【1/26・27開催】「たま未来・産業フェア」 ものづくり、DX・GX、くらし、地域資源の4つの分野が出展する多摩地域の展示会

event

「たま未来・産業フェア」のご案内です。

「ものづくり」「GX・DX」「くらし」「地域資源」の4つの分野で約140社の製品・サービスが一堂に会する多摩地域で最大級の展示会です。

多摩地域の多様な企業と地域の大学等研究機関などとの交流を通じた新たな連携とイノベーションの創出を目的としています。

中小企業による製品・サービスの展示のほか、新商品開発に向けたセミナーや異業種交流ワークショップを開催します。また、ビジネスのヒントになる講演会も予定しています。

イベントステージでは多摩にゆかりのある企業のトークセッションを実施します。ものづくり技術の体験コーナー、木の小物づくりワークショップなど子どもから大人まで楽しめる企画も実施します。

概要

会期:2024年1月26日(金)・1月27日(土)
日時:
1月26日 10:00〜17:00
1月27日 10:00〜16:00
出展:約140社(予定)
入場料:無料
会場:東京たま未来メッセ(東京都八王子市明神町3丁目19−2)
主催:多摩イノベーションエコシステム実行委員会(東京都、東京都商工会議所連合会、東京都商工会連合会、(一社)首都圏産業活性化協会、(公財)東京都中小企業振興公社、(地独)東京都立産業技術研究センター)


展示会は、企業が自社製品・サービスを広く他者に紹介できる貴重な機会です。

多摩地域は技術力の高い中小企業や、多数の大学・研究機関が集まるエリアです。「たま未来・産業フェア」は、こうした主体の交流を通じた新たな連携・イノベーションを創出することを目的とした展示会です。

出展分野は、「ものづくり」「GX・DX」「くらし」「地域資源」の4つです。

かつて日本のものづくりは国際的に高い競争力を有していましたが、新興国の台頭、製品のコモディティ化などによって衰退していきました。しかし現在の日本においても、ものづくりはGDP全体の約2割を担う重要な産業です。さらに近年は情報技術が著しく進化しており、ものづくりの領域においても、情報技術を取り入れ、より高度で効率的な作業が実現されており、今後のものづくり産業への期待が高まっています。

ほかにも、「くらし」「地域資源」といった分野は、地域社会にとって重要な課題です。たとえば地域資源をどう活用するのか、どう掘り起こすのかという問題は、文化の継承と同時に、観光業などを通じて地域を盛り上げ、経済成長を目指すために重要です。

くらしの分野では、近年申告となる大規模災害に対してどう対応するかが重要な争点であるほか、地域経済の衰退に伴い深刻な問題となっている、公共交通機関の撤退などの交通・移動に関する社会課題などに対応することが求められています。

展示会では大量の名刺をもらうことになります。名刺は貴重な情報であり、これをどう活用するかが展示会の成功に関わってくるため、名刺管理サービスなどを利用して名刺の価値を最大化させることが重要です。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」では、名刺管理サービスの選び方について詳しく解説しています。

また、事業拡大のためには資金調達も重要です。「資金調達手帳」では、資金調達に関するノウハウを詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ イベント
関連タグ DX GX イノベーション イベント たま未来・産業フェア ビジネス ものづくり 中小企業 交流 体験 地域資源 大学 展示 展示会 研究機関 講演会 連携
詳細はこちら

たま未来・産業フェア(たまフェア)

創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

イベントの創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

【東京都】令和5年「中小企業の賃金事情」調査結果発表
東京都は、令和5年「中小企業の賃金事情」調査結果について発表しました。 中小企業における賃金制度や休暇制度を整備・充実することを目的に、毎年、都内中小企業(従業員数10~299人)の賃金などの実態調査…
【東京】「一時支援金等受給者向け販路開拓サポート助成事業」助成金
公益財団法人東京都中小企業振興公社は「一時支援金等受給者向け販路開拓サポート助成事業」について発表しました。 一時支援金等(※)を受給した都内中小企業の、販売促進の取り組みに助成金を交付します。 助成…
大企業向けデジタル・トランスフォーメーション・プラットフォーム提供の「テックタッチ」が5億円調達
2020年7月10日、テックタッチ株式会社は、総額5億円の資金調達を実施したことを発表しました。 大企業のデジタル・トランスフォーメーションを支援するSaaS「テックタッチ」を開発・提供しています。 …
企業間でのデータ連携の課題を解決するプライバシーテックサービス「AutoPrivacy」などを展開する「Acompany」が6.4億円調達
2022年12月21日、株式会社Acompanyは、総額約6億4,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 Acompanyは、企業間でのデータ連携の課題を解決するプライバシーテックサービス…
GXマネジメントツール「Enecon」提供の「PID」が2億円調達
2022年5月31日、株式会社PIDは、総額2億円の資金調達を実施したことを発表しました。 PIDは、GXマネジメントツール「Enecon」を開発・提供しています。 カーボンニュートラル実現に向けたグ…

大久保の視点

優勝はブラジルから参加のBVC中山充さん!2/26 起業家プレゼン&交流大会「ライトニングトーク東京」
2024年2月26日、創業手帳主催のショートプレゼン大会「ライトニングトーク東京」を開催いたしました。 このイベントは、オンリーワンのサービスやストーリーを…
(2024/2/26)
2/5 JSSA日本スタートアップ支援協会ピッチ大会:最優秀賞はがんリスク検査のセルクラウド中島 謙一郎さん
一般社団法人日本スタートアップ支援協会が主催する「The JSSA TOKYO Pitch Award & Meetup Vol.33」が2024…
(2024/2/5)
第4回 FRAX TOKYOが1/18~1/20に開催:創業手帳の大久保幸世も登壇・フランチャイズビジネスの総合展が活況
「第4回 FRAX TOKYO」が2024年1月18日(木)から20日(土)にかけて開催されました。 このビジネスイベントは、日本最大の見本市主催会社・RX…
(2024/1/20)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】