注目のスタートアップ

高付加価値農作物を6次産業化し生産・加工・販売・ブランディング・輸出まで一気通貫で手がける「日本未来農業」が7億円調達

company

2024年4月30日、株式会社日本未来農業は、総額約7億円の資金調達を実施したことを発表しました。

日本未来農業は、有機サツマイモなどの高付加価値農産物を6次産業化し、生産・加工・販売・ブランディング・輸出まで一気通貫で手がけています。

具体的には、茨城県にある約50haの自社農園でサツマイモの有機栽培を行い、そのサツマイモを原料に自社工場で干し芋を製造し、「照沼」ブランドとして展開しています。

また、サツマイモ事業と並行し、沖縄県において「美らイチゴ」ブランドとしてイチゴ観光農園を運営するほか、タイを拠点に海外販路を構築し、アジア圏において高品質な日本産農産物の販売に取り組んでいます。

今回の資金は、サツマイモ事業・イチゴ事業の規模拡大・生産性向上、国内・海外販売の強化に充当します。


国内の農業は、少子高齢化や後継者不足による人手不足、高齢化による生産性低下、中山間地区が多いことによる過酷な環境、近年の気候変動など、さまざまな課題を抱えています。

こうした中、農業ではこれらの課題を解決すると同時に強固な産業構造を確立し、収益を向上させるための取り組みへの注目が高まっています。

生産者自身が第2次産業(加工・製造)と第3次産業(販売などのサービス提供)を一体的に行うことで経営の多角化を図り付加価値を高める取り組みである6次産業化は、所得向上、経営安定化、地域活性化に資するものとして、さまざまな生産者が取り組むようになってきています。

しかし6次産業は、多額の投資、生産以外の専門知識、サプライチェーン構築などが必要となり、ハードルが高い取り組みでもあります。したがって小規模な生産者単独で行うのではなく、地域一帯となって取り組んだり、企業などの経営体で行ったりするという取り組みが重要となってきます。

創業手帳では、ブルーベリーファームおかざきとコラボし、農業の起業について解説した「ブルーベリー観光農園始め方ガイド」を無料配布中。このガイドブックでは、農園立ち上げのリアルな体験や、事業計画作成方法、経営手法などを解説しています。

ビジネスの成長には戦略的な資金調達が重要です。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ 6次産業 アジア いちご サツマイモ ブランディング ブランド 加工 工場 日本 有機栽培 株式会社 沖縄県 照沼 生産 茨城県 製造 観光 販売 資金調達 輸出 農作物 農園 農業 農産物
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

BeReal交換アプリ「BeMatch.」を運営する「ONE」が2億円調達
2024年7月3日、ONE株式会社は、総額2億円の資金調達を実施したことを発表しました。 ONEは、BeReal交換アプリ「BeMatch.」を運営しています。 BeRealは1日1枚の写真を友達とシ…
オンライン家庭教師サービス運営の「NoSchool」が資金調達
2020年4月20日、株式会社NoSchoolは、資金調達を実施したことを発表しました。 オンライン家庭教師の「NoSchool」を運営しています。 小・中・高校生のための、オンライン指導に特化した1…
ホームページ制作SaaS「ペライチ」の「47都道府県認定サポーター制度」が大幅リニューアル
2020年12月3日、株式会社ペライチは、「ペライチ」において、2020年12月1日(火)に「47都道府県認定サポーター制度」の大幅リニューアルを行ったことを発表しました。 ペライチは、ホームページ制…
レアメタルリサイクルベンチャーの「エマルションフローテクノロジーズ」が1億円調達
2022年10月18日、株式会社エマルションフローテクノロジーズは、株式会社日本政策金融公庫からの新型コロナウイルス感染症対策挑戦支援資本強化特別貸付(新型コロナ対策資本性劣後ローン)により、1億円の…
不動産テックの「アクセルラボ」が「大東建託」と資本業務提携
2020年10月19日、株式会社アクセルラボは、大東建託株式会社との資本業務提携を決定したことを発表しました。 不動産会社やハウス・メーカー等の住宅・不動産事業者と居住者・オーナーのためのスマート・ラ…

大久保の視点

世界最大級のビジネスコンテスト・スタートアップワールドカップ東京大会優勝はDigital Entertainment Asset山田耕三さん
世界最大級のビジネスコンテスト「スタートアップワールドカップ」の東京予選である「TOKYO REGIONAL 2024」が、2024年7月19日(金)に開催…
(2024/7/19)
IVSの進化・IVS京都2024現地レポート&島川敏明代表インタビュー
今年のIVSは何が違うのか スタートアップの代表的なイベントである「IVS(アイブイエス)」が、7月4日から6日まで京都市で開催されました。IVSの中で実施…
(2024/7/6)
「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」優勝は物流自動化のRENATUS ROBOTICS安藤 奨馬さん:賞金1000万円獲得!
日本最大級のピッチコンテスト「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」が2024年7月5日(金)に開催されました。 優勝(スタートアップ京都国際賞)…
(2024/7/5)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】