額9億円の資金調達を実施したことを発表しました。

Fact baseは、図面管理システム「ズメーン」を開発・運営しています。

見積書・工程指南書・検査成績書などの関連書を図面に紐付けて保存・一括管理するクラウドサービスです。

図面管理の効率化、情報・ノウハウ共有、QCD改善、属人化の解消などを実現します。

今回の資金は、IPOに向けた経営基盤の強化、国内拠点の増設・グローバル進出、セールスを中心とした新規採用、プロダクト開発・強化に充当します。


製造業において、中小規模の製造業は重要な役割を果たしています。たとえば、大手製造業のサプライチェーンにおいてなくてはならない存在となっている町工場というのも珍しくはありません。

こうした中小規模の製造業が抱えている課題としては、時間が足りず、経営課題が手つかずのまま残されていることが挙げられます。

一方で、時間を捻出するために有効であるデジタル化やDXによる抜本的な業務効率化は、デジタルツールを使いこなすまでに時間がかかり既存の業務時間が減少してしまう、あるいは導入に失敗してしまう、といったリスクが高く、余裕のない事業者での導入は困難という問題があります。つまり、現場への導入が容易であり、現状のプロセスを大きく変えないまま効率化を実現できる仕組みが求められているのです。

こうした中、Fact Baseは、図面管理をベースにさまざまな情報の一括管理・共有を実現する図面管理システム「ズメーン」により、図面管理の効率化を実現すると同時に、情報の蓄積・共有を実現し、業務改善にも取り組むことができる環境構築を支援しています。

デジタル化は、これまで非効率的だった業務を効率化してくれる可能性があります。企業の利益を最大化するために重要な取り組みであるため、もし非効率的な業務があるのならば、最適なソリューションを探すことが必要です。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」では、創業期の社内システムの整備ノウハウを詳しく解説しています。また、ICTの専門家にインタビューを行い、創業期のシステム整備のメリットや注意点なども伺っていますので、こちらも参考にしてください。

また、システム投資においては資金調達の実施も必要となるでしょう。「資金調達手帳」では、資金調達ノウハウについても詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ BtoB クラウドサービス ズメーン ノウハウ ものづくり 一括管理 中小企業 共有 図面 小規模事業者 小規模企業 情報 株式会社 業務効率化 町工場 管理システム 製造業 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

キャッシュレス決済連動型の栄養管理アプリ「SIRU+」運営の「シルタス」が5億円調達
2021年2月18日、シルタス株式会社は、総額約5億円の資金調達を実施したことを発表しました。 キャッシュレス決済連動型の栄養管理アプリ「SIRU+(シルタス)」を運営しています。 キャッシュレス決済…
睡眠測定サービス「SLEEP COMPASS」などを手がける「ACCELStars」と「RKB毎日放送」が資本業務提携
2024年6月19日、RKB毎日放送株式会社は、株式会社ACCELStarsと資本業務提携を締結したことを発表しました。 ACCELStarsは、法人向けの睡眠測定サービス「SLEEP COMPASS…
IoT製品開発などを手掛ける「IoTBank」が阪急阪神ホールディングスグループの「ミマモルメ」と資本業務提携
2023年1月30日、株式会社IoTBankは、株式会社ミマモルメと資本業務提携契約を締結したことを発表しました。 IoTBankは、IoT製品開発事業や、センサーデバイスにより人・モノの位置・稼働状…
検索型FAQ「Helpfeel」開発・提供の「Nota」が5億円調達
2021年3月2日、Nota株式会社は、総額5億円の資金調達を実施したことを発表しました。 検索型FAQ SaaS「Helpfeel(ヘルプフィール)」を開発・提供しています。 「Helpfeel」は…
キャリア選択支援サービス運営の「ポジウィル」が資金調達
2019年11月12日、ポジウィル株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 求職者が課金するオンライン有料転職相談サービス「そうだんドットミー」と、2カ月で徹底的に自分を変える「ゲキサポ!転…

大久保の視点

世界最大級のビジネスコンテスト・スタートアップワールドカップ東京大会優勝はDigital Entertainment Asset山田耕三さん
世界最大級のビジネスコンテスト「スタートアップワールドカップ」の東京予選である「TOKYO REGIONAL 2024」が、2024年7月19日(金)に開催…
(2024/7/19)
IVSの進化・IVS京都2024現地レポート&島川敏明代表インタビュー
今年のIVSは何が違うのか スタートアップの代表的なイベントである「IVS(アイブイエス)」が、7月4日から6日まで京都市で開催されました。IVSの中で実施…
(2024/7/6)
「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」優勝は物流自動化のRENATUS ROBOTICS安藤 奨馬さん:賞金1000万円獲得!
日本最大級のピッチコンテスト「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」が2024年7月5日(金)に開催されました。 優勝(スタートアップ京都国際賞)…
(2024/7/5)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】